• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,,,,  08:00 PM

コーヒーを飲むのにベストな時間が午前11時である理由

コーヒーを飲むのにベストな時間が午前11時である理由

151008_coffee_11am.jpg


Inc.:私は、学生時代も、社会人になってからも、仕事で徹夜をしたり、ピンチを迎えたりしたときもコーヒーは飲みませんでした。しかし、ようやく苦味や濃厚な味がわかるようになって、コーヒーが大好きになりました。

朝1番にコーヒーを飲む習慣のある人が多いかと思いますが、私は、もっと遅い時間に飲んだほうが、より強力で効果的になると気付きました。その遅い時間とは、午前11時です。より集中できるようになり、1日がスムーズに運びます。これには科学的な裏付けもありますが、それ以外にも理由はあります。


早い時間は体がコーヒーを必要としていない


朝起きると、気付け薬で目を覚まさせるかのように、体がコルチゾールホルモンを放出しはじめます。これは大体朝8~9時の間に起こりますが、日中や夕方にも同じように放出されます。朝にコーヒーを飲むのは、すでに燃え上がっている炎に少し燃料を足すようなものです。勢いが強くなった分、すぐに燃え尽きます。

しかし、朝9時半~11時半の間にコーヒーを飲むと、ちょうど覚醒状態が切れる間を埋めるためのエネルギーとなります。私の場合は午前11時前後が最適です。 また、生活リズムに合わせて最適な時間に飲むのも大事なことです。たとえば、朝3時頃に起きたときは、普段の日中の時間にあたる、朝8時が完璧なコーヒータイムでした。


朝1番のコーヒーは決断力を鈍らせる


私のようなカフェインに敏感な人は、コーヒーを飲むと目の前が開けたような気分になることがあります。生産性がすこぶる良くなり、アイデアが簡単に湧いて出て、仕事はすべてうまく行く、そんな気分です。それは真実かもしれませんが、そうではないかもしれません。しかし、私はコーヒーのおかげでそんな高揚感を味わうのではなく、仕事に対する情熱や、苦労した戦略の結果としてそのような気分を味わいたいです。

コーヒーが興奮剤のように作用し、ひどいアイデアに盛り上がったり、自分の意見にイライラしたりして、落ち着かないこともあります(私だけかもしれませんが)。そんな風に、コーヒーによって最低な状態になるかもしれませんし、すでに上り調子にある体に対して問題が起こる可能性もあります。朝1番にコーヒーを飲んだせいで、間違った決断をするかもしれません。


昼前のちょうどいい休憩時間になる


午後3時のコーヒーは、重たい昼食を食べたあとなどは、やみつきになる危険があります。しかし、そろそろ昼休憩になるという時間帯は、朝の勢いがスローダウンしはじめる頃です。仕事のある平日は大体、朝6時の目覚ましで1日がはじまり、シャワーで体を目覚めさせ、電車や車に飛び乗り、通勤の人たちや交通渋滞から社会的な刺激を受けて、午前中にメールをチェックしたり、仕事をしたりすることで、生産性を使い果たします。つまり、日の出から昼休みまで全速力で走っているようなものなのです。お昼に少しゆっくりしたり、昼寝がしたくなったりするのも無理はありません。

午前11時のコーヒータイムは、そんな日常の中で自然な休憩時間になります。私は、休憩するだけではなく、コーヒーを淹れに行くことで体も動かします。時間にすれば5分ほどですが、コーヒー豆を挽き、お湯を注いで、ストッパーを押し下げるのが、私にとっては瞑想のようなものです。 今日すでにやったこと、これから午後にやることなどをぼんやりと考える小休止です。

あなたの最高のコーヒータイムはいつですか?


Why 11 A.M. Coffee Makes You More Productive|Inc.

Damon Brown(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.