• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  10:00 PM

関係を続けるか、それとも別れるか?浮気をされたときの対処法を徹底ガイド

関係を続けるか、それとも別れるか?浮気をされたときの対処法を徹底ガイド

151020when_cheated_on.jpg


一説によると、恋愛関係の半分で浮気が行われていると言います。浮気をされるのは本当につらい体験です。どうすれば元通りになるのかわからなくなってしまうもの...。今回は、そのまま関係を続けるか、それとも別れるかを含め、浮気をされたときの対処法をご紹介しましょう。


最初に事実関係を明らかにする


浮気されているかもしれないと思ったら、何があったのか正確な情報を確認しましょう。浮気をしているという情報を耳にしたり、疑っているという段階では、まだ答えを出してはいけません。まず、恋人やパートナーと話をする必要があります。とてもつらいことになるかもしれませんが、何があったのかを知るには他に方法はありません。

  1. 実際のところ、何があったのか?
    ネット上で誰かといちゃついていたのか、それとも実際に密会していたのか? その相手に本当に気があるのか、それとも肉体だけの関係なのか?
  2. どういう状況で浮気をしたのか?
    計画的にやったことなのか、それとも"つい出来心で"といった類いのことなのか? 既婚者向け出会い系SNS「アシュレイ・マディソン」にアカウントを持っているのと、パーティーで飲み過ぎてキスしてしまったのでは大違いです。
  3. いつ浮気をしたのか?
  4. 何度浮気をしたのか?
  5. 浮気相手との関係はどういう状態か?
    その相手とはもう終わっているのか、それともまだ続いているのか?
  6. 自分との恋愛関係を続けたいと思っているのか?
    相手が今後どうしたいかを聞けば、答えが出るかもしれません。
  7. 避妊はしたのか?
    そんなことを聞いても、自分の恋愛の今後には関係ないと思うかもしれませんが、性感染症の検査をする必要があるのかどうかを知るのは大事なことです。

浮気をしていたときの状況を洗いざらい話させるのはやめましょう。ベッドの上では、浮気相手のほうが自分よりも良かったんじゃないか、というような自虐的な考えに襲われるかもしれません。そんな情報を聞き出しても、実際には何の役にも立ちません。


傷を癒すために少し時間をとる


恋人やパートナーが浮気していることがわかったら、感情は激しく乱れます。頭や気持ちを整理し、今後どうするかを考えるための時間が必要です。浮気の話を最後まで聞いたら、「今後のことを考えるのに少し時間が欲しい」と伝えましょう。距離を少し置いて、こちらから連絡するまでは連絡しないで欲しいと言います。大体どれくらいの時間になるか(2〜4週間など)を伝えてもいいですし、自分の気持ちに整理がついたら連絡するとだけ言ってもいいでしょう。

今後の方向性を決める目安となるかもしれないので、距離を置いた直後の「自分の反応」がどんなものかに注目してください。すぐに関係を修復したいと思う人もいれば、別れて二度と顔も見たくないと思う人もいます。つらい体験のあと、相手への気持ちが冷めるのは自然なことです。最初の衝動は抑えるようにして、できるだけ冷静な頭で判断するチャンスを自分に与えましょう。

冷却期間は心の傷を癒すことに力を入れます。有給を取ったり、一番信頼できる友だちに洗いざらい話したりしてもいいです。食事と睡眠は十分取るようにしましょう。外に出かけて新鮮な空気を吸って体を動かしたり、日記に思いの丈をすべて書くのもいいです。瞑想、料理、カラオケ、ふて寝、どんなことでもいいので、自分の気持ちが少しでも晴れるようなことをしましょう。自分を癒やすというのは難しいもので、最初は大変に感じるかもしれません。できるだけ長い時間をかけましょう。

