• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  09:00 PM

「だったら、私の家に来ない?」10年間で40人の留学生と暮らしたホストマザーが見た異文化コミュニケーション

「だったら、私の家に来ない?」10年間で40人の留学生と暮らしたホストマザーが見た異文化コミュニケーション

151002mugendai.jpg


貸してくれる部屋が見つからないアジアからの留学生の友人に掛けたひと声。そこからすべては始まったそうです。

シンガー・ソングライターの玉城ちはるさん。映画やドラマに楽曲を提供しながらテレビやCMに出演し、ラジオのパーソナリティーやMCとしても活躍しています。また、大学では非常勤講師として「異文化コミュニケーション」を伝え、ボランティア団体の代表として平和イベントや地域での清掃活動なども行っています。

玉城さんには、アジア各国を中心とした留学生を受け入れてきた「ホストマザー」という顔もあります。2004年から約10年間、約40人の年代も国籍も違う留学生たちを受け入れてきました。毎朝早起きをして、常時7〜8人いる留学生の弁当を作って送り出し、掃除、洗濯、料理を続け、まさに「母親」として接してきたそうです。玉城さんも、学生たちを「うちの子」と呼んでいます。

そんな玉城さんに、真の国際理解とは何か、ホストマザーの活動を通して感じた新しい価値観や、今後の目標などについて伺った。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より抜粋してご紹介します。


共同生活の中で芽生えた「血よりも濃い絆」


── 10年間、延べ40人もの留学生のホストマザーになられたきっかけは、何だったのですか。

玉城:2004年、アルバイト先で知り合った中国からの女子留学生が、住むところがなくて困っていました。当時、彼女は6畳1間のワンルームを、4〜5人でシェアして住んでいました。「外国人だから」という理由で部屋がなかなか見つからず、そんな狭さなのに家賃は5万円も払っていたと言います。

せっかく日本に興味を持って、日本語を学んでくれているのに、「日本人は家も貸してくれない民族だ」と思って帰国してしまうのはあまりに悲しいと思ったのです。そこで、「だったら、私の家に来ない?」となったのが始まりです。そして、その子の知り合いの困っている子も...と芋づる式に増えていき、どんどん家も広いところに移らざるを得なくなって、最終的には3階建ての一戸建てに7〜8人で住んでいましたね。

── 保証人もない状態で、口コミだけで同居させていたのですか。

玉城:はい。最初は「困っている子がいるから、連れて帰っていい?」から始まり、誰かが卒業して帰国するときに、次の子を連れてくるようになりました。共同生活なので、ほかの子たちと、「だれだれちゃんの紹介の〇〇君、みんなはどう思う?」と聞き、面接をして、みんながOKを出せば、来てもらうことになっていました。そうやって、いろいろな国の子どもたちと「家族」として暮らすようになったのです。

保証人、身元引受人には私がなっていました。薬学部や医学部では、学費の保証人が必要になります。「よく考えてね。ママはあなたを愛していて、大切に思っているからハンコを押すんだからね」と念を押しましたが、さすがに印鑑を押すときには手が震えましたね

でも、不思議なもので、2〜3年一緒に暮らすと、いろいろなことを共に乗り越えてきた信頼、血よりも濃い絆のようなものが生まれてくるんです。子どもたち同士も話しているのでしょうね、「ママはあなたを裏切らないから、あなたも絶対にママを裏切ってはいけないよ」と。運が良かったのかもしれませんが、騙されるようなことはありませんでした。

── 20〜30代の若いホストマザーとしては、プライバシーや人間関係などで苦労されたのではありませんか。

玉城:私自身はプライバシーということをあまり気にしないんですよね。子どもたちは、6畳の部屋に2段ベッドを置いて、2人ずつ生活していましたが、私は寝るとき以外はリビングにいるようにしていました。

うちには留学生だけではなく、日本の「施設」を出た子も滞在していました。その子たちは、愛情を確かめたいのです。自分が愛されていることを理解するには、私が「そこにいる」ことが安心につながります。何かあれば彼らが私に声を掛けてくるので、私から彼らの部屋をノックはしません。私は「ここにいるよ、大丈夫だよ」ということを分かってもらうために、リビングにいました。

うちに来てから半年間、ずっと私を無視していて、部屋から出てこない男の子もいました。「そういう態度を続けるのなら、もう、この家を出ていきなさい!」とついにたまりかねて怒鳴ったらことがあります。すると、「ママ、僕を追い出すのは人道的にちょっと」とか言うんですよ(笑)。

結局、彼は7年間うちにいて、就職して出て行く時には、「あのときの僕は何も分かっていなかった」とボロボロ泣きながら感謝の言葉を言ってくれましたけれど。

子どもたち同士には兄弟のような人間関係が生まれました。滞在年数順で一番上の子が下の子の面倒を見たり、口うるさいために疎まれたり。本当の大家族のようでした。




玉城さんは、ここまで愛情を注ぐことができた背景に自身の境遇があるのではないかと述べています。そのうえで共に住むことできたからこそ「体温」が伝わり、価値観の違いもわかりあえたのではないか、とも。詳細は以下のリンクからご覧ください。


1つ屋根の下で暮らし、見えてきた真の異文化コミュニケーション――10年間で40人の留学生と暮らしたホストマザー | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.