• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  10:00 PM

心身ともに健康になるために改善すべき「4つのS」

心身ともに健康になるために改善すべき「4つのS」

150928impact_on_health.jpg


Inc.:現代の健康問題の80%はライフスタイルが原因です。そう、DNAや周りの人間、外部の影響を責めるわけにはいかないのです。すべては普段皆さんがどのように生活し、何を選択しているか、です。

気が遠くなるような話になりそうだと思われるかもしれませんが、ほんの少しの変化が、健康に大きな影響をおよぼしうるのです。今回は、ライフスタイルを改善するときに着目すべき点をまとめてみました。


ライフスタイルを変える前に確認すべきこと


何かを行動に移す前に、次の3点を確認しておいてください。

  1. ライフスタイルを変える準備が整っているかをまずは見極めてください。目標達成までの流れのなかで、どんな位置にいるのかを考えてみましょう。まだ考え始めたばかりですか? ずっと考えてはいたけれど行動に移せていないのでしょうか? すぐプラン作りにとりかかれますか?
  2. 今より健康になることを目指して変わろうとする皆さんをサポートしてくれる家族、友達、同僚はいますか?
  3. 医師や医療担当者による健康診断を最近受けましたか? 改善しているかどうかを判定する基準となる血液検査の数字はありますか? 成功を妨げる恐れのある薬剤がどれなのか知っていますか? 予防策を取るべき疾患はありますか? 自分のウエストのサイズを知っていますか?

まずは少しだけ栄養面と運動面で簡単な変化をつけることから始めましょう。たとえば、砂糖の多い飲み物を減らしたり、普段より遠い場所に車を停めて少し歩いたりしてみましょう。階段を昇りましょう。果物や野菜の摂取量を増やし、ファストフードを減らしましょう。外食の回数を減らし、お昼は弁当を持参しましょう。

次に、自分が一番好きな運動を探してみましょう。ウォーキング? 水泳? 理想を言えば、これらの有酸素運動に加えて筋力トレーニングも習慣にしたいところです。でもまずは、今よりも体を動かすようにしましょう。


改善すべき「4つのS」


ここで、健康になろうという努力を妨げる「4つのS」をご紹介します。ライフスタイルを改善するときには、必ず注意してください。


1. 睡眠(Sleep)

睡眠不足はさまざまな問題と結びついており、体重増加、集中力、免疫機能に影響をおよぼすことがわかっています。睡眠が不足していると仕事前に走る気力が失せ、がんばろうとすると甘いものが欲しくなる可能性があります。睡眠時間は7〜8時間が理想的です。


2. ストレス(Stress)

慢性的なストレスは、心身への悪影響を連鎖的に引き起こしますが、ストレスは避けられるものではありませんし、なくさなければならないものでもありません。ただ、ストレスを軽減させる方法は考えておきましょう。運動や瞑想が効果的です。社会的支援を受けるのもよいでしょう。


3. 喫煙(Smoking)

噛みタバコを含めどんなものでも、ニコチンはニコチンです。脳受容体に侵入し正常な脳機能を阻害してしまいます。例外は電子タバコだけですよ。


4. 座りっぱなし(Sitting)

「健康の観点からすると、ずっと座ったままでいるのは新型の喫煙のようなものだ」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。長時間座ったままでいるのは避けましょう。立ち机を使用したり、定期的に体を動かしたりしましょう。会議を立ったまま行うのもおすすめです。

健康日誌アプリやモチベーション維持に役立つアプリが数多くあるので、経過を記録していきましょう。運動や栄養、睡眠そして身体情報を記録するデバイスも数多く発売されています。

覚えておいてください。あなたの1歩1歩は小さなものです。しかし、小さな改善が積み上がって、驚くほど短い時間で大きな成果を得られるかもしれないのです。


Is Your Stressful Lifestyle Affecting Your Health? | Inc.

Jean Tips(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.