• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

金本太郎  - ,,,,  05:00 AM

新型Surfaceはタブレット型&ノート型の2種類。Microsoft新製品4行まとめ

新型Surfaceはタブレット型&ノート型の2種類。Microsoft新製品4行まとめ

151007_win10_newdevice.jpg


おはようございます。

Microsoftは、アメリカの東部現地時間の10月6日10:00(日本時間:10月6日23:00)から行われたWindows10新製品発表会で、新型Surfaceをはじめとする新製品群を発表しました。以下にその概要をまとめておきます。

Surface Book:ノートPC型のもっともパワフルなSurface。キーボード部分が分離してタブレットになるタイプ。
Surface Pro 4:既存のSurface Proのパワーアップ版。CPUは最新に、画面はより大きくなりながら、より薄くなっています。
Lumia 950/950 XL:Windows10を搭載した新型スマートフォン。ドッグを使うことでPCの代役もこなせる。
Microsoft Band:Microsoft版スマートウォッチの新型。音声アシスタントCortanaに対応。

いずれも日本での展開は不明ですが、以下でもう少し詳細を。


Surface Book|合体式のヘビー級Surface



他のWindowsタブレットでもよく見られる、キーボード部分とタブレット部分に分離できるSurfaceです。13.5インチのディスプレイを搭載しており、Core i7、メモリは16GB、ストレージは1TBとハイエンド中のハイエンド。

キーボード部分は蛇腹状のヒンジが目立つくらいですが、内部にNVIDIAのGPUと追加のバッテリーを搭載。ノートPC形態に合体することで、さらに処理速度がアップします。ただし、ノートPC形態では1.5kgとパワーなりの重量になります。

アメリカでは10月26日に発売、本体部分の価格は900ドルより。


Surface Pro 4|Pro3からの正統進化


151007_win10_sp4.jpg


Surfaceシリーズの評価を固めたSurface Pro3の後継機。Core i7、メモリは16GB、ストレージは1TBと、Surface Bookと同等のスペックで、Pro3とくらべて30%のスペックアップを果たしながらも0.7mmほど薄くなっています。

スタイラスやキーボードカバーも全体的に改良されました。スタイラスはバッテリー寿命が改善され、より高感度になり、ペン頭に消しゴム機能を追加。ペン先の芯も硬さの異なるものに交換できます。キーボードカバーはキータッチがよりノートPCライクになり、タッチパッドはガラス製に、指紋リーダーも搭載されます。

アメリカでは10月26日に発売、本体部分の価格は899ドルより。


Lumia 950/950 XL|パソコンの代打に立てるスマートフォン。


151007_win10_lumina.jpg


Lumiaブランドの新型スマートフォンは、5.2インチと5.7インチの2サイズが登場。オプションのドッグを介してキーボードやディスプレイを接続することができ、PCのように使えます。

950は549ドル、950 XLは649ドル。


Microsoft Band|精度の高い活動量計


151007_win10_band.jpg


Microsoftのスマートウォッチ「Microsoft Band」は、フィットネス用のセンサーが充実。VO2 max(最大酸素摂取量)を計測でき、脈拍だけではなく身体への負荷を含めた詳細な生体データを取得できます。

また、音声アシスタントCortanaに対応。他のWindows10製品のインターフェイスとしても利用できます。

10月30日に250ドルで発売。


Microsoft Windows 10 devices event

(金本太郎)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.