• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,  01:00 PM

クリエイティブな仕事をしている人が「自分に失望した」ときの対処法

クリエイティブな仕事をしている人が「自分に失望した」ときの対処法

151011_Disappointed_.jpg


99u:クリエイティブな仕事をしている人が、自分に失望してしまうときがあります。

媒体やプロダクトを問わず、作り出されたものはその人の内面を映すため、彼らは仕事と自分を同一視してしまいがちです。作ったものや、実際には作ることができなかったものに失望を感じたとき、そのフラストレーションは自分自身に対する不満へと変わってしまいます。

自分に失望しても、モチベーションと生産性をさらに低下させてしまうだけです。自分が作り出したものが無価値、または、腹が立つほど低レベルだと感じてしまうと、創造するためのひらめきもすべてなくなってしまいます。

ブログ「Zen Habits」の著者、 Leo Babauta氏は、そんな気持ちを乗り越えるための方法をいくつか提案しています。


今すでにある素晴らしさに目を向ける


できなかった自分ではなく、できた自分に向き合ってみましょう。ここでは「失敗した」かもしれませんが、成功したことは、ほかにたくさんあるはずです。努力して、たくさんのことを成し遂げてきました。完璧ではないけれど、きちんとした目的がありました。不完全だったとしても、あなたにとっての最善を尽くしたはずです。周囲に気を配り、愛し、より良い自分を目指して他人の幸せを願ってきました。あなたには認められ、愛される価値があるはずなのです。


好奇心を持って仕事をする


期待ではなく、好奇心を持って前進しましょう。仕事や人間関係、プライベートの中で、最終的に自分がどんな結果を出すかはわかりません。知ることができないのです。ですから、探し当ててみましょう。

今日はどんな日になるのでしょう? どんな日になっていくのでしょう?

好奇心を持ち、まっさらな気持ちで、何が起こっているのか理解するのは楽しいですよ!

それでも、私たちは過剰に期待を抱いてしまうでしょうし、思う通りにいかないと、フラストレーションや失望を感じてしまうでしょう。でも、私たちは、自分自身について、非常に好奇心旺盛で、欠点がない人物であってほしいと願っているものです。期待に対する失望に気づいたときには、もう一度気持ちをリセットする必要がありますが、それでいいのです。そうやって何度も繰り返し、そこに終わりはありません。

けれど、約束します。繰り返していくたびに、人は新たな好奇心で物事を見ることができるようになり、目の前の一瞬に感謝する気持ちが芽生え、失敗を重ねても頑張り続ける自分を、愛おしく優しい目で見てあげられるようになります。自身のすばらしさを実感するプロセスに、終わりなどありません。




気配りや自分への思いやり、好奇心をもつことで、クリエイティブな活動を前進させ、何かを作り続けられます。さらに、仕事と自分を同一視して自分の粗探しをしないよう、「自分への失望」という穴から完全に抜け出しましょう。たとえば、一人称をやめて自分自身を「あなた」と呼ぶと、自己批判をかなり抑制できるようです。

「私」「私自身」「私は」から抜け出すと、自分との間に距離ができ、凝り固まった考えから抜け出すことができます。それは、芸術作品を数歩下がって見ると、新たな見方ができるのと同じように、現在の考え方や不安、心配との間に精神的な距離をおくことで、思考を新しくできるということです。

もし、次のプロジェクトに可能性と余裕がほしいなら、「この作品について誰と話したら1番楽しいだろう?」と考えたり「明日は朝に1時間早めにオフィスに行って、元気なうちにこの仕事に取り掛かろう」と自分に提案してみたりしましょう。

クリエイティブな仕事を完遂するために、自由に使える優れた道具を多く求めるのであれば、「自分への失望を克服するためのテクニック」も、工具箱に入れておかなければなりません。


How to Deal When You're Disappointed In Yourself|99u

Allison Stadd(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.