• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,,,,,,,  08:00 PM

目標は口に出さないのが成功の秘訣

目標は口に出さないのが成功の秘訣

lifehacker_151025_01 1.jpg


Pick the Brain:巷では、自分の目標を公言したほうが成功をつかみやすいと言われています。確かに、口にすると責任感が発生します。あなたは、成功に向けた道のりを歩み始めたように感じるでしょう。もう、誰もあなたを止められません。

しかし、この説が間違いであることが判明しました。ある研究で、目標を他人に言うと、達成確率が下がることが示されたのです。


目標を口にしないことで、緊迫感とモチベーションが維持できる


目標を口に出すことで、大きな一歩を踏み出したかのように感じられます。しかし、この感覚(心理学では社会的現実と呼びます)は、あくまでも感覚に過ぎません。実際には、まだ何も達成できていない状態です。

目標を口に出すと、あなたの意図と現状のギャップが広がり、あなたの行動から目標が抜け落ちてしまうわけです。

一方で、目標を秘密にすることで、緊迫感を持って前に進み続けることができます。あなたはきっと、やるべきことの多さを実感して、自制心が倍増します。計画を立て、ToDoリストに落とし込み、行動に移すのです。

あなたの意図など、誰も気に留めていないので、意図と行動のギャップはそれほど大きくならず、ちょうどいい状態を保つことができるのです。

Derek Sivers氏は、TED Talkで、目標を秘密にすることのメリットを語りました。その際、1926年以降に行われた4つの心理学研究を引用しています。

  • 1926年:社会心理学の父と呼ばれるKurt Lewin氏が、目標の公言は実践の代替になることを発見しました。口に出すことで、やらなければならないという緊張感が解放されてしまうそうです。
  • 1933年:Wera Mahler氏は、自ら発言した解決策を認識することで、脳内に社会的現実がつくられることを発見しました。
  • 1982年:ニューヨーク大学で心理学を研究するPeter Gollwitzer教授が、著書『Symbolic Self-Completion』を発表し、社会的現実のコンセプトについて考察しました。
  • 2009年:Gollwitzer教授が、理論をさらに裏付ける4つの実験結果(163人対象)を発表しました。

Sivers氏は、Gollwitzer教授が2009年に実施した4つの実験について、こう説明しています。

全員が、個人的な目標を書き出します。そのうち半分が自分の目標を室内で発言し、残りの半分は発言しません。その後、目標達成に直接つながる作業に取り組むため45分の時間を全員に与えますが、好きなときにやめてもいいと伝えておきます。すると、目標を口にしなかったグループは、平均45分間(つまり最後まで)作業を続け、まだ目標達成には程遠いと口をそろえました。一方で、目標を口に出したグループは平均33分で作業を中断したにもかかわらず、目標達成にだいぶ近づいたような気がすると言いました。

目標を口に出したグループは、早くあきらめたうえに、進捗の判断を誤っていたのです。一方で、口に出さなかったグループは、モチベーションを維持することができました。

このような結果は驚きですが、心理学的に納得できるものです。

今後、エキサイティングなアイデア、プロジェクト、ビジネスについて公言したいと思ったら、このことを思い出してください。


秘密にしておけば批判者は現れない


Robert Anthony博士は、著書『The Ultimate Secrets of Total Self-Confidence』において、他人に目標を言うことは承認を求めるための不健全な方法であると述べています。やりたいことを口に出すと、それを利用してネガティブな人があなたに話しかけてくるでしょう。

彼は、これを「Secrecy Principle(秘密の原則)」と呼びました。

目標を公言することで、それを達成するための貴重なエネルギーを浪費してしまいます。さらに、あなたをコントロールしたいと思う人からの反論が出るでしょう。

あなたの目標を引き合いに出して、話しかけてくる人が増えます。彼らは、自分よりもうまくやっている人や多くを持っている人を嫌います。そして、平凡な状態から抜きんでようとする人を徹底的にけなそうとするのです。

まだ着手もしていない段階で、批判者にあなたのアイデアをぼろくそに言われる筋合いはありません。


夢を見ることも危険


別の研究によると、ポジティブな未来を空想するだけでも、問題を予測したり不測の事態に対応したりする能力が失われる可能性があるそうです。

成功を空想することと成功を期待することを混同しないでください。ポジティブな成果を期待することは、悪いことではありません。

夢を描くこと、つまり空想することは、必ずしも現実や経験に根差したものではありません。一方で期待とは、それまでに築いてきた行動やスキルに基づいて自信を持てている状態です。

細かいことかもしれませんが、一考の価値ありです。ポジティブな可視化をする場合、非現実的な空想になってしまわないよう、気をつけてください。


ルールの例外


秘密を守るためのルールに例外があるとするなら、それは他人と目標を共有しているときです。たとえば、5kmランに向けたトレーニング・パートナーを必要としているなら、その人には目標を話す必要があります。その場合でも、その他の人々には秘密にしておきましょう。

こちらの研究では、目標の共有が効果的になるポイントがリストアップされています。

  • 共有する相手の性格を考慮する。
  • 成功の基準や従うべきスケジュールなど、具体的な内容を共有することで、相手があなたの責任を追及しやすいようにする。
  • 具体的な行動計画と、計画外の障害が発生したときの緊急時対応計画(Xが発生したら、Yをします)を提供する。
  • 「職探しに成功する人たちがそうしているから、面接の練習をする」という言い方ではなく、「自分にとって夢の仕事を得るために、面接の練習をする」という言い方を心掛ける。

筆者自身、目標を秘密にしています。目標を内に秘めることで、自分にしか説明責任がないと知りながら、前に進む原動力を感じることができています。言い訳をすることはできません。

例外として、あなたをサポートしてくれる人の中でも最もポジティブなメンバーだけであれば、目標を口にしてもかまわないでしょう。

Michael Hyatt氏は、目標を秘密にすることは、個人には適しているものの、グループには適さないと述べています。具体的目標に向けたビジョンを構築して組織に刺激を与えるのがリーダーの役割とするなら、秘密は生産性を悪化させるだけでしょう。とはいえ、目標をチーム内にとどめておき、部外者には秘密にするという方法はうまく行くかもしれません。


最後に


いかがでしたか? 次の大きな目標で、この方法を試してみてください。ただ秘密にするだけでいいのです。「最悪どんなことが起こるだろう?」ではなく、「どんなにいいことが起こるかな?」と考えてみてください。成功に向けて加速するための、ひとつの方法になるかもしれません。


Why Keeping Your Goals Secret Is the Best Way To Be Successful | Pick the Brain

Philip Pape(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.