• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  01:00 PM

大きく成長を遂げたChromebookの魅力とは

大きく成長を遂げたChromebookの魅力とは

150920_chromebooks_appeal.jpg


Chromebookは登場以来、大きく進化を遂げました。かつては、ノートパソコンのかたちをしたブラウザ専用端末でしかありませんでしたが、現在はほかのノートパソコンに対抗できるほどの実力を備えるまでになっています。私も、Chromebookをここまで気に入るとは思っていなかったけれど、今では、仕事のほとんどを通常のノートパソコンではなくChromebookで処理するほどになりました。

正直に言うと、筆者はノートパソコンがあまり好きではありません。これは筆者自身の問題で、デスクトップを自分好みにカスタマイズしすぎたせいで、ノートパソコンを使っていると、何だか不自由さを感じると言うか、イライラしてしまうのです。それに、ノートパソコンは元が取れるほど使わないので、ついつい低価格のものに手を出してしまいがち。ということで、私の事情は、世の中のニーズを反映しているとは一概には言えないと思います。

けれども、外出中に原稿を書くためのマシンは必要でした。Googleドキュメントを使って仕事をしたり、Slackで仕事仲間とチャットして情報収集したり、メールの返事を書いたり、Twitterで出来事の流れを追ったり、RSSフィードを確認したり、画像を編集したりできないと困ります。ソファやベッドに座っていても使いやすく、バックパックにもポンと入るマシン、何にもまして、慌てて充電器に走らなくても1日中バッテリーが大丈夫なマシンが欲しかったのです。そうしてChromebook Flipに行き着いたわけですが、今のところはとても満足しています。


Chrome OSはもう「単なるウェブブラウザ」ではない


Googleが初めてChrome OSを発表したとき、「OSとしてのブラウザ」という概念にはあまり合理性がありませんでした。「WindowsにChromeを入れれば済むのだから、意味がないのでは?」という疑問を抱くのは、当時はもっともなことだったのです。しかしながら、Chromeは登場以来、エコシステムの構築をずっと続けてきました。

技術的に見れば、Chrome OSははじめから「単なるウェブブラウザ」などではありませんでした。ブラウザであると同時に、開発者がネイティブアプリを作成できるLinuxディストリビューションでもあったのです。その上、Googleは開発者が簡単にAndroidアプリをChrome OSに移植できるようにしました。アプリの選択肢は、AndroidやiOSと比べると大したことありませんが、ウェブサイト以外でも使えるネイティブアプリは多数あります。その中でも有力なものをいくつか例に挙げましょう。

有名なアプリはほかにももちろんありますが、アプリが不要なサービスもまた、たくさんあります。NetflixやTwitter、Slack、Dropboxといった広く知られたサービスは、ウェブサイトだけでも十分に利用できます。


オフラインでも使える


多くの場合、ネイティブアプリが必要になるのはオフラインで使うときだけです。幸い、Chromebookはそういった点にも対応できるよう改善されてきました。

Chromebookは、インターネットの接続がなければ(少なくとも、一般的なノートパソコン以上に)使えないというわけではありません。Googleアプリのほとんどは、GoogleドキュメントからGoogleスプレッドシート、Google Keep、Googleカレンダー、Gmailにいたるまで、オフラインで使うことができます。さらに、EvernoteやWunderlist、Sunrise Calendar、Pocket、Kindleなど、上記で紹介したアプリの多くもオフラインでの作業が可能です。

もちろん、すべてがオフラインでも大丈夫ということではありません。しかし「作業」はできます。実際、Googleドキュメントを使ってこの記事を書いている今この瞬間も、インターネットにはつながっていません。ただ、唯一不便なのが、いくつかのGoogleサービスは、オフラインでもアクセスできるように手動で切り替えなければならないことです。最初からオフラインでもアクセスできるようにしていてくれても良さそうなものですよね。でも、切り替えはとても簡単ですぐに済みます。それに、ChromebookはGoogleアカウントと連携していますから、どんなサービスでも、切り替えなければならないのは一度だけ。それ以降は、デバイスを何に変更しようとも、設定は変わらないはずです。

オフラインで使えるGoogleのサービスを以下にリストアップしました。オフラインアクセスを有効にする方法にリンクしていますから、必要に応じて確認してください。

すべてのサービスがオフラインで使えるわけではないとはいえ(オフラインで使えたら便利なのですが、ご覧のとおりGoogle Mapはこのリストにありません)、オフラインアクセスの可能なサービスがこれだけあれば、インターネットにどうしても接続できないときでも、Chromebookはなかなか便利だと思えるのではないでしょうか。


