• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,  09:00 PM

「AKB48はクールジャパンではなくクラシックジャパン」日本画家の千住博さんが現代カルチャーを縦横無尽に語る

「AKB48はクールジャパンではなくクラシックジャパン」日本画家の千住博さんが現代カルチャーを縦横無尽に語る

150930mugendai.jpg


世界の才能が競い合うニューヨークを拠点に、日本画家として活躍する千住博氏。岩絵の具を駆使し、斬新な技法で描いた『滝』や『崖』の作品は、人種や民族、国境を超えて、人々の生命の本能に訴えかけてきます。

時代と共に生きながらも、作品を通して時代を変革的に創造することに挑戦し続ける千住氏に、芸術論から「AKB48とネット社会」の意外な関係まで、縦横無尽に語っていただきました。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事より抜粋してご紹介します。


クールジャパンとクラシックジャパン


千住氏は、日本のアニメ文化などがクールジャパンとして注目されている状況を次のように評価しています。

クールジャパンは、元々は「メイド・イン・USA」です。マンガやアニメ、野球などのアメリカ文化が戦後、日本という「改造工場」に送り込まれ、それがチューンアップされて本国のアメリカを見事に超え、クール(かっこいい)と呼ばれたのです。

しかし、日本に来る観光客が興味を持っているのは、京都・奈良であり、歌舞伎、能、人形浄瑠璃、茶の湯などです。これらはクールジャパンではなく、クラシックジャパンです

その一方で、千住氏は、AKB48を「五感でリアリティーを感じさせる新たな動き。新しいクラシックジャパンになる」と評価しています。

「握手できるスター」「そこに会いに行けば、すぐ目の前で毎日会えるアイドル」、というのは、これまで存在しませんでした。昔、スターは女優・原節子のように雲の上の存在でしたが、今はわざわざ握手会などを企画し、握手してくれるし声もかけてくれる。バーチャルなアイドルと違い、その人と握手をしたら暖かいぬくもりを感じ、相手も自分と同じ人間なのだと再確認できる

千住氏がこのような評価を下す背景には、次のような芸術観があるようです。

人々が必要とする芸術には、必ずその中に人々が求めるメッセージが入っています。ルノワールは愛が必要だと考え、ピカソは人間性を復活させたいと考えた。時を越えて普遍的に貫かなくてはいけないものは大事にしつつ、時代が求めているものを、ピンポイントのように鋭く冷静に突き、発信していくことが大切だと教えています。

インターネットの恩恵で、誰もが文化発信の中心になることができるようになっていますが、コミュニケーションが希薄化し、ディス・コミュニケーションに陥っているという危機感もあります。そんな時代だからこそ、クラシックジャパン、あるいは芸術が、大きな意味をもつと千住氏は考えています。

わかりあえる人たちだけでわかりあうことを「オタク」と言います。「わかりあえない人たちに何とかわかってもらおうとする」のが芸術です。自分の感情やイマジネーションを相手に伝えようと、常にコミュニケーションしあうのが人間です。つまり、人間イコール芸術であり、人間的感動を芸術的感動と言い、本来人間がする行為はすべて芸術的行為です。それが芸術の今日的な意味です。

千住氏は、芸術家として「時代が求めているもの」を追求し続けているように思われますが、時代の影響を受けるのは一般人だけでなく、芸術家も同様です。芸術は時代をどのように変えていくのでしょうか? 詳細は以下のリンクよりご覧ください。


芸術とは、常に枠を広げ変革していくこと。そして、時代に提言しつつ、革新的に創造していくこと。 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.