個人的な意見ですが、セラピストに見てもらうのがおすすめです。どんなに親身になってくれる友だちでも、浮気の内容をすべて聞かされたら、疲れてしまいます(洗いざらい話しても嫌がられない相手に話すのは良いことですが)。セラピストなら、ただ話を聞くだけでなく、気持ちの整理を助けてくれます。


これからどうするかを決める


これからどうするかを決断するのは簡単なことではありません。しかし、時間をかけて自分を癒やすことで、少しは明らかになってくるはずです。決断をするにあたって、いくつか考慮した方がいいポイントがあります。

  1. 深刻な裏切りだったのか?
    前にも書きましたが、一度かぎりの出来心と1ヶ月以上続いている浮気では大きく違います。どういう気持ちでやったことなのかが大事です。
  2. 過去にも浮気をしたことがあるか?
    恋人やパートナーが以前も浮気をしたことがある人なら、関係を終わらせたほうがいいかもしれません。また、あなたと付き合う以前にも、浮気をしたことがあるかどうかも考慮したほうがいいでしょう。
  3. あなたと付き合っていた期間はどれくらいか?
    付き合っている期間が比較的短い相手であれば、別れてもそこまで痛手はないかもしれません。一方、10年以上付き合っている(結婚している)相手の場合は、これまでの2人のすべてを投げ捨てる価値があるのか、じっくりと自問自答しましょう。
  4. 修復する価値のある関係か?
    浮気は恋愛が終わっているサインのことがあります。ケンカが絶えなかったり、自分の気持ちを誤魔化すことが多かった場合は、そろそろ潮時ということかもしれません。先のない相手との関係を続けていたのなら、これ以上こじらせる前に、終わりにする機会かもしれません。
  5. 浮気したことの重大さをわかっているか?
    相手が心底申し訳ないと思っていない場合は、考えるだけ無駄です。どのように浮気が発覚したかも問題です。自分から白状したのか、それともこちらから問い詰めたのですか?
  6. 相手は関係を修復したいと思っているか?
    関係を修復するために、カップル・カウンセリングを受けようなど、相手は何か具体的な提案をしていますか?
  7. 最終的に許すことができるか?
    浮気されたあとも関係を続けていくには、自ら進んで相手を許さなければなりません。自分の言い分を通すために、過去を引き合いに出して相手の上に立とうとしたり、ケンカのたびに別れを切り札のように使っていては、関係を続ける意味がありません。

別れるかどうか決断するのは本当に大変なことです。しかし、やり切れない気持ちを抱えたままでいるよりも、確固とした決断をするほうが大事なこともあります。


別れると決めた場合


浮気を水に流すことができないのは当然のことです。一番良いのは、自分の威厳を保ちつつ、別れを告げることです。相手を傷つけようとしたり、復讐しようとしたり、浮気相手に連絡しようとするのはやめましょう。そんなことをしても、気分が晴れるのは一瞬だけで、傷ついた心の痛みは長引くだけです。潔く別れて、自分の人生を立て直すことに意識を向けましょう。


関係を続けると決めた場合


浮気をされたというのは恐ろしくつらい体験です。ときどき思い出してしまうことがあるかもしれませんが、心の傷を癒すためにできることをいくつか紹介します。


1. カップル・カウンセリングを受ける

個人的には、集中的にセラピーを受けるのはつらい体験を癒やし、2人の関係を修復し、さらに強い絆で結ばれるようにするために必要だと思います。なお、2人一緒に受けたほうがいいとはかぎりません。


2. 日常的に思い出すことがあると覚悟する

浮気をされたという精神的な苦痛は、生活のそこかしこに潜み、思いもよらないときに顔を出し続けます。知らないカップルが手をつないでいるのを見る、というような一見関係ないようなことでも、予期せぬ感情に襲われることがあるかもしれません。朝ご飯を食べていても、髪を切っていても、車の中でも、いつどこで泣き出すかわからない、という心構えをしておきましょう。特に、決断を下したあと、数週間〜数カ月は。

セラピストは「解決するにはすべての感情を出し切るしかない」とよく言います。痛みを伴いますが、自分のすべての感情をありのままに受け入れるようにしてみましょう。日記を書いたり、紙に自由に書きなぐったりするのは、感情を吐き出すのに有効です(きちんと書こうとしないほうがいいですよ)。自分の気持ちを抑えようとしても、傷が癒えるまで時間がかかるだけです。


2. とらわれ過ぎないようにする

トラウマ的な経験のあとは、起こったことを理解しようとして、脳が何度も思い出そうとします。脳はこのような痛みを二度と受けないようにしようとしているのですが...。残念ながら、愛している人が自分のことを裏切った理由は、自分では説明できないでしょうから、頭の中で何度思い出しても救われることはありません。

理由を理解しようと分析を繰り返すのは避けられないかもしれませんが、つらい体験にとらわれ過ぎていると思ったら、深呼吸をして、できるだけ考えないようにしましょう。「こんな考えを暴走させるのは自分を痛めつけているにすぎない」と思えれば、執着しても自分が傷つくだけだと気付くことになるでしょう。

頭の中で何度も思い出すのは、恋人やパートナーに浮気の詳細を聞きたいと思っているからかもしれません。しかし、先に書きましたが、浮気の内容を詳しく聞くのはやめてください。そんなことをしても、本当に何の役にも立ちません。


3. 性生活は前と同じようにはいかないと思っておく

しばらくの間、性生活は難しくなります。浮気をされたほうは、浮気相手と比べられているのではないかと考えてしまい、ぎこちなくなってしまうかもしれません。当面の間は、日常生活での簡単なスキンシップから始めるよう意識するといいです。


4. 相手のプライバシーを侵害しない

こんなにつらいことが起きたのは自分が管理しなかったからだと思うと、相手を管理したくなるのは当然です。二度と浮気をして欲しくない気持ちはわかりますが、恋人やパートナーのメール、携帯、クレジットカード、その他個人的な情報にまでアクセスするのは行き過ぎです。相手に許可をもらったとしても、かぎ回るようなことはやめましょう。

許可ももらわずに、勝手にこそこそかぎ回る人もいますが、それはあまりもまずいやり方です。許可があろうがなかろうが、相手のプライバシーを侵害しても、二度と浮気をしない保証はありません。信頼を回復するどころか、2人の間にわだかまりを残すことになります。

常に監視されているような恋愛は誰もしたくありません。相手を虐待することにもなり兼ねません。また、被害妄想が増すばかりで傷が癒えることもありません。電話やメールを見るたびに、不安を感じることになるでしょう。


5. 浮気をきっかけに2人の関係を見直す

浮気は、2人の関係に根深い問題があることを示している場合があります。浮気が発覚して、最初の危機的状況は乗り越えられたとしても、2人の関係についてもっと話をしたほうがいいかもしれません(この段階こそ優秀なセラピストに頼るべきです)。たとえば、セックスや愛情表現が減っていたり、相手への関心が薄れていたから浮気をしたということもあるのです。

また、2人にとって最高の関係とはどういうものかを話す、いい機会になるかもしれません。ほとんどの人は、短い結婚生活を繰り返すようなことはしませんが、全員がそうだとは言い切れません。一対一の親密な関係がうまく築けない相手であれば、関係を修復しようとしても意味がありません。


6. 許し、忘れる

最初、浮気は許せないと思うかもしれませんが、最終的には相手を許さなければなりません。相手があなたとの関係と信頼を回復するために努力をしても、残りの人生ずっと償い続けることはできません。あなたも、ケンカのたびに浮気されたことを切り札として使うことはできません。相手を許し、前に進もうとすることができなければ、これ以上関係を続けられないというサインかもしれません。

着実に関係が回復することはないかもしれませんが、信頼を築くには時間がかかるものです。我慢強く努力を続けていれば、危機に陥った2人の関係を回復させることはできます。


Vanessa Marin(原文/訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.