• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  09:00 AM

クリエィティブな仕事に没頭したとき、上手に時間の区切りをつけて生産性を上げる2つの方法

クリエィティブな仕事に没頭したとき、上手に時間の区切りをつけて生産性を上げる2つの方法

20150802_creative.jpg


99u:クリエィティブな作業をしているとき、あらゆるアイデアやイメージが広がりすぎてまとまらず、仕事がはかどらない、ということがあると思います。かといって、創造性を失っても同様に非効率になる可能性があります。とくにクリエィティブ職の人が仕事に完全に没頭すると、時間の感覚をすっかり失ってしまうことが多々あるようです。一般的には、そういう時間が生産的とみなされるため、たいていの場合、これは問題視されません。しかしながら、複数の顧客や案件を抱えるクリエィティブ職の場合、時間の感覚を失うことは大きな落とし穴になってしまいます。

ということで、クリエイティブな仕事に没頭したとき、上手に時間の区切りをつけながら生産効率を上げる方法について紹介します。



デジタルクリエイターを対象としたデザインとテクノロジー関連のイベント「FITC Conference」において、ディレクター兼イラストレーターのAsh Thorp氏は、クリエイティブな仕事に没頭しているときの時間管理法について次のように説明しています。

私は仕事中、携帯電話のアラーム機能を活用しています。Siriに向かって、「8:30にアラーム設定、9:00にアラーム設定、11:30にアラーム設定」などと言うだけです。ひと区切りつける必要があるタイミングに合わせてアラームを設定します。たとえば11:00に電話会議があれば、その時間に合わせて携帯でアラームを設定します。

私たちのようなクリエイティブな職種の人間は、創造的なモードになると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。創造的なことに没頭していると時間の感覚を失ってしまうので、自分自身を現実に引き戻す必要があります。いつもアラームによって楽しいクリエイティブの最中に現実に引き戻されてしまうため、心から携帯を憎らしく思うこともあります。

しかし、プロとして活躍し続けるなら、これは甘受すべきことであり、少なくとも私にとっては習慣のひとつになっています。これにより、「アラームをセットする」「やらなければならない仕事に引き戻される」「その仕事をとにかくこなす」という流れができました。クレイジーなことですが、このプロセスで仕事を整然と進めることで、ここ半年間で、簡単に生産効率を2倍にすることができました。


ひとつのプロジェクトですっかり疲労困憊してしまうケースはよくあることです。その創造的なエネルギーを、自分に有利になるツールに変換できるかが課題になります。Thorp氏は自分の創造プロセスを把握し、どのタイミングで周りが見えなくなるほど没頭してしまっているのか、今後の仕事でそういった落とし穴に陥らないようにすべきだと述べています。

そこで、自分のパフォーマンスをふり返る方法として、日常の習慣を実際に文章化することが挙げられます。Fast Companyの記事でBryan Collins氏が説明しているように、この方法はアスリートや実業家の間ではすでに一般的な習慣になっているので、クリエイティブ職の人にもおすすめです。

Thorp氏の場合、毎日のスケジュールに応じて、時間を特定の区切りで整理しています。Collins氏は仕事時間を25分ごとに分割すると、時間の価値が均等になり、生産効率を比較することができると述べています。たとえば、Collins氏の場合、ライティングの生産効率を上げるために、ライティングの開始時間、ライティングの内容、それから文字数を記録しています。

ライティングの仕事を数値化することで、自分のワークフローで何が障害となっているのかを特定し、ライターとしてもっとも生産的なタイミングがわかるようになります。また、これによって、自分が得意なプロジェクトや時間がかかるプロジェクトが見えてくるのです。私はこれまで、夜に原稿を書くのがベストだと思っていましたが、朝一番のメールやニュースをチェックする前に原稿を書くのがベストだということがわかりました。


いずれの方法も、クリエィティブワークに没頭しているところから現実に引き戻すためにタイマーを用いています。あるクライアントの仕事にはかなりの時間を要したり、一方で、特定の仕事にかかる所要時間がわかったりするだけかもしれません。クリエィティブワークにかける時間を管理することで、もっと多くのことを達成できるようになります。創造力は使うものであって、それに埋もれてしまうものではないということを忘れないでください。


Two Time-Tricks to Help Avoid Creativity's Rabbit Holes|99u

Stephanie Kaptein(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.