• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 AM

コーヒーの飲み方から好みのワインを知る方法

コーヒーの飲み方から好みのワインを知る方法

151001cafeglobe_mediagene.jpg


cafeglobeより転載:朝の目覚めに欠かせないのが、1杯のコーヒー。独特の香りを嗅ぐと寝ぼけていた頭にスイッチが入り、今日も1日頑張ろうとやる気になります。ブラックやカフェオレなど飲み方は人それぞれですが、どんなコーヒーを好むかでその人が美味しいと感じるワインもわかるのだそうです。

ニューヨークの人気レストラン「Mulino a Vino」のオーナーPaolo Meregalliさんが教えてくれた、好みのコーヒーからおすすめのワインを知る方法を紹介します。


コーヒーの好みでワインの嗜好がわかる


Meregalliさんのインタビュー記事によると、

コーヒーの飲み方には、その人が持つ香りやコク、酸味の嗜好が表れます。食べ物や飲み物、ワインにもその嗜好が当てはまります。
Business Insider」より翻訳引用

毎日何気なく飲んでいるコーヒーですが、予想以上に自分の嗜好についての多くの情報が含まれているようです。


ブラックコーヒー派には辛口ワイン


砂糖やミルクを加えずに飲むブラックコーヒー派には、

スパイシーさと渋み、酸味が感じられるワインが最適。「Ruché (ルケ)」という赤ワインが香り高くドライかつフルーティでおすすめです。
Business Insider」より翻訳引用

ルケとは、イタリアのピエモンテ地方、アスティ県で作られる葡萄の品種。他には、フランスのカベルネ・フラン、日本人に人気のブルゴーニュ地方のボジョーレ・ヌーボーもぴったりとのこと。豆の香りや苦み、香ばしさをまっすぐに味わうことができるブラックコーヒーが好きな人は、フレッシュさが特徴のワインを選ぶと間違いなさそうです。


エスプレッソ派には個性派ワイン


エスプレッソの濃さと強い苦みは、タンニンが強く、味わい深いワインに匹敵します。チェリーやたばこのような大胆な味わいのイタリア・トスカーナのキャンティ、またはチョコレートとヴァイオレットの風味を感じるフルボディの赤ワイン、メドックも良いでしょう。
Business Insider」より翻訳引用

エスプレッソには、やはりイタリアの代表的なワインが合うとのこと。そしてメドックは、フランス・ボルドー地方のワインの1種。普通のコーヒーでは物足りずエスプレッソを好むこだわり派には、ちょっと個性的な味わいのワインがぴったりなようです。


カフェオレ派には熟成ワインを


ミルクを入れる人はソフトさを好むので、スムーズな飲み心地で、かつ酸味の少ない熟成したワインが良いとMeregalliさんは言います。シャルドネや、酸味がほとんどない濃厚でドライな味わいの アマローネ、色味の濃い果実の味わいでフルボディのカベルネ・ソーヴィニョン等が合います。
Business Insider」より翻訳引用

コーヒーだけだと酸味が苦みが気になるカフェオレ派は、新しいものより、熟成したワインを選ぶのが正解。アマローネは北イタリアのヴェローナ近郊で広く生産されるワインで、甘くて深みのあるタイプです。個人的にはコーヒーとミルクの化学反応が生みだす、あのまろやかさと苦みの絶妙なコンビネーションが好きなのですが、確かにワインも酸味が強いものより、濃厚なタイプの方が美味しく感じます。なるほど!とMeregalliさんのアドバイスに納得しました。


コーヒーに砂糖を入れる人は、フルーティなワインを


仕事中など、疲れたときに飲みたくなるのが砂糖を入れたコーヒー。コーヒーの香ばしい香りとともに、じんわり広がる甘みに癒されます。

甘めが好きな人は、リースリング、モスカート、ジンファンデル等の、フルーツの味わい豊かなものを選ぶと良いでしょう。
Business Insider」より翻訳引用

リースリングは、ドイツを代表する白ワイン。甘みとフレッシュな香りが人気です。イタリア・ピエスモンテ産のモスカートは、マスカットを使った微発砲の白ワインで、アルコール度は低め。デザートワインとして楽しめます。ジンファンデルは、プリミティーボとも呼ばれ、イタリア南部プーリア産の酸味と甘みの強いワインです。


コーヒーとワインの奥深い世界


大人の愉しみ、朝のコーヒーと夜のワイン。どちらも、原料や淹れ方、温度など、追求しはじめると奥深い世界で強いこだわりを持つ人が多いのも共通していますし、相関関係にあるのも納得です。

コーヒーやワインの好みは、他にもビターやトリュフ、生チョコなど、チョコレートとのペアリングもできそう。上記を参考に、馴染みのないワインを飲んでみたり、友人たちと数種類のワインを用意して、Meregalliさんのおすすめがぴったりくるかどうか試してみるのも面白いかもしれません。



Business Insider

(田上晶子)
Photo by shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.