• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,,  08:00 PM

PCにクリーンインストールをおすすめしたい理由

PCにクリーンインストールをおすすめしたい理由

150906_clean_install-.jpg


最近の新しいオペレーティングシステム(OS)は、ウェブサイトから簡単にダウンロードできたり、アプリストアから無料で「購入」できたりします。だから、だんだんと手間ひまかけてクリーンインストールをする意味はないような気がしてきますよね。でもそれは、まったくの見当違いです。アップグレードは確かに便利ですが、PCにとっては、まっさらな状態にするほうが良い場合もあるのです。そしてそれは、単に「新品」のウキウキ感を味わうためだけではありません。

クリーンインストールをすると、PCをまっさらな状態にできることは皆さんも知っていると思います。それは一見すばらしく思えますが、再度PCの環境を自分好みに整える労力を思うと、現状のままアップグレードしたい誘惑に駆られてしまいます。さらに、「Windows 10」や「OS X Yosemite」(そしてもうすぐ正式版が登場する「OS X El Capitan」)といった最新のOSはアップグレードがとても簡単で、非常に魅力的です。インストーラーをダウンロードして実行し、お昼でも食べに行ってしまえば、戻ってきた頃には、何もしなくても最新かつ最強のOSを手に入れられるのです。

しかし、あまり知られていないのですが、クリーンインストールから受ける恩恵はたくさんあります。ここでは、まっさらなOSが手に入るというだけにとどまらない、クリーンインストールの利点をご紹介しましょう。ぜひ、検討してみてください。


手に負えない奇妙な挙動やバグなど、あらゆる問題を解消できる


正直に言うと、私はクリーンインストールをするのは大嫌いです。だからというわけではないですが、所有しているノートパソコンの一部はこれまで一度もクリーンインストールを行ったことはありません。OS Xの最新版が出たときに、現状のままでアップグレードを施しました。それでも、何も困るようなことは起きず、問題なく使えていました。

しかし、何年もパソコンを使っていると、やはり奇妙な挙動が見られるようになります。深刻なものではないかもしれませんが、その中には、原因を突き止めて修復できないものもあります。特定の作業をしているときに動作が遅くなるなら、その作業を避けてしまいます。何かのアプリが頻繁にクラッシュするなら、代わりのアプリを探すことになるでしょう。

この話の結論は、きっと皆さんにもわかりますよね。クリーンインストールをすればほとんどのバグを解消できるのです。もし、バグが特定のプログラムに関連しているのであれば、さすがに解消できないかもしれませんが、簡単な問題であれば、クリーンインストールで解決できるだろうことは、皆さんも頭のどこかで気づいていたはずです。もちろん私もそれに気づいていながら、踏ん切りをつけられずにいました。ノートパソコンの動作をクリアにし、スピードアップするためだけに、わざわざ時間と労力を費やすまでもないと思っていました。

でも実際には、USB周りの奇妙な挙動や、マルチディスプレイのトラブルといった、私のMacbook Proが抱える問題を修正しようとして費やした時間のほうが、ハードディスクを初期化してOS X Yosemiteを再インストールし、必要なアプリケーションを再インストールするのに要した数時間よりも、はるかに長かったのです。

うまくクリーンインストールが完了すれば、安心感も得られます。Windowsを使っているときに、何かおかしなソフトをインストールしたかもしれないと不安になったり、セキュリティ上の懸念を感じたりしたことはありませんか? セキュリティソフトウェアの有無に関係なく、ITの専門家は、ウイルスに感染したと判断したらシステムを完全に消して、OSを再インストールしますが、それにはちゃんとした理由があります。彼らは、システムを診断したり、ウイルス対策ソフトを実行したりして、時間を無駄にはしません。それよりも、さっさと初めからやり直しバックアップからデータを復旧させたほうが、早くて安全なのです。お手持ちのパソコンで同じような不安を感じたことがあるなら、もうその悪循環から抜け出してしまいましょう。それが唯一、確かな方法なのですから。


手動のクリーンアップをすることなく、パフォーマンスを向上できる


以前、システムのパフォーマンスを最高の状態に保つためにわざわざWindowsを定期的に再インストールする必要はないと説明しました。それは、まちがいなく事実です。とはいえ、『CCleaner』の実行や不要なプログラムの削除、パソコン起動時の自動実行アプリの解除だけでは、できることは限られています。

こうしたメンテナンスを定期的に行うのはとても効果的ですが、パソコンを使い、クリーニングし、そしてまた使うというプロセスを繰り返していれば、時間がたつにつれて複雑になってくるのは避けられません。次第に何を保存して何を削除すべきかの判断が難しくなってきます。ここで注目すべきは、「定期的に」という部分です。新しいOSが発売されるときこそ、クリーンインストールを検討すべきときと言えるでしょう。