物足りない部分は『Chrome Remote Desktop』で埋め合わせできる


Chromebookがいかに頼りになろうとも、Windowsのアプリケーションにアクセスできたら便利なのに、と思うことがどうしても出てきます。筆者は、仕事でよくPhotoshopを使います。Chromeで使える画像編集ツールにもなかなかのものがあるとはいえ、Photoshopには編集作業を楽にしてくれる細やかな機能や設定があります。そのせいで、Chromebookに不満を抱いてしまうのではないだろうか、と心配でした。

でも、『Chrome Remote Desktop』のおかげで、その心配はおおかた吹き飛びました。これさえあれば、インターネット接続が若干不安定でも、自分のデスクトップパソコンにネット経由でアクセスし、Windowsのアプリケーションを使えるのです。まるで、目の前にデスクトップパソコンがあるような感じさえします。このアプリは無料ですし、Chromeが入っているならどんなデバイスであっても簡単に設定が可能です。理想的とは言えませんが、どうしてもデスクトップパソコンでないと困るという状況に遭遇したときは、このアプリを使っています。


最高に便利で、おまけに安いChromebookが見つかる


ご紹介したChromebookの機能はどれもすばらしいとは言え、Windows搭載ノートパソコンの代わりにChromebookを選ぶかどうかとなると、説得力が足りないかもしれません。でも、ハードウェア自体がChromebookを買うべき理由になるのです。すでにお話ししたとおり、筆者はChromebook Flipを選びました。頑丈なアルミのデザインは、以前使っていたMacbook Proを彷彿とさせます。もちろん、機能面では劣りますが、安っぽさはありません。また、タッチスクリーンは折り返してタブレットのように使えます。価格は300ドル(約4万円)でした。一方、筆者が使っている10インチのタブレットは、新品で400ドル(約5万円)もしました。

バッテリーのもちが良いのも大きな魅力です。似たようなハードウェアの、ほかのノートパソコンと比べても、Chromebookのバッテリーもちは良いようです。ここで大事なのは、1回の充電で長時間使えるというだけではなく、バッテリー寿命も長く見込めるということです。

ご存じのとおり、ノートパソコンのバッテリーは、寿命が終わりに近づくにつれ、もちも悪くなってきます。バッテリーが最初から長持ちするのであれば、寿命もその分長いと言えるでしょう。

それでも納得いかないなら、これではどうでしょうか。買う価値のあるChromebookはたいてい、競合するノートパソコンよりもはるかにお手頃です。300ドルでChromebookを買うのも(しかも買い替えは2、3年おき)、700ドルも800ドル(約8~9万円)もする新品のノートパソコンを買うのも、その手間はほとんど変わりません。


Chromebookにすべてを求める必要はない


筆者の頭にはずっと、「WindowsかMacのノートパソコンを買って、Chromeをインストールすればいいや」という考えがありました。「機能満載の高価なノートパソコンが買えるんだから、やれることが少ない安価なものを買う必要などないのでは?」というように。その一方で、皮肉なことに、筆者はタブレットを使っていましたが、これでは、Chromebookの良さをさらに証明するようなものです。結局、使いやすければ、万能である必要はないのです。

Chromebookが万人向けだとか、どんなノートパソコンにも引けを取らないとは言いません。ChromebookではAAAタイトルのビデオゲームはプレイできませんし、自宅に常時ネット接続されているデスクトップパソコンがなければ、『Chrome Remote Desktop』も無意味です。それに、いまさら言うまでもなく、Googleが提供するサービスが好きでなければ、Chromebookにはあまり魅力を感じないでしょう。

けれども、Chromebookでできることに限って考えれば、使い心地は抜群です。以前なら、ソファに座ってネットを見たいときや、外出中にも仕事をしたいときは、タブレットを使ったでしょう。タブレットのほうが軽いし、バッテリーも長持ちするし、優れもののアプリもあるからです。でも今では、まったく同じ目的を果たしてくれるChromebookがあります。Windowsのデスクトップパソコンの代わりにはなれないかもしれませんが、Chromebookは、ノートパソコンとタブレットの座をあっという間に奪ってしまいました。場合によっては、スマートフォンのもつ役割でさえ、Chromebookでほとんど間に合ってしまうくらいなのです。


Eric Ravenscraft(原文/訳:遠藤康子、吉武稔夫/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.