• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  12:00 PM

アルコール度数の少しの差が、酔いの大きな差につながる理由

アルコール度数の少しの差が、酔いの大きな差につながる理由

150902_alcohol_quantity.jpg


ビールのアルコール度数には、どの種類を比較したとしても、大した違いはないものです。アルコール度数5%のビールは、一般的に度数が低いと考えられている4%のビールと比べ、たったの1%、度数が高いだけなのです。

飲食に関するウェブマガジン「Draft Magazine」は、アルコール度数がどのように体の中で作用するのかを科学的に説明しています。


ご存知だと思いますが、アルコールの処理はアルコール度数の数値によって変わります。私たちの体は継続的に一定量のアルコールを処理することができます。また、どのくらいの量のアルコールが飲料の中に含まれているのかはアルコール含有量として計算することができます。

私たちは1時間に約1アルコール量を体から処理することが可能です。その処理できる数値を計算すると、アルコール度数のちょっとした差があなたの酔いに大きな差をもたらす理由がわかると思います。

ある計算をしてみます。アルコール度数4%のビール12オンス(約360ml)には、1.4アルコール含有量があります。1時間に1杯だけ飲むということはないと思いますが、計算を簡単にするために、そのような条件で計算をしてみます。私たちの体は4%の12オンスのビールを飲むと、1アルコール量を体から排除します。つまり、0.4アルコール量は排除されずに体に残り、ほろ酔い状態になります。次の1時間でもう1杯ビールを飲むと、体はさらに1アルコール量を排除します。しかしここまでに、体には0.8アルコール量が処理されずに溜まっています。さらに1時間飲むと、合計1.2アルコール量が体に溜まります。このようにしてどれくらい酔っているのかを測るのが楽な方法になると思います。

次にアルコール度数5%のビールの計算をします。アルコール度数5%のビール12オンスには1.8アルコール量があります。1時間に処理できるアルコール量をきっちり体から排除しても、0.8アルコール量が体に残ります。次の1時間でもう1杯ビールを飲むと、体に残るアルコール量は1.6になります。さらに1時間飲むと2.4アルコール量となります。

4%と5%のビールを比較する場合、体に残るアルコール量は2倍になるのです。さらに飲む量が増えると、多くのアルコールが処理されずに体に蓄積されます。

このようなアルコールの処理に違いがあるので、アルコール度数が低いビールを10杯飲んでも酔わないのに、2〜3杯のアルコール度数が高いビールを飲んだだけで酔ってしまうのです。

これからお酒を飲むときに、少量で酔ってしまっていると不思議に感じたら、この計算のことを思い出してください。


Why you still get drunk drinking "session" beers|Draft Magazine

Thorin Klosowski(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.