• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  01:00 PM

人に何かを上手に教えるための5つのコツ

人に何かを上手に教えるための5つのコツ

150831_teaching_anything.jpg


Inc.:誰かに何かを教える機会は、ほとんどの人にあると思います。チームを訓練するときや、同僚に指示を出すとき、我が子に勉強を教える機会もあるでしょう。プロの話し手であり執筆者である私の場合も、何かを教える機会はたくさんあります。

私は、それぞれの教育に関して、すべて異なるコンテンツを作って提供しています。視聴者の注意を惹きつける方法は、たとえステージで効果的だったとしても、動画という媒体では効果が出ないものもあります。それぞれのメディアに利点やクセがあります。

きちんと、それらの微妙な点に対処して、それぞれのメディアに注意を払えば、コンテンツをうまく提供できるし、支持者も増やせます。古い手法のまま、新しいメディアを強引に進めようとすると、ほとんどの場合失敗します。

もしも何か重要なことを教えたいのであれば、テーマと情報を考慮するのと同じぐらい、教える方法についても考えなければいけません。これから、それを助ける方法をお知らせしましょう。


1. 聴衆のことを考える


人はそれぞれ学び方が違います。読むのが好きな人もいれば経験から学ぶ人もいます。世代によって、知識や情報を手にする方法は違います。教える前に誰が生徒で、彼らはどのように学ぶかを知りましょう。彼らのベストな勉強方法とニーズに合わせるのです。


2. 内容を細分化する


ほとんどの人は1度に大量の内容を理解できません。少しずつ学び、実際にやってみる必要があります。コンテンツを、アイデアごとに複数のレッスンに分けましょう。短くてもしっかりしたコンテンツが、最終的にはあっと驚くような、説得力のある話の流れになるように作るのです。もし彼らがコンテンツを気に入れば、間違いなくほかのことも学びたがるでしょう。


3. 簡潔に提供する


学び手は煩わしいことは嫌いです。勉強道具が使いにくかったり、理解するまで時間がかかったりすると、あっという間にほかのことに気をとられてしまいます。コンセプトを伝える簡潔な方法を探しましょう。その点、動画は心強い道具で、映像に加えて音、特殊効果などが使えるので、話すよりも早く要点を伝えられます。文字の多いスライドは逆に学習の妨げになりますし、(もしただ読んでいるだけであれば)話し手の準備不足にも見えます。レッスンを簡単にし、忙しくて気が散りやすい人が1発で理解できるようにしましょう。


4. 面白くする


何かを教えたいと思うのは、人と分かち合いたい知恵があるからでしょう。聴衆を喜ばせ、強い印象を与えましょう。視覚効果とユーモアを使うのです。人を圧倒する、ワクワクするような話で要点を伝えましょう。注意を引きつけることができず、喜ばせることもできなければ、彼らは興味をなくし、すべてがおろそかになってしまいます。


5. 行動できる方法を与える


知識をすぐに実践できればより良く学ぶことができます。レッスンの一部をすぐに実践できる機会を与えて、彼らに「やった!」と言わせてあげると、日常に戻ってもそれは彼らの心に残ります。成功体験があれば、彼らはあなたからもっと何かを学ぼうとするでしょう。


5 Important Tips for Teaching Anything|Inc.

KEVIN DAUM(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.