クリーンインストールの良い所は、パソコンの前に何時間も座り、あらゆるサービス、不明確なすべてのプロセス、タスクマネージャに並ぶ見慣れないアプリケーションをいちいち調べる必要がないという点です。サービスを無効化してマシンを再起動させてみて、そのサービスが自分に必要なものなのか、それとも不要なものなのかを確かめる必要もありません。クリーンインストールをすれば、時代遅れの散らかったOSとともに、そうしたストレスもきれいに取り払うことができます。ゼロから始められるので、本当に使用するものだけのバックアップを作ることもできます。

これらは、パフォーマンスの向上にもつながります。しかも、とても大きな効果があります。「Windows 8」と「Windows 10」は、過去のバージョンに比べて、はるかに起動が高速化されており、少し古いパソコンでも十分スピーディーに動きます。しかし、その能力を完全に発揮できるのは、旧バージョンから引き継いだ時代遅れのアプリとドライバがなく、起動項目も少ない場合に限られます。そうしたものをすべて削除し、本当に必要なものだけに置き換えて、初めて大幅な改善が見られるのです。Windows 8やWindows 10にアップグレードしたのに「言われているほど速くないな」と思うなら、それは人が嘘をついているのではなく、あなたのシステムに問題があるのかもしれません。さあ、さっぱりときれいにしてしまいましょう。


不要なソフトウェアやファイルが削除され、大量の空きスペースが得られる


市販のパソコンを購入した場合、プリインストールされたソフトウェアが大量に入っているはずです。腹立たしいことに、Windows 7や8からWindows 10へのアップグレードをしても、欲しくもないアプリが山のように付いてきます。そうなってしまった場合のために、余計なソフトやツールバーを一掃する方法を以前にも紹介しましたが、その記事の中の3つ目の項目である「いっそWindowsをクリーンインストールする」こそが、まさにいま話している内容です。

Windowsでは、そうしたソフトウェアを削除すれば、貴重なシステムリソースや利用可能なディスク容量を節約できます。Macの場合はそれほど多くのソフトウェアは付属しません(とはいえAppleも、ユーザーが欲しくない多数の自社製アプリやツールなどを抱き合わせています)が、不要なものを削除すれば、のどから手が出るほど欲しいディスク容量が回復します。そして、空き容量が増えれば、パフォーマンスも向上します。特に、既存環境を維持したままシステムファイルを上書きするインプレースアップグレードを行うと、不要になったものまで旧バージョンから引き継がれてしまうことで悪名高いOS Xでは、その効果は絶大です。

そうした余計なソフトウェアをすべてパソコンから削除すると、システムを健全な状態に保つことができます。また、タスクマネージャやアクティビティモニタをチェックするときには、必ずメモリ消費の多いものを確認するようにしましょう。そうすれば少なくとも、それが自分でインストールしたものであり、誰かが強制的にインストールしたものではないことを確認できるでしょう。


新しいマシンを構築せずに「新品のパソコン」感覚を得られる


パソコンを自作する人や、ソフトの何も入っていない完全にクリアなパソコンが欲しいという人なら、「新品のパソコン」という感覚がよくわかると思います。それは無限の可能性を感じさせるものです。すべてがきびきびと軽やかに動き、無駄のない引き締まったシステムが効率よく動作し、必要な作業にすぐに対応できるのです。もう言うまでもないことでしょうが、クリーンインストールを行えば、実際にパソコンを自作したり新品のパソコンを購入したりしなくても、そうした感覚に近いものが得られるのです。そしてそれは、とてもすばらしい感覚でもあります。

もちろん、必要なプログラムをインストールし、データを移行して、自分好みの状態に設定し直す必要があります。バックアップしたデータからファイルを復旧しなければならないかもしれません。しかし、それをするだけの価値はあります。それに、実際には思っているほど大変な作業ではありません。私がIT業界で働いていた頃、毎日のようにクリーンインストールを行っていました。その作業には、OSのインストール、ユーザーに必要なアプリのインストールと設定の移行、アカウントや電子メールの設定、さらには古いパソコンのデスクトップ環境の再現まで含まれていました。それと同じことが、午後のひととき程度の時間で、きっとあなたにもできるはずです。費やした時間から得られる恩恵は、現状のままでアップグレードを繰り返す際の利便性をはるかに上回ります。

その一方で、現状のままのアップグレードは実用的で便利です。また、AppleやMicrosoftがそうした方法を望んでいるのもまちがいありません。ダウンロード版のOSは、購入もインストールも、パッチの適用も簡単です。それでも、購入時よりもかなり動作が遅い古いノートパソコンの場合は、OSを元の「Windows Vista」からWindows 10に入れ替える前に、まずはWindows 10のクリーンインストールを考えてみてください。そうすれば、古いマシンが新品のように動くのに驚くことでしょう。


Alan Henry(原文/訳:風見隆/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.