• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

松尾仁松尾仁  - ,,,,  08:00 PM

ソフトウェア開発の手法を用いてカンボジアにリゾート学園都市をつくる。【アジア×ビジネス】

ソフトウェア開発の手法を用いてカンボジアにリゾート学園都市をつくる。【アジア×ビジネス】

150831_cambodia_01.jpg


ライフハッカー[日本版]の編集部員であり、神宮前とシンガポールを拠点とするギャラリーショップ「EDIT LIFE」のプロデューサー・松尾仁が聞き手となって、アジアで活躍する経営者にインタビューをする連載「アジア×ビジネス」。今回は、カンボジアにあるキリロム国立公園内で「リゾート施設」と「グローバルな人材を育成するための大学」を拠点に「リゾート学園都市vKirirom」を構想するA2A TOWN(Cambodia)CO.,Ltd代表の猪塚武さんにお話を伺いました。


選挙落選を経て日本で起業。そしてカンボジアへ。


150831_cambodia_02.jpg


猪塚武(いづか・たけし)

1967年、香川県生まれ。早稲田大学理工学部物理学科、東京工業大学大学院理工学研究科修了。アクセンチュアを経て1998年に株式会社デジタルフォレスト社を設立。会社売却後の2010年、シンガポールに移住。2014年にカンボジアのプノンペンに移住し、A2A TOWN (Cambodia) Co.,Ltdを立ち上げる。元Entrepreneurs'Organization日本支部会長、アジア理事。


松尾:リゾート施設と奨学金制度を導入した大学を拠点とする「リゾート学園都市vKirirom」を20年かけてつくろうとしている猪塚さんですが、そもそもカンボジアで起業されることになった経緯から教えていただけますか?

猪塚:実は元々は、政治家志望だったんです。大前研一さんの主催する塾で勉強して、29歳で出馬したんですが落選しました。その後、1998年に地元の香川県でITベンチャーを立ち上げました。開発したウェブアクセス解析ツールがヒットして中国とインドに子会社をつくったんですが、海外の無料ツールが入ってきて経営が難しくなり、リーマンショックもあり企業に売却しました。しばらくはそのまま社長を続けていたのですが、体制が合わなくて辞めたのが42歳の頃。当時は世界的な起業家組織、Entrepreneurs'Organizationの運営に関わっていたので、各国で行われるグローバルイベントに参加しながら、日本以外で起業するにはどこがいいのかと考えていたんです。アジア圏だけでなく、いろいろな国を見たなかで最も起業環境が整っていたのが、参入障壁が少なくて日本との親和性が高いカンボジア。日本の大企業がまだ本格的に参入していなかったので、有能な現地のビジネスパートナーを見つけやすいところにも魅力を感じました。


150831_cambodia_03.jpg

松林と熱帯植物が共生するユニークな高原地域、キリロム。


松尾:初めからリゾート事業を展開しようと決められていたんですか?

猪塚:初めは農業をしようと思って、各国を視察していました。キリロムはカンボジアの首都、プノンペンから約100キロほどの場所にある高原地で、初めて現地を訪れた2011年に、とにかく軽井沢に似ていると思ったんです。カンボジアは熱帯雨林気候なのに松林があって、道路だけがまっすぐに伸びている。以前は国王の別荘地だったようで、別荘はもう残っていないのですが、整備された道路だけが残っていたんです。ビジネスパートナーである現地の旅行代理店の事務局長から「ここはカンボジアの一大リゾートになりうる」という助言もあって、リゾート開発をやってみようと決意しました。それでカンボジア政府から国立公園内の一部、約2000ヘクタールの土地を借り受けて、事業を始めました。


ソフトウェア開発の手法で、学園リゾート都市をつくる。


150831_cambodia_04.jpg

「リゾート学園都市vKirirom」の核となるレストランとスタッフたち。


松尾:リゾートをつくろうと決められてから、初めに描いたビジョンはどのようなものだったのでしょうか?

猪塚:ビジョンというよりは、まずはやってみようという感覚ですね。元々ベンチャーを約10年やっていたので、何かを始めるときはそういうものだと思っていました。小さな規模で、思いついた全てのことをまずはやってみる。もちろんやっていくと失敗もありますけど、その過程をいろいろな方に見てもらうんです。すると必ずフィードバッグがある。これはITでいうアジャイル(ソフトウェアを開発する際に、短い開発期間で小さな失敗を繰り返し、リスクを最小限に抑えるという軽量な開発手法群の総称)と同じ考え方ですね。自分のFacebook内で、リゾートを作るプロセスを公開しながら、いわば"アジャイル都市開発"という手法でアイデアを集めながら進めていこうと思ったんです。

松尾:ソフトウェア開発の手法を都市開発に置き換えるとはユニークですね。

猪塚:建築物も、現地の建築士やインターンを雇用して自分たちでつくっています。世界で活躍されている建築家や大学教授に旅行がてら来てもらって、アドバイスをいただくこともあります。宿泊費のみをこちらが負担して来ていただくのですが、せっかくお越しいただくのでその時間を楽しんでもらうためにも、レストランやバンガローなどリゾート施設の充実を計っているんです。そうやって必要なものを少しずつ、小さな都市をつくるような感覚で生み出しています。


カンボジアの優秀な人材を育てるベースに。


松尾:元々は政治家を目指されていたということですが、このプロジェクトには都市をつくるという意味合いも大いに含まれているように思います。リゾートと大学とは、どのように結びついたのでしょうか?

猪塚:このプロジェクトを進めるために、一番の課題が人材でした。20年がかりの壮大な計画なので大量の働き手、ワーカーが必要になります。でもカンボジアには質の高い大学がなくて、若くて優秀な人材が不足しています。雇用の場所は自社のプロジェクトにあるので、人材さえ育成できればという考えから大学をつくることを決めました。これも"アジャイル都市開発"の一環ですね。大学は今年の11月にオープン予定ですが、モデルケースとして既に20名強の学生が所属しています。


150831_cambodia_05.jpg

施設内に唯一あるコンビニの運営も大学の授業のひとつ。大学は全寮制で学費、生活費は全額奨学金。


松尾:学生たちは何を学んでいるんですか?

猪塚:IT系の経営を学ぶバチュラーコースのようなイメージです。昔のIT事業者は技術だけで成り立ちましたが、今はアカウンティングやマーケティング、マネジメントと、あらゆる視点が求められます。僕たちは都市をつくろうとしているので、やるべきことは大量にある。インターンの学生と一緒に、電気が通っていない場所にソーラーパネルを設置したり、ホテルのPOSシステムのソースコードをカスタムしたり、ドローンのプログラミングをしたり。彼らには会社のホームページも作ってもらっています。まだデザインがあまり格好良くないんですけど、急速に良くなっています。

ほかにも施設に唯一あるコンビニ、といってもお土産ショップのようなものですけど、その運営も任せています。今はセキュリティについて学んでもらうために、「万引きをされないためには?」というお題だけを出しているところ。現状、月の売上がまだ10万円ぐらいなので、次は売上を10倍にするという課題を出そうと思っています。すると、どのように集客するか、利益率をあげるために単価の高いものを取り扱うか、など、学生が自分で考えますよね。自分たちでやってみて、失敗したら原因を考えて修正する。それが大切だと思っているんです。


150831_cambodia_06.jpg

「リゾート学園都市vKirirom」で提供している人気アクティビティ、バブルフットボール。


猪塚:先日も学生がバブルフットボールの大会を運営して、集客がうまくいかず失敗に終わりました。担当した生徒も悔しかったようで、イベント運営のためにはマーケティングとリレーションシップが大切だと気づいたようですよ。各プロジェクトを外注するのではなく、学生ができる実践はすべて授業に関連づけられるのが、うちの強み。卒業後はきっと、幅広い分野で活躍する有能な人材になると思っています。

松尾:奨学金制度を利用して学んだ学生が、ゆくゆくはカンボジアを牽引する人材になる。企業にとってもいい投資ですね。先生はどこから招いているんですか?

猪塚:世界で活躍されているさまざまな分野の講師に旅行がてら来ていただくとともに、フィリピンから英語講師を、インドからIT講師と、多様性のある講師陣が魅力だと思っています。基本的には「Teach」や「Study」ではなく「Learn」という考え方を大事にしています。教えることも、教わることも学びなので、先生も交換留学生もインターンも世界中からいろんな方を受け入れています。日本の学生がインターンで来て、刺激を受けて帰っていくこともありますよ。


日本のやり方を押し付けず、国にあった方法を考える


150831_cambodia_07.jpg

プロジェクトには、現地の建築士20名ほども所属。


松尾:学生のほかに現地の従業員もたくさんいらっしゃると思います。カンボジア人の仕事観、働く姿勢についてはどのように感じますか?

猪塚:何のトレーニングも受けていないですから、正直なところ生産性は低いと思います。でも、1人あたりの給料は月に100〜200ドル。日本人を雇うと月に2000ドルかかりますから、20名のカンボジア人と1名の日本人のどちらがいいのかという観点で考えて、地元の従業員たちの能力で成立する方法を模索しています。現在では200名ほどの現地従業員がいて、ほとんどが建築部門のワーカーです。生産性を上げるために、日本で技術を学ばせるという方法もありますけど、家庭が分断して日本のような少子化社会になってしまう。同じことをカンボジアでするわけにはいかないですからね。同じ理由で父親を雇って単身赴任させるのもよくないので、基本的にワーカーの採用は家族採用。中には30人家族だと申請してきたワーカーもいて、さすがにそれはお断りしました(笑)。今はまだマネージャークラスの人材が育っていないので、プロジェクトを取りまとめて報告する立場の人がいない。そのため今は僕の負荷が大きいですが、極力彼らに仕事を任せながら、根気強くマネージャーを育てていこうと思っています。働く人数が多いため、「経過と報告を共有する」日本の企業のような組織体勢を築くことが大事だと考えています。


他にはない体験を提供する宿泊施設。


150831_cambodia_08.jpg

「Once in Life style」のコンセプトに基づいたアフリカンスタイルのバンガロー。


松尾:宿泊施設は、どんな方が利用されていますか?

猪塚:中流層〜富裕層のカンボジア人から外国人までと幅広いです。全体のコンセプトは「Once in Life style」。他のリゾートでは味わえないことを経験できる場所にしたいんです。最近「グランピング」という言葉が流行りつつありますよね。グラマラスとキャンピングをかけ合わせた造語なんですが、大自然の中で高級ホテル並みに快適な暮らしをするという、いわば贅沢なキャンプです。ここではそんな体験を提供したいと思っているんです。


150831_cambodia_09.jpg

施設内にはさまざまなデザインの宿泊施設がある。


猪塚:キリロムの価値は自然に基づいていますから、開発にはランドスケープを大事にしています。なるべく木を伐採せずにリゾートを作っているのは、自然保護の観点からだけでなく、資産価値を上げることにも繋がります。たとえば、あるバンガローはカンボジア人の建築士と日本人のインターン生が一緒にデザインしているんですが、日本人の文化である「縁側」をテーマにデザインしても、カンボジア人の感性が加わることで新しいテイストの建物になる。そして室内にはちゃんとキングサイズのベッドがある。そのギャップも楽しいと思います。藁葺き屋根のクメールコテージや、ドラム缶をモチーフにしたパイプルームなど、さまざまな建築に挑戦していることも魅力だと思います。


150831_cambodia_10.jpg

カンボジア政府関係者も登壇したグランドオープニング。


松尾:すでにお客さんを入れてマーケティングをされている最中なんですよね?

猪塚:はい。6月にはカンボジア政府の環境大臣にも登壇いただいてグランドオープンしました。まずはカンボジア人のお客さんに宿泊してもらいたかったので、ホテルの格付けのランクは0〜3のスターレベルが中心です。カンボジアでは行政の許可が下りるのに時間がかかるので、最初はホテルをつくっても運営できなくて、キャンプ場サービスを先に提供しました。これも小さな失敗と施策を繰り返す、"アジャイル都市開発"の考え方ですよね。

キャンプ場は通常、上限200名ほどで稼働しているんですが、先日、バス24台で1000人の団体客が来ました。日本人ならキャパシティオーバーで断る状況ですが、カンボジアの従業員たちは受けてしまうんですよね。1000人規模のオペレーションは正直まだ整っていなかったので、日本のサービスに比べたら至らない所がたくさんありましたが、お客様には、楽しんで帰っていただけたようでほっとしました。


150831_cambodia_11.jpg

施設内のキャンプサイト。個人の外国人観光客や、地元企業の団体旅行に利用されることが多いそう