• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,  11:30 AM

違いを生み出す人の発想術:テクノロジーファースト思考とは

違いを生み出す人の発想術:テクノロジーファースト思考とは

150930_way_thinking.jpg


99u:まず、あなたがこれからブレインストーミングをすることをイメージしてください。そして、次の2通りの状況を想定してください。

1:みなさんが望むことは何でもできます。
2:この箱の色鉛筆を使えば、みなさんが望むことは何でもできます。

与えられた状況にこだわる人と同じように、みなさんの中にも、1番のセリフにアイデア発想の無限の可能性を感じる人がいるかと思います。また、たいていのクリエーターが考えるように、まっさらな「0スタート」が思考のプロセスには不可欠な要素だと信じているかもしれません。しかしながら、国際的な広告業界のイベントであるカンヌライオンズで注目されているデジタルエージェンシーのR/GAで、テクノロジー開発部門の副代表を務めるWill Turnage氏は、0スタートの発想は誤りであると言っています。


彼は、R/GAのパイオニア的なデジタル製品の指揮および開発を担当しています。そのような立場からTurnage氏は、手段のひとつひとつが持つ特有の能力に敬意を払うことによって、すばらしい仕事が効率的に行える結果につながると信じています。

もしあなたが、マンハッタンにあるR/GAのオフィスに足を踏み入れると、Turnage氏が提唱する"Technology First(テクノロジーファースト思考)"という取り組みを、彼がチームとともに実践していることがわかるはずです。前述した色鉛筆の例のように、テクノロジーファースト思考では、ブレストを始めるときに特定の制約を設けコミュニケーションを始めます。それから、創造的にその制約を最大限に利用するのです。要するに、0スタートの真逆の発想です。

R/GAによると、このアプローチをすることで、アイデアが生まれる強力なフレームワークができるそうです。また、0スタートよりも思考プロセスが効率化し、実施時間も高速化し、より良いキャンペーンをつくることができるというメリットもあるそうです。


テクノロジーファースト思考:コミュニケーションのために特定の制約を設け、創造的にそれを最大限活用する


この効率的な手法で、R/GAは国際的なクライアントに対して、非常に創造的で効果的なデジタル作品をもたらしています。Nikeのフィットネスアプリの「Nike+」では、Facebookの"いいね"機能に着目したことで、 R/GAは既存のテクノロジーに対して、独創的なアイデアを生み出しました。

次に、調味料ブランド Lawry'sのAndroidアプリである「DigitalDinnerBell」の例です。このアプリのブレストは、「もしディナーベルのようにスマートフォンを振ることができたら、どんなに役立つユーザー体験が生まれるだろうか?」という疑問から始まりました。

アプリでベルを鳴らすことで、夕食のメニュー、食事の時間を、自動的に家族にメッセージとして送ることができるようになりました。

Turnage氏は次のように述べています。

私たちのブレストでは、どのようにテクノロジーを利用すればクライアントの目標を実現できるのかと自問したりはしません。R/GAは、非常に限定的に考えます。クライアントの目標を実現するために、「Facebookの"いいね"機能はどのように利用できるのか?」と考えるのです。

創造的な良いコンセプトを企画することは決して容易ではありません。Turgane氏は、テクノロジーファースト思考のコツをこのように考えています。

ブレストをする際に、任意の制約を設けましょう。そうすることで、創造的な発想が可能になります。

たとえば、もし、みなさんの思考が毎日決まった時間の間しか働かなかったらどうでしょう? みなさんのアプリが同時に1つの文と1つのボタンしか表示できなかったらどうでしょう? 

そのような状況で私たちは何ができるでしょうか? Turnage氏によると、みなさんが考えているよりも、もっと多くのアイデアを発想することができるそうです。

特定のテクノロジーの言葉の接頭辞に、感情的な形容詞を使ってみましょう。悲しいツイート、有頂天のチェックイン、衝動的なメール、こういったものはどのようなものでしょうか? どのように機能するでしょうか? このような簡単な頭のエクササイズをすることで、チームはリラックスでき、結果的に創造的なアイデアを発想できます。

日常にある動作をひとつ思い浮かべ、それをインターネットに接続してみましょう。たとえば、会議室のドアノブとブログがリンクしていたらどうなるでしょうか? そして、そのドアノブは私たちに何をしてくれるでしょうか? そして何を語るでしょうか? 




みなさんはブレストで、どのような制約を設けてアイデアを発想していますか?


Never Brainstorm with a "Blank Slate"|99u

Carmel Hagen(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.