• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

丸山 尚弓

丸山 尚弓

 - ,,  07:00 PM

その格好、実は恥ずかしいかも? 美人すぎるメンズファッションライターが教える、ビジネスシーンでの着こなしのコツ

その格好、実は恥ずかしいかも? 美人すぎるメンズファッションライターが教える、ビジネスシーンでの着こなしのコツ

fashion_maruyama7.jpg


メンズファッションライターの丸山尚弓です! いつもFacebookを中心に、メンズファッションに関するさまざまな情報を"女性目線"からお届けしています。今回この記事では、知っておいて損はないビジネスシーンでの着こなしの「コツ」を紹介します。読んだらちょっと新しい発見があるかもしれませんよ?


あなたの足元、座るたびに恥ずかしいことになっていませんか?


fashion_maruyama2.jpg


スーツに短すぎる靴下の人、たまに居ますよね。学生気分がまだ抜けていないんでしょうか。ビジネスの場で短い靴下はNGです。

また、動いた時や座った時にスラックスと靴の間の素肌がのぞかないのが、一般的なビジネスシーンでは常識です。くれぐれも「スネ毛がこんにちは!」しないようにしましょう。

上下が濃色のスーツなのに、靴下だけ白などの明るい色だととても目立ってしまいます。靴下は悪目立ちさせないように、ブラックをスタンダードに、ブラウンやグレー、ネイビーなどのスマートな色を選んでください。靴と同じ色の靴下を選ぶようにすると間違いありません! 靴下を下着と思わず、コーディネートを考えるときの「仲間」に入れてあげてくださいね。


とっても素敵なネクタイなのに...ジャケットを開いた時、知らず知らずのうちにイメージダウンしてるかも


fashion_maruyama3.jpg


ご自分のネクタイ、正しい長さで結べている自信はありますか? 短すぎると身長が低く、胸元が貧弱に見えてしまいます。逆に長すぎても上着からはみ出してマヌケです! しかも邪魔ですよね。

ポイントは、結ぶときに必ず鏡で確認すること。自分で上から見るとジャストフィットな長さでも、鏡に映してみたら短かったり長かったりしてビックリ! ということがよくあります。正しい丈はベルトのバックルに少しかかるぐらいです。意外と知らない方も多いので、こっそり周りをチェックしてみましょう。仲のいい人には教えてあげてくださいね。


デキるビジネスマンは、筆記具を見えるところに収納しません!


fashion_maruyama4.jpg


スーツの胸ポケットや鞄の外ポケットにペンを挿している人。あなたの周りにもいませんか? すぐに手が届く場所に挿していると、あくせくと仕事をしているような印象を与えてしまいます。鉛筆を耳にかけている人を想像してもらうとわかりやすいかもしれません。

スーツの内ポケットなどにペンを挿す場所があることの意味を考えて、ちゃんと定位置に収めましょう。ペンのクリップの跡がスーツについてしまったり、うっかりしまい忘れたペン先で生地を汚してしまった、なんて事も防げます。


あなたのポケット、ハムスターになっていませんか?


fashion_maruyama5.jpg


これは結構見かけますね。全財産そこに入ってるの? といいたくなるほどパンパンになったお財布を、スーツのポケットに無造作に突っ込んでいる人。あれってとってもカッコ悪いと思いませんか。

私はいつも、「頰袋いっぱいにご飯を詰め込んでいるハムスターみたいだな」って思ってクスリとしてしまいます。生活感に溢れていると印象がよくないですね。お財布は余計なものを極力いれず、スリムさを保ちましょう。領収書や名刺などをすぐ整理する習慣がつくと、自然とスマートな状態が保てます。




今回ご紹介した、すぐに実践できる4つのコツ、いかがでしたか? 日常のちょっとしたことに気を配ることで、あなたが「仕事のデキる素敵な人」だという事を周りに印象づけることができるのです。ぜひ、身支度をする際に思い出してみてくださいね。それではまた次回、お会いしましょう!


丸山 尚弓(まるやま なおみ)Facebook
fashion_maruyama.jpg美人すぎるメンズファッションライターとして活動中。メンズファッションを題材とした自身のFacebookは、コメントが女性目線で分かりやすいと好評で、紹介した商品には問い合わせが殺到する。ファッション初心者を「素敵な男性」へと優しく導くことが心情。ライター以外の活動として、メンズブランドの企画やブランディングを行っている。特技はコミュニケーション力を活かして外国人ともすぐに友人になること。趣味はタウンウォッチと英語での映画鑑賞。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.