• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

松尾仁  - ,,,  10:00 PM

「おらが街」をつくる小さなコミュニティ。場から生まれる、北九州市のまちづくり。

「おらが街」をつくる小さなコミュニティ。場から生まれる、北九州市のまちづくり。

151031_kitakyusyu_causa_11.jpg


ライフハッカー[日本版]でも度々取り上げてきた福岡市のまちづくり。官民一体となって起業を積極的に支援し、移住者が増え続ける福岡市から車で約1時間ほどにある北九州市では、小さいけれど活発なコミュニティがそれぞれに自分たちの街を活性化させるための活動を続けています。北九州市の中心地、小倉でインキュベーション・カフェを運営する一方、遊休不動産のリノベーションで街を活性化させようと活動する北九州家守舎の共同代表でもある遠矢弘毅さんにお話を伺いました。


遠矢弘毅(とおや・ひろき)
1967年、鹿児島県生まれ。北九州大学卒業後リクルートに入社し、求人広告の企画営業に携わる。税理士事務所やIT関連企業の営業職、レストランマネージャーなどを経て、2006年、財団法人北九州産業学術推進機構のインキュベーションマネージャーに就任。2010年、インキュベーション・カフェ「cafe causa」を小倉にオープン。2012年、北九州市内の遊休不動産を活用したエリアマネジメントを行う北九州家守舎を設立。


転職で広げたネットワークを生かし、発信するための場所づくりを行う。


151031_kitakyusyu_causa_02.jpg

小倉を拠点に活動する遠矢弘毅さん


「起業」「まちづくり」をキーワードとした事業を遠矢弘毅さんが行うようになった背景には、インキュベーションマネージャーという職業を経験したことにありました。大学を卒業後、九州リクルート企画(現リクルート)の企画営業職や会計事務所、電力系の営業職などを経て、遠矢さんがインキュベーションマネージャーになったのは2006年のこと。起業サポートの成果が出て相手の笑顔に繋がることが嬉しくて、ようやく自分らしい仕事を見つけることができたと思ったそうです。


遠矢弘毅さん(以下、遠矢):インキュベーションマネージャーという仕事を、簡単に説明すると、ベンチャー企業経営者のお悩み相談係です。法務や税務、マーケティングなど、企業経営の基礎知識を教えながら、ビジネスの課題を一緒になって解決する。経営コンサルタントとの大きな違いは、自分ごととして事業にコミットし、起業家の精神的な支援も行っていくことでしょうか。


「転職を重ねてきたため、幅広いネットワークができた」と話す遠矢さん。遠矢さんが教えることのできない分野の知識を電話一本で聞くことのできる人々とつながっていることは、インキュベーションマネージャーの仕事においても強みになりました。次第に、遠矢さん自身が何かを発信していくというよりは、発信するためのセッティングをすることが自分の役割だと思うようになったのだそうです。


コミュニティの中で刺激し合うことで人は成長する。


151031_kitakyusyu_causa_03.jpg

小倉駅北口から徒歩2分ほどの場所にある「cafe causa」


遠矢さんが経営するカフェの名前でもある「causa」は、ラテン語で「きっかけ」という意味。1階は飲食店、2階はセミナーなどを開催できるフリースペースになっています。


遠矢:今でこそインキュベーション支援のスペースは増えていますが、オープン当時には、起業家が情報交換できるような場所が小倉にはなかったんです。アートや音楽に寄ったスペースはあったけれど、僕がやりたかったのはビジネスのための心の糧となるカテゴリー。何かを始めたくてもやり方がわからないとか、やり始めたけれど困っている人たちが集える場所を、という気持ちでそんな場を飲食店との2層式でつくりました。2階のフリースペースでは何かを始めたい人が集まって勉強会や講演会をし、1階のカフェに降りてきて食事をする。飲食店のみを利用するお客さんのなかでも面白い人がいたら2階を使用してもいいという、2層が連携をとれる仕組みにしたんです。


2010年2月のオープン以降、「cafe causa」にはIT系やアート系、音楽系などさまざまな業種の人が集まり、いろいろなイベントが開催されてきました。たとえば「朝の会」。これはオープンから間もない2010年4月に始まった情報交換の時間。週に1度、朝の7時半から1時間だけ集まって、参加者が発信したいことを話す会です。


遠矢:業種はさまざまでしたが、IT系の人なら事業を立ち上げたり、美容師なら多店舗展開を実現したり、建材屋なら新規事業に進出できたというように、僕が何かをしたわけではないのに参加者たちが勝手に成長していくんです(笑)。コミュニティがあるから、互いに刺激し合って成長していくんでしょうね。今ではなぜかこの場所が若手の登竜門のような位置付けになっていて、何かを始めたい人が食事や酒を楽しみながら相談に来てくれるようになりました。コミュニティのネットワークの幅広さが、この場所の最大の強みでしょうね。


遊休不動産の活用で、街を活性化させる。


151031_kitakyusyu_causa_04.jpg

「cafe causa」の2階では連日、さまざまなイベントが開催されている。


「cafe causa」に人が集まり、つながっていく中で、遠矢さんは「小倉家守構想」という遊休不動産をリノベーションによって活性化させる計画があることを知ります。北九州市で全国初のリノベーションスクールが開催され、興味が湧いた遠矢さん自身も受講生として参加することになりました。


