• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  06:00 PM

今日からでもできる、説得力のある話し方になる9つのポイント

今日からでもできる、説得力のある話し方になる9つのポイント

151027_9speaking_habits.jpg


Inc.:ビジネスの世界には4種類の話し手がいます。

  1. 支離滅裂タイプ:話があちこちに飛び、業界用語や専門用語を多用し、主に自分が興味のあることを話す。
  2. 理路整然タイプ:事実や意見を言葉で伝えることができるが、印象的なことはほとんど言わない。
  3. はきはきタイプ:簡潔かつはっきりと話すが、言葉に説得力がほとんどない。
  4. 説得力タイプ:言葉やボディランゲージを使って聞き手の心をわしづかみにする。

説得力タイプの人は、実際の知性に関わらず賢そうに見えます。逆もまた真なりで、賢いのに支離滅裂な話し方をする人は、限られたことしか知らないように見られます。(エンジニアにそういう人を何人か知っています)

うれしいことに、説得力というのは、学び、練習し、習得することのできるスキルです。今回は、簡単にできる、説得力のある話し方をお教えしましょう。


1. 背筋を伸ばしつつリラックスする


ボディランゲージは、言葉以上に説得力をもつ場合があります。たとえば、背筋を伸ばすのはボディランゲージの基本であり、説得力の土台になります。

猫背でうつむきがちだと、自分自身や自分の言葉に自信がないように伝わります。逆に、背筋をあまりにも伸ばしすぎると、緊張しているように見えます。精神的にも肉体的にも、背筋を伸ばしつつリラックスした状態であれば、言葉も簡単によどみなく出てきます。


2. 顔を上げる


頭の位置はあらゆる心情を反映しており、背筋と同じくらい重要です。たとえば、顔をしっかりと上げると堂々としているように見えます。一方、うつむきがちだと疲れ果てているように見えます。

顔を上げるのは説得力を上げるためにも必要なことですが、生理学的にも大事なことです。首が緊張していると(うつむいていると首が緊張するのは避けられません)、言葉にも詰まりがちで、ハキハキと話せません。


3. 聞き手に意識を向ける


説得力は、相手があなたの話を聞いている場合には意味があります。あなたがほかのことを考えていたり、話しながら目が泳いでいたりしたら、相手は話を聞きません。注目されていないのに熱く語っても、それはただ演説をしているだけです。

良くない例を少し紹介すると、まず、横をチラリと見るのはやめましょう。不誠実だと思われます。それから、ノートをチェックする必要がある場合は、顔を下げずに目だけで下を見るようにしましょう。


4. しっかりと聞こえるように大きな声で


説得力を最大限にするには、1番遠くにいる人にも聞こえるような、かつ最前列の人にうるさくて耳障りだと思われないような、大きな声で話すことです。

自分の声の大きさがどのくらいかわからない場合は、1番後ろの人に自分の声がはっきりと聞こえるか確認しましょう。その人が「聞こえます」と言った場合は、「これはどうですか?」と少し声を小さくして調節します。「聞こえません」と言われた場合は、もう少し声を大きくします。

ただし、声を大きくしても、叫ぶような話し方はやめましょう。叫ぶと、説得力があるというより頭がおかしな人だと思われます。叫ばないと声が届かないような状況の場合は、マイクを使って話すか、聴衆にもう少し近寄ってもらうよう頼みましょう。


5. 強調したい言葉はジェスチャーと共に


大事なポイントを強調するには手を使いましょう。有名人やTEDのスピーカーが、話しながらどのように手を使うかを見ていれば簡単に学べます。

積極的にジェスチャーを使っていないときは、手は動かさないようにします。眼鏡をいじったり、紙や資料をカサカサと音を立てたり、体をかいたり触ったりしていると、聞き手の気が散って話の内容が頭に入らなくなり、説得力もなくなります。


6. 体の位置を戦略的に使う


体を適切に動かすことで、言葉に説得力をもたせられます。たとえば、ステージ上から団体に向けて話している場合、新しいアイデアを紹介するときは、合図として、いままで立っていた場所から別の場所へと移動します。

また、会議などでテーブルに座っている場合は、強調したいポイントで体を少し前のめりにします。現在の話題や考え方から別の話に移るときは、座る位置や体の向きを変えましょう。


7. 誰もがわかるイキイキとした言葉で


決まり文句(特にビジネスや業界用語)は説得力がありません。予想外だけれど、一般的な言葉や言い回しを使うと、大事なポイントを説明するときに記憶に残りやすいです。たとえば「月並みな」ではなく「夏の蚊のようにありふれた」などと言います。

また、聞き手が理解できないかもしれない言葉は避けましょう。小難しい言葉や業界用語を使うと、鼻持ちならないと思われるだけで賢くは見えません。難しい言葉を使わなければならないときは、必ず簡単な言葉で説明を付け加えます。


8. 話すスピードを変える


同じスピードで話していると、どんな話をしていても、一本調子な感じでダラダラとしてしまいます。伝えたい大事なことを話すときには緩急をつけましょう。

簡単に概要や背景を説明するような場合は、新しい情報について話すときよりも速く話します。大事な考え方やコンセプトを説明するときは、聞き手がきちんと理解できるようにゆっくりと話しましょう。


9. 強調するときはタメをつくる


「沈黙は金」と言いますが、それは説得力を増す最高の演出でもあります。たとえば、大事なことを言おうとする前に、少しだけ間をおくと、聞き手はどうなるのかと気になり、あなたの言葉を聞き漏らすまいとします。

同じように、大事なことを言ったあとに少し間をおくと、重要性が強調され、聞き手に話を印象づける時間を与えられます。マーチン・ルーサー・キング Jr.の「私には夢がある(I have a dream)」のスピーチは、説得力のある間の取り方について、完璧なお手本です。


9 Speaking Habits That Make You Sound Smarter|Inc.

Geoffrey James(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.