• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  09:00 PM

「部下のやる気は気にしても自分の体調管理は気にしない」大和証券グループ本社会長の鈴木茂晴さんの働き方と睡眠術

「部下のやる気は気にしても自分の体調管理は気にしない」大和証券グループ本社会長の鈴木茂晴さんの働き方と睡眠術

151010fuminners1.jpg


2007年、「19時前退社の励行」制度を導入し、話題となった大和証券グループ。指揮をとったのは、グループ本社会長(当時社長)の鈴木茂晴さんでした。市場の動向に合わせてめまぐるしく動く証券業界において、全社員が毎日19時には退社するよう促すという、思い切った制度は異例のこと。

ところが、鈴木さん自身はバブル時代を「ほとんど寝ずに」過ごしたと述懐するなど、激しい働き方をしていたようです。今回は、そんな鈴木さんの働き方と睡眠術を、睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)」の記事より抜粋してご紹介します。


深夜2時過ぎまで飲んで、朝7時には出社していたバブル時代


151010fuminners2.jpg


鈴木さんは大和證券に入社後、計12年間、本店と3つの支店で個人営業を担当。その働きぶりは、当時の言葉を借りれば「モーレツ社員」だったようです。

朝の7時に出社し、家に帰るのは夜の12時過ぎというのが普通。当時は社員みんなが一点を見つめながら、一生懸命に坂を登ろうと頑張っていました。まさに司馬遼太郎の小説、『坂の上の雲』のような世界。今となってはブラック企業といわれるような働き方でしたが、うちだけが特別ということではなくて、あの時代、日本の多くの会社がそんな感じでしたね。

一生懸命だったのは仕事だけではありません。平日に同僚と飲み歩くことはもちろん、鎌倉支店に勤めていた頃の休日は、「支店の仲間たちと午前3時に早朝ゴルフに出かけ、その後はテニス。午後は逗子の浜に行ってヨット」というハードなスケジュールをこなしていました。

仕事も遊びもどちらも全力。では、"休息"はどのようにとっていたのでしょうか。

朝早くから夜遅くまで全力で働いていたら、身体がもちません。営業で外出している合間に喫茶店に入って休んだり、昼寝をしたり、結局、どこかでサボりながらバランスをとっていましたね。そういう意味では、非常に効率の悪い働き方だったと思います。

鈴木さんはこの頃、ほとんど寝ておらず、時間管理の意識もなく、効率の悪い働き方をしていることを反省していたそうです。しかし、このときの反省が、後に会社の改革につながることになります。


部下のやる気は気にしても、自分の体調管理は気にしない


151010fuminners3.jpg


1991年、44歳で部長に昇進した鈴木さん。部下の仕事のペースや体調には特に気を配っていました。

部下が仕事で夜遅くまで残るのは、ある程度は仕方ないと思っていました。この頃、私は早く帰るようになっていましたから、部下には「俺は朝一番に出社する。みんなは、朝、多少遅くなっても構わないぞ」と伝え、それまで次長や課長が担当していた早朝のミーティングは、私が代わるようにしました。

その反面、自身の体調管理には無頓着だったと言います。

若いつもりでいましたから、なんとなく「12時前に寝たら損だ」という感覚があって、十分に寝ていたとは言えません。仕事がキツイと感じたこともあまりなかったです。今にして思えば、どこかで無理をしていたのかもしれませんね。


寝つけなくても、横になったら寝ている時間にカウントする


151010fuminners4.jpg


鈴木さんが社長に就任したのは、2004年。時には重大な判断を迫られるのが、経営トップ。会社の将来を左右するような決断の局面にあって、寝つけないような日もあると言います。そんなときは、「寝られなくても"布団の中に入って横になっていれば、それはもう休んでいるんだ"と割り切る」という、大胆な切り替えをしていると明かしてくれました。

本当は2時間くらいしか寝ていなかったとしても、5時間布団の中に入っていれば、5時間寝たことにする。割り切ってしまえば、翌日にあまり響きません。うちの家内も、私がさっきまで大きないびきをかいて寝ていたのに、「ぜんぜん寝られなかった」と言うことがあると言ってます(笑)。本人は寝た気がしていなくても、実はけっこう眠れているものなのかもしれませんね。

寝つけなくても「休んだ」とすっぱり割り切る、これは、仕事と遊びのON・OFFの切り替えをしてきた鈴木さんならではの発想なのかもしれません。

その後、鈴木さんは社長だった2007年に「19時前退社の励行」を導入します。この取り組みは予想以上の成果をもたらし、会社の競争力強化につながったそうです。この点の詳細につきましては、下記のリンクよりご覧ください。


【大和証券グループ本社会長・鈴木茂晴さん】 画期的な改革を生んだ睡眠不足時代の経験 | Fuminners

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.