遠矢:リノベーションスクールは、不動産オーナーが抱える課題に対して4日間でプランを練り、実際にオーナーにプレゼンするという内容でした。そこまではいいのですが、そこまでしかできないのであれば絵に描いた餅ですよね。それで、そのプランを実際に進めるための会社をつくろうと設立したのが、北九州家守舎です。


設立メンバーは遠矢さんと建築設計事務所を主宰する一級建築士の嶋田洋平さん、北九州市立大学地域創生学群准教授の片岡寛之さん、九州工業大学の准教授であり一級建築士でもある徳田光弘さん。監査役に地元商店街振興組合の理事長を迎え、北九州家守舎は生まれました。


遠矢:最初に取り組んだのはスモールオフィスとコワーキングスペースを備えたシェアオフィス「MIKAGE 1881」です。我々は、シェアオフィスは中に入る人が最強のコンテンツだと考えているので、全7部屋のうち、僕のネットワークの中から面白いことをやっていて利用してくれそうな2組に計画段階で声をかけて入居を決めてもらい、数回の説明会で更に入居者を決めてから施工に取りかかりました。

また、同時期に古民家を再生したレンタルスペースもつくりました。ここは開業から1年ほどは北九州家守舎が管理運営を行っていたんですが、1年ほど経ってからオーナーからカフェがやりたいという話をもらって、今では我々の手を離れ、人気の古民家カフェに育っています。


151031_kitakyusyu_causa_05.jpg

「MIKAGE 1881」は、部屋に空きが出るとすぐに埋まる人気シェアオフィス。


リノベーションによるエリアの活性化を目指す北九州家守舎は、地元商店街との連携を取りながら事業を進めています。北九州家守舎が運営するイタリアンレストラン「cucina di TORIYON」がある場所は、元々は火事で消失し更地になった40坪の土地。ビルを建てても採算が合わないのでオーナーが困っていたところ、底地を商店街が借り、商店街が設置したコンテナ店舗を北九州家守舎が借りて店舗営業するという仕組みがつくられました。


遠矢:元々あったアーケードを取り払う計画を商店街が立てていたんですが、補助金で足りな部分は借り入れをしなくてはいけない。その借り入れの返済原資をどうつくるのかが商店街の課題になっていたんです。そこで北九州家守舎がコンテナ店舗を賃借して、最低家賃15万円と売上歩合10%という契約を商店街と交わしました。月の売上が200万なら20万円、売上が100万でも15万円は払うというものですね。もしも売上が300万円になって30万円払うことができれば商店街も潤うという仕組みのなかで飲食店を運営しています。


151031_kitakyusyu_causa_06.jpg

火事で消失した土地を活用した「cucina di TORIYON」


小さなコミュニティが強ければ、街も強固になる。


北九州家守舎では、事業で得られた収益の1/3を街に投資、還元するルールを設けています。だからこそ、「民間企業であっても"まちづくり会社"、この街のために何かをしていると多少は言えるのかな」と遠矢さんは話します。


遠矢:まちづくりにおいて大切なのは官民の連携だとよく言われます。確かにそうなんですけど、連携の仕方が大切だと僕は思っています。民間がやるビジネスをスムーズに進めるために、官には調整役として入ってもらう。官に対して何を求めるのかを間違うとうまく進まなくなると思うんです。同時にまちづくりには、地域や人々としっかりコミットしたグループがあることがとても重要だと思います。街のリソースをしっかりリサーチして、日本はもちろん、外貨獲得のためのエンジンになるものは何だろうと考えて突っ込んでいける人がいないと、まちづくりは根付かないですよね。


151031_kitakyusyu_causa_07.jpg

北九州を代表する生鮮市場「旦過市場」。トタン屋根の店舗が川の上に建てられている。


最後に、北九州市の魅力を遠矢さんに聞いてみたら「良くも悪くも自立心が強いこと」と話してくれました。


遠矢:「俺が、俺が」というのが強いので、小さなコミュニティがたくさんある街です。それぞれのコミュニティは連携をとることが少ないのですが、だからこそそれぞれが独自にやらなくてはならない。元々は鉄鋼業などものづくりで栄えていた街ですから職人気質は強く残っています。個人商店でも自由な発想でビジネスをしていて尖っているところが多いですね。

残念なのはアピールが苦手ということですね。まちづくりの肝は、その土地でしかできないことを生かして、時代に合ったものに洗練させていくことだと思うんです。お洒落なパッケージやネーミングの商品を出したりするだけでは、東京、そして世界との勝負になるわけですからハードルが高い。その土地の出身者に「おらが街でもこんな面白いことをやっていて、でもよく見たら昔からあることの組み合わせやん。うまいこと産業にしてるな」と思わせたら勝ちですよね。小規模で事業を始めても、人口100万人ほどの政令指定都市だからこそ、その事業が受け入れられたときには、より成功するチャンスが大きいと思います。




遠矢さんが「cafe causa」や北九州家守舎で行っているのは、場をつくり、人と人をつなげること。小さなコミュニティをつくり、それぞれが強くあれば街は強固になると信じて、ほかの街の真似ではなく「おらがスタイル」でまっすぐに進む姿勢に、新しいまちづくりのヒントが見えたように感じました。


(取材/松尾仁 文/宗円明子)
Photo by PIXTA.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.