• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  09:00 PM

あなたの成長を促してくれる7タイプの人たち

あなたの成長を促してくれる7タイプの人たち

151016people_to_grow.jpg


Inc.:個人的な成長は、成功するために重要です。この記事では、個人的な成長や成熟を促してくれる7タイプの人たちを紹介します。

どのように定義しようとも、個人的な成長というのは目標にする価値のあることです。新しいスキルを学べば、プロとしての価値が上がり仕事のチャンスが広がります。人の体験を聞けば、まちがいを回避し、より賢明な選択をするのに役立ちます。さらに、自分の行動に対してフィードバックをもらうことができれば、より高い目標を設定し、仕事を効率化するのに役立つのです。

独力で自分を成長させるのは簡単ではありません。モチベーションを奮い起こすことが出来ること自体が偉業とも言えます。しかし、それ以上に自分が知らないことも知る必要があります。自分を鼓舞してくれる人たちを自分の側に置くことが、個人的な成長を促す最良の方法なのです。


1. 厳しい上司


私たちの多くは、やりやすい上司がいいと思っています。つまり、ミスを許してくれ、目標が達成できなくても大丈夫だとやさしく安心させてくれる上司や、正しいことをやったときに大仰に褒めてくれる上司が良いと思っているものです。しかし、正反対のタイプの上司、つまり、すべてを批判し、完璧を求め、本当に素晴らしい業績に対してもあまり褒めてくれないような上司こそ、より個人的な成長を促してくれる上司なのです。厳しい上司は、皆さんの仕事ぶりに重要なフィードバックを与えてくれ、力のかぎりを尽くします(厳しさに加えて、心を傷つけたり、悪意があるような場合を除いてですが)。


2. 議論好きな同僚


チームを組んでのプロジェクトを行っている場合、リーダーを選び、その指示に沿ってプロジェクトを進めればいいだけのように一見思えます。このような方法を取れば、邪魔する人はおらず、グループの作業を遅らせる人はいません。しかし、議論好きな同僚が「別の案のほうがいい」とはっきり言い出したら、自分では気付けなかった欠点を見つめ返すきっかけになります。会社の全体会議または廊下での立ち話などでさえ、彼らは皆さんの先入観に異議を唱えたりするでしょう。それによって、仕事への考えを改めることにつながるかもしれないのです。


3. 率直な意見を言ってくれる友人


友人にもいろいろな人がいますが、自分のことを褒めてくれて耳に優しい言葉を言ってくれる友人を側に置きたいものです。個人的な成長のきっかけを与えてくれるのは、正直で、直接的に意見を言ってくれる友人です。率直な友人は、馬鹿なことをやっていたり、または、仕事をやめたほうが皆さんのためだと思ったり、長い間追い続けていた夢をあきらめようとしていることに気付いたとき、注意してくれます。「そんなことは聞きたくない」と思うかもしれませんが、率直な友人はそれでも意見を言い、反省や成長の機会を与えてくれるのです。


4. 競争のライバル


資本主義は、競争システムの上に作られています。このシステムの長所や短所はさておき、理論的には、起業家がより大きく、より良いものを生み出すために作られたシステムです。競合の起業家や攻撃的な同僚など、競争相手(ライバル)がどのような人であっても、ベストを尽くさねばならないでしょう。大抵の場合、自分を磨くことが必要になります。たとえば、新しいレッスンを受けたり、残業したり、または新しいスキルをマスターしたりして、来るべき昇進のためにライバルを負かそうとするかもしれません。長い目で見れば、競争相手が自己鍛錬の機会を与えてくれているのです。


5. 鼓舞してくれるメンター


メンターはいろいろなところにいます。家族の友人または起業家仲間のこともあるでしょう。専門的な交流会で出会った人の場合もあります。大事なのは、そのような人を模範的な人として尊敬しているという点であり、自分も達成したいと思っているような成功を達成している人であるという点です。このリストで紹介するほかの誰よりも、メンターは成長を促してくれます。なぜなら、それがメンターの仕事だからです。メンターは、どんな方法かは別にして、指導を受けている人に指示と洞察を与えてくれるのです。


6. 洞察力のある部下


皆さんが組織のリーダーであれ、小さなチームの代表であれ、洞察力に富み自立的な思考をする部下は、個人的な成長の新しいきっかけとなります。世界中のアイデアを自分1人ですべて考えつくことなど不可能ですが、自分の部下が役に立つ考えをもっているかもしれません。部下の持っている考えや洞察、アイデアによって自分がこれまで考えもしなかった可能性に光が当たり、結果としてチームがオープンに考え、自分たちが出せる最善のアイデアを議論場に出すことができるようになるかもしれません。


7. 偶然出会った人


見知らぬ人とのちょっとした会話をあなどらないでください。交流会の大まかな目的は、専門家と、たまたま傍にいたさまざまな専門家をランダムに結びつけ、考えやアイデア、経験などを交換してもらおうというものです。しかし、交流会だけが人と出会う場所ではないのです。通りやバスといった場所でも、見知らぬ人との会話を試みてください。学ぶことのできる見方やアイデアがあることに驚くことになりますよ。

これらの人々は扱いが難しいのが常ですし、喜んで近くにいてくれるとはかぎりませんが、変なことを企んでいないかぎりは、自分を磨くために必要な試練としての役割を果たしてくれます。前に進もうとして簡単な道を選んでいては成長できません。障害を克服して初めて、内面の成長を実感できるのです。


7 Types of People Who Will Challenge You to Grow | Inc.

Jayson DeMers(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.