• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,,,,  06:00 PM

キャリアチェンジで新しいアイデンティティを確立する5つの方法

キャリアチェンジで新しいアイデンティティを確立する5つの方法

151002_changing_careers.jpg


Pick The Brain:前のキャリアでアイデンティティを確立していたあなたは、新しいキャリアでも、自由や創造性、喜びを得たいと思うでしょう。もしかして、起業家になるために安定しているけれど退屈な本業をやめようとしているのか、まったく新しい分野に進出しようとしているのでしょうか?

しかし、それを成し遂げたあと、自信をもって新しいキャリアについて語れるのでしょうか?


新しい肩書で自己紹介することが難しい理由はたくさんあります。

まず、それが単純に新しいものだからです。職業経験は豊富にあっても、その肩書に関してはほぼ未経験ですよね。

2つ目に、周囲がかならずしも支持してくれるとは限らないからです。「新しいビジネスが失敗したら、以前の仕事に戻れるのですか?」というような質問をされると、本当に気が滅入ります。

3つ目に、新しい分野に進出しようとしても、現在つながりのある人たちになかなか理解してもらえない可能性があるからです。

以前のキャリアで認めてもらうまでに、相当頑張ったことを忘れないでください。だからこそ、もう一度ゼロから始めて、今まで手に入れた名声をすべて捨てなければならないのはつらいことだと理解できるのです。

私には15年に及ぶ国際人道支援のキャリアがありました。それは子供の頃からやりたいと思っていたことでした。しかし、始めて5年で、それは気高い職業ではあっても、自分にふさわしい職業ではないと気づきました。

自分にもっとも合っていると思える仕事に落ち着くのに10年かかりました。いろいろな不安を克服するために一生懸命働きましたが、1番難しかったのが、新しいアイデンティティをもつことでした。

私は、以前のアイデンティティを愛していました。

かつては、夜のニュースで報道されるような誰も行きたがらない国々を訪れて、紛争の砲火にさらされた罪なき人々を助けました。たとえ、その仕事自体に満足感がなくても「国際支援者」という謎の肩書は気に入っていたのです。

最終的に、好きな仕事を追求しようと決めたとき、新しい肩書であるライフコーチを名乗るのに苦労しました。資格はあっても、アイビーリーグの名門大学の学位もなく、頼るべき一流の組織もなく、人を感心させる要素もなかったからです。

ライフコーチよりもっと魅力的に聞こえる別の肩書をいくつか考えましたが、最後まで解決できなかったのが、新しいアイデンティティを確立することでした。

新しいアイデンティティを本気で受け入れられたとき、やっと自分がなるべきものになれました。それから、私の仕事はさらに有意義になり、自信もつき、さらに大きな成功をおさめられるようになりました。

もし、あなたが新しいキャリアに移ろうとしているのなら、次の5つのことを実践すると、新しいアイデンティティを確立するのに役立ちます。


1. 最大限の自信をもって自分の新しい職業について話す


自信をもって自己紹介と新しい職業の紹介をしてください。投資銀行家の仕事をやめて花屋になったとしても、誇りをもってそう言ってください。

仕事の内容について簡潔でわかりやすい説明を考えて、それを声に出して言えるように練習しましょう。


2. 仕事の内容に基づいて肩書を説明する


新しい肩書を考えるのに苦労しているなら、仕事の内容に焦点を当ててください。たとえば、栄養指導のコーチだと言いたくないなら、食事やエクササイズを通して病気を治す助けをしていると言いましょう。


3. 否定的な態度の人に対しては、ある程度大風呂敷を広げる


否定的な態度の人とは、他人が夢を追いかけていることに対してイラついているように見える人のことです。そういう人は「企業弁護士の仕事をやめてTシャツのデザイナーになった」と聞くと耳をそばだてます。そして、すぐに「うわ~、Tシャツのビジネスは今は大変なときだよ」などと反応します。

こういう人に、自分の順風満帆な人生を邪魔する機会を与えないようにしましょう。「私にはTシャツのデザインで成功するノウハウがあるし、この仕事が大好きなんです」と言い返してやりましょう。


4. 成長することで 新しい肩書になじんでいく


新しいアイデンティティになじむには時間がかかります。一晩では到底無理です。毎日ゆっくりと進みましょう。そうすれば、時がたつにつれて、だんだんと自然な感じになっていくはずです。


5. 必要なときは、以前のキャリアで最悪のときを思い返す


キャリアチェンジで苦労しているときは、記憶を紐解いてみてください。なぜ前の仕事をやめようと思ったのか、思い出してみましょう。窓のない部屋で固い椅子に座り、パワーポイントのプレゼンテーションに3時間耳を傾けているところを思い出してください。

なぜ自分の夢を追いかけるのがそれほどまでに大切なのか、なぜ自分本来の性質を受け入れようとしているのか、そして、なぜ以前のアイデンティティや社会的立場より幸福感を大切にしたいのかを、きっと思い出せるでしょう。

新しいアイデンティティを受け入れるのは、自分が何者であるかを受け入れることにつながります。

あなたが、好きなことを追求するためにキャリアチェンジをしようと考えているなら、新しいアイデンティティを確立することに挑戦してください。

世の中でなにを成し遂げたいのか、自分自身の真実を受け入れるとき、それ以上に人の心に訴える力のあるものはないでしょう。


Changing Careers? 5 Ways to Own Your New Identity|Pick The Brain

Allyson Scammell(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.