• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 AM

野菜と魚を同時に育てられる「アクアポニックス」

野菜と魚を同時に育てられる「アクアポニックス」

151026mylohas_mediagene.jpg


マイロハスより転載:植物の栽培や魚の飼育、どちらも育てる楽しみはもちろん、インテリアとしても癒される存在。このふたつを室内で同時に、しかも簡単に育てられたらステキですね。

そんな願いを叶えるべく開発されたのが「アクアポニックス」。新しい農業のかたちとして、いま、海外でも注目されている循環型農業システムです。


自宅で自然を感じる


都会で暮らしていると、ありのままの自然=生きものたちの生態系に触れる機会が少なくなります。この「アクアポニックス」は、自然界ではあたりまえに機能している循環性に着目し、開発されたそうです。


151026mylohas_mediagene2.jpg


水槽内の魚が汚した水を微生物が分解し、それを栄養として植物が吸収する。そして浄化された水が再び魚のタンクに戻るという「生態系の成り立ち」を、この小さな世界で繰り返します。

普段はなかなか目にすることのない生態系を、自宅にいながら感じられる、大変画期的なシステムではないでしょうか。


水やりも肥料もいらないので忙しいにもぴったり


151026mylohas_mediagene3.jpg


この「アクアポニックス」は、水やりも肥料も一切不要ということで、忙しい方でも簡単に栽培することができるようです。栽培する野菜は農薬不使用の完全オーガニック。農薬を使用すると、水槽の魚が死んでしまうため、必然的に魚もオーガニックとなります。

また、水を循環させて育てるため、土づくりが不要なこと、さらに土に産卵したり住処とする害虫がつきにくい点も女性には嬉しいポイントです。

日本での発売予定はことしの12月だそう。発売に先駆けて、現在は各地で説明会が開催されているそうです。

育てる野菜もハーブなどを組み合わせて自由に楽しめそうですし、魚も金魚やメダカなど、水槽で飼育できるものであれば大丈夫。

毎日の成長が楽しみなこの「アクアポニックス」、新しい家族ができたような、そんな癒しの存在となりそうです。


アクアポニックス

商品名称:アクアスプラウト(AquaSprouts)
サイズ:幅約71 × 奥行20 × 高さ43cm ※ライト装着時は高さ約89cm
重量:約13kg ※培地・水含めず
消費電力:10W ※ライトは含めず
セット内容:本体、ハイドロボール(培地)、水中ポンプ、ライトスタンド、水槽(オプション)
価格:オープン価格



(asami)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.