• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  11:30 AM

あなたの仕事でもっとも大切な時間管理について考え直すべきこと

あなたの仕事でもっとも大切な時間管理について考え直すべきこと

150908_task_management.jpg


99u:現代に生きる私たちにとって、時間というものは足りることはありません。これから先も、時間が足りることはないでしょう。特に、さまざまなプロジェクトを抱えているようなクリエイターにとって、時間管理は負け戦のようなものです。

産業革命以来、私たちの生活では時間管理という強迫観念が横行するようになりました。作家であり心理学者のTony Crabbe氏がニュースサイトのQuartzの記事で、産業革命以降の私たち現代人を悩ます時間管理について言及しています。


課題管理型の概念から時間管理型へと移行する大きな変動が、現代社会で途方もない問題を引き起こしています。つまり、私たちの生活は忙しすぎるのです。大量の業務を急いでこなそうとし、受信箱の中身をきれいにしたり、ToDoリストをやり終えることに熱心になっています。結局、忙しさのあまりにひとつの業務を究めるということができません。努力は無駄におわり、意義深い結果が出せないという悪影響を引き起こしています。

また、より多くの課題をこなしても、その中からさらに課題が出てくる結果になります。メールを送れば送るほど、受け取る返信も増えたりするものです。時間を上手に管理して、より多くの業務をこなしても、すべてをやり終えることはできないのです。結局は、今よりもさらに忙しくなるのです。無数のちょっとした作業に注意力が分散すれば、腰を据えて取り組んだり、深く考えることができなくなってしまうのです。

Microsoft社による研究によると、イギリスの労働者の77%が受信箱の中身を空にすることができたら1日を生産的に過ごすことができたと感じているそうです。受信箱を空にしたり、残りの課題を終えることを目指し、まるでそれを達成することだけに価値があるというようなブログや書籍が多く見受けられます。そのようなものを見るたびに、私はぞっとした気持ちになってしまいます。受信箱を空にしたところで、仕事も人生も何も変わるわけではないと思うからです。この時間管理型の問題に対する解決策をいくつかご紹介します。


1. 自分の達成度や生産性を受信箱に取り残されているメールの数で測るのをやめる

普段よりも返信するタイミングを遅くし、その不便さを受け入れることから始めてください。


2.意識的にOutlookやGmail以外のために時間を捻出し、それをカレンダーに記入する

捻出した時間には、電話を消音モードにして、ポケットに入れるか机に裏返して置きます。身の回りから時計の類をなくし、時を刻むものがない贅沢を味わいましょう。そして、深い創造性の中にただひたすら没頭し、静かに考えましょう。このような作業に没頭する時間をつくることで、時間管理型から課題管理型の問題を取り組むことができるようになります。

私たちの住む現代の労働社会には社会が存在し続けるための目に見えない慣習があり、私たちはそれを変えることはできません。時間というものが存在するかぎり、メールの受信箱やアプリのメッセージが私たちに返信する責任を求めてきます。どのようなときでも、直感で返信したいと思うメールにだけ返信するなら、責任のある大人にはなれないでしょう。しかし、課題管理と時間管理のバランスをちょうどよく釣り合わせることはできます。受信箱を空にするという間違った信念を捨て去るのです。課題管理型なことを意識することで、自分の時間を取り戻すことができるでしょう。


Screw Inbox Zero:Here's a Better Plan|99u

Allison Stadd(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.