• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,,,  06:00 PM

時間が足りないと感じてしまう7つの理由

時間が足りないと感じてしまう7つの理由

151001_notenough_time.jpg


Inc.:「1日が24時間じゃ足りない」という表現をよく耳にします。発言の真意は、「もっと時間があれば、もっと生産的になれるのに」という気持ちにあるのでしょう。しかし、それはかならずしも真実ではありません。そのような気持ちになるのは、時間が足りないことが原因ではないことが多いのです。

それなのに、なぜ人々は時間が足りないと勘違いしてしまうのでしょう。7つの理由に迫ります。


1. 早く起きていない


世界は、ほぼ9時から5時の間で動いています。そのため、朝型の人ほど多くの仕事をこなし、終業時間まで生産的でいられます。だからと言って、夜型人間が劣っているわけではありません。実際、夜型人間と朝型人間の生産性には差がないことが、研究でわかっています。でも、通常のオフィスは朝9時きっかりから始業するため、朝型の人と比べると、どうしても夜型の人の生産性が足りないような気がするのです。ですから、自分が夜型人間だとわかっていても、毎日少しずつでいいので、早く起きる努力をしてみてください。午前中にある程度時間を確保して、新しいタスクをこなせるようになるまで、その努力を続けましょう。


2. マルチタスクをしている


マルチタスクが得意な人は、ほんのひと握りと言われています。それ以外の人々は、それが大の苦手です。二兎を追う者は一兎をも得ずの言葉通り、2つのことを同時にこなそうと思った瞬間、どちらの生産性も失墜します。結局、トータルの対応時間は長くなるばかりで、さらに悪いことに、自分はマルチタスクが得意だと勘違いしている人が多すぎます。彼らはそれで時間を節約できると思い込んでいるので、実際は何時間もの時間をロスしているにもかかわらず、マルチタスクをやめることができません。その結果、1日が何時間あっても足りないという思考に陥ります。


3. タイムマネジメントを練習していない


タイムマネジメントに関する研究文献は、タイムマネジメントのスキルは練習することで向上すると結論づけています。つまり、時間管理は、すればするほど上手にできるようになるのです。そう言われるとあたりまえのような気がしてきますが、逆にタイムマネジメントの練習をさぼるとどうなるでしょう。たとえば、1年に数える程度しかギターを練習しない人は、いつまでたってもうまくなれません。つまり、そういうことです。時間を積極的に管理する習慣を身につけましょう。


4. 睡眠が足りていない


多くの研究で一貫して言われていることですが、睡眠不足や不規則な睡眠パターンは、長期的な健康と生産性に大きな影響を及ぼします。要するに、十分に寝ていないと、通常よりもパフォーマンスが下がるということです。これは、カフェインなどの助けを借りても同じこと。いつもよりも作業をこなすのが遅ければ、時間が足りないと考えてしまうのは無理もありません。


5. 時間を気にしすぎている


西洋文化は、時間を気にしすぎるきらいがあります。会議には時間通りに着かなければなりません。締め切りは必ず守らなければなりません。朝9時に始業して、夕方5時には帰ります。時間に対する凝り固まった考え方は、時として邪魔になります。取り組んでいる仕事の進捗が気になるあまり、5分に1回は時計を見ているというような状態では、作業が進まなくて当然です。プロジェクトには、それぞれ適した時間があります。たとえ上司や同僚に前倒しを迫られても、無理なものは無理なのです。時間を心配しすぎると、かえって作業が遅くなることを肝に銘じておいてください。


6. 悲観的になっている


同じ時計で時間を確認していても、時間に対する考え方は主観的なものです。そして、それはその人の思考のタイプ(ポジティブ思考かネガティブ思考か)で大きく変わります。では、「これを納期までに終わらせることなんて無理」とか、「今日はやること多すぎ」のように、時間が足りないことに対していつも悲観的でいるとどうなるでしょう。きっと、1日に何度もネガティブなことを考えてしまう負のループに陥ります。でも、時間に対する考え方を決めているのは自分自身。ですから、できるだけポジティブな部分に目を向けるようにしていきましょう。


7. 仕事に没頭しすぎている


これまでの6つとは異なり、仕事に没頭することは基本的にはいいことなので、この項目にはちょっとした注意が必要です。心理学には「フロー」という言葉がありますが、これは、今取り組んでいるタスクが自分にとってバランスが良い状態を意味します。フロー状態になると、生産性と集中力が高まりますが、その一方で時間の感覚がなくなります。集中しすぎて、気がついたら何時間もたっていたというのがその状態。それは決して悪いことではありませんが、時間が足りないという思考につながることもあります。


時間が足りないと感じたら、時間は自分でコントロールできるものではないことを思い出してください。それよりも、自分でコントロールできるもの(習慣、思考、信念)に意識を集中しましょう。そして、楽観的な考えをもつようにして、仕事を早く終わらせることよりも丁寧に終わらせることを心掛けるといいでしょう。


7 Scientific Reasons You Always Feel Like You Don't Have Enough Time|Inc.

Jayson Demers(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.