• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  12:00 PM

深煎りコーヒーの苦味を抑えるコツは抽出温度を低めに

深煎りコーヒーの苦味を抑えるコツは抽出温度を低めに

151019coffee.png


深煎りコーヒーの香りは格別ですが、時に苦味やエグみが出てしまうことがあります。深煎りコーヒーを口当たりよく、おいしく淹れるためには、温度に気をつけましょう。


コーヒー・ファンによるコーヒー・ファンのためのウェブサイト「I Need Coffee」のMichael Allen Smith氏は、深煎りコーヒーに対する自身の苦手意識を克服した方法を紹介しています。それは、できるかぎり新しいコーヒー豆を使うこと(自宅で煎るにしても、量販店で袋買いするにしても)、そして、コーヒーを少量ずつ淹れること,
なのだそうです。

ただし、プアオーバー方式やフレンチプレス方式など、どんな淹れ方であれ自分で抽出温度を調節できる選択肢があるなら、もう1つコツがあります。推奨温度(90~96℃)の範囲内で最も温度を低くすることです。

同じ深煎り豆を使って、90℃と96℃の抽出温度を使って実験してみました。96℃では、私の苦手な要素をすべて持つ味になってしまいました。苦く、エグみも出てしまったのです。90℃で淹れたコーヒーは口当たりが良く、まったく苦味を感じませんでした。もう少し詳しくご説明しましょう。

96℃で抽出すると、少し物足りない味のコーヒーになるかもしれません。その場合はコーヒー豆の量を増やせば解決できます。お湯と豆を17対1の割合で淹れたとしたら、16対1や、15対1でも試してみましょう。他にも、抽出時間を30~60秒ほど延ばしてみるという手もあります。これは、フレンチプレス方式やクレバーコーヒードリッパー、エアロプレスのように自分で抽出時間を変えられる場合に有効です。


Hacking Dark Roast - Tips on Brewing a Better Bold Coffee | I Need Coffee

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.