• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,,,  08:00 PM

準備OK? いつもと違う旅に出よう!

準備OK? いつもと違う旅に出よう!

151001_travel_unusual-.jpg


エッフェル塔やグランドキャニオンのようなメジャーな観光地に行くのなら、そこかしこに旅行ガイドがあふれているため、そんなに心配はいりません。でも、一風変わった場所を目指す場合だと、なかなか情報が得られないでしょう。それでも、オリジナルな旅を面白くするためのテクニックは、いろいろなところで公開されています。

観光局のないような場所でも、訪れる価値のあるところはたくさんあります。トルクメニスタンの砂漠の真ん中で燃え続ける「地獄の門」や、インカ時代から伝わる縄のつり橋「ケスワチャカ」などがいい例です。ユニークな旅に出ることを決めたなら、以下を参考に、無用なトラブルを避けられるよう入念な計画を立ててから出発しましょう。



できるだけアクセスしやすい場所を選ぶ


どんなにユニークな場所を選ぶにせよ、アクセスしやすい場所にしておきましょう。もっとも、ホテルから公共交通機関で行けるところがいいとか、数時間ぐらい歩くけれど大丈夫だとか、「アクセスしやすい」の意味は人それぞれ違うとは思います。休暇日数やバケーションの種類によっても変わるかもしれません。しかし、いずれにしても合理的な選択肢を選びましょう。ただ行ってポカンと「違い」を見て終わりではなく、人生を変えてしまうような新しい何かを体験してきてください。あなたのコンフォートゾーンを押し広げるのです。それは、そんなに難しいことではありません。すべては、ユニークな経験をさせてくれるかもしれない変わった目的地を選ぶところから始まります。


出発前に現地の人とつながる


行き先が決まったら、現地の人とつながりましょう。文化交換プログラムに申し込んだり、海外に行くなら大使館や領事館に行って情報を収集したりすると良いです。

インターネットがすばらしいのは、以前は絶対にできなかったような方法で世界中の人とつながれるところです。「With Locals」や「Trip4Real」などのサイトは、ツアーや食事などのアクティビティを、出発前から現地の人と約束できるので便利です。

同様に、「Vayable」や「Like a Local」などは、現地に住む人が旅行のヒントやツアー情報などを掲載しているサイトです。リサーチに適しているだけでなく、現地の人に直接情報を教えてもらうこともできますよ。


具体的な計画を立てる


さあ、計画を立てましょう。今回の行き先はおそらく普通の旅行者向けの場所ではありません。ですから、出発前にいろいろ決めておいたほうが無難です。

人によると思いますが、一般的な観光地よりも宿泊先には注意が必要です。たとえば、その町で唯一のホテルが満室だったり、評判が最悪だったりしたら、少し遠くに泊まるほうが良いでしょう。あるいは、ホテルではなく、家族経営のB&Bのような場所を探してみるのもいいかもしれません。

次に、現地での移動のしかたを学びましょう。海外の場合、現地の言葉を知っておいて損はありません。大都市や一般的な観光地から遠くなるにつれ、英語が通じにくくなります。かんたんな日常会話と、非常時の言葉ぐらいは覚えたほうがいいかもしれません。会話帳も1冊持っていきましょう。到着までにローカルニュースを読んだり、アプリを使って必要な言葉を覚えたりするのもおすすめです。スマートフォンの翻訳機能はすばらしいかもしれませんが、コミュニケーションのためだけにWi-Fiやバッテリーの残量に振り回されるのは困りものです。国内旅行なら、GPSがきかない場所で迷ったときのために、紙の地図(かオフラインマップ)を用意しておきましょう。

最後に、海外旅行の場合、パスポートやビザなどの書類は余裕をもって準備しておいてください。行き先によっては、スペシャルツーリストビザや入国書類が必要になったり、大使館との特別な書類のやりとりが発生したりすることもあります。何も知らずに軽い気持ちで行くと、入国できずに引き返すはめになるかもしれません。


非常時の計画を立てておく


想定外を想定しておきましょう。服が汚れたときの着替え、財布を盗まれたときの隠し金、ホテルに泊まれなかったときのバックアップ、何かあったときに駆け込む大使館または総領事館の住所など、いつもと違う旅に出るときは、いつもよりも入念な準備が必要です。旅行ブログなどを検索しておくのもいいでしょう。経験者の声を知っておくと、事前対策がやりやすくなります。

ありとあらゆる可能性を考え抜いて、すべてに第2の計画を用意しておく必要はありません。ただ、よくある観光地とは違い、迷子・盗難対策、言葉が通じる人を見つけることなどは困難かもしれません。ですから、注意深く計画を立て、何が起きても対応できる自信をつけておくことが大切です。


やることが多すぎると感じたら、旅行代理店へ


そこまでできないという人は、旅行代理店の助けを借りましょう。旅の醍醐味は計画段階にもあります。出発前に現地のことを調べる作業は、スリリングな体験となるはずです。ただ、どうにも手におえない場所もあります。いくら調べても情報が見つからなければ、その種の旅行が得意な代理店に当たってみてください。

インターネットの時代になり、比較サイトなどが増えるにつれて、旅行代理店は時代遅れだと思われがちです。しかし、計画段階からがっつり関わってくれる、信頼のおける代理店がかならずあるはずです。そのような代理店に出会えたら、出発前に知っておくべきことや現地への行き方、過ごし方、見どころなどをしっかりと教えてくれるはずなので、思い出深い旅になるでしょう。また、問題発生時にはライフラインになってくれます。困ったときには電話で相談にのってくれるし、飛行機に乗り遅れたときには再予約などの力になってくれるでしょう。セーフティネットの必要性を感じるなら、代理店を通すことを真剣に考えてみてください。


さあ、旅に出ましょう! 「旅行番組で紹介されていた場所」への旅だけでは、もっとたくさんのすばらしい場所を見つけたり、人生を変えるような経験をしたりする機会を逃してしまいます。行列のできない場所で、驚くべき世界に出会う旅があなたを呼んでいます。


Alan Henry(原文/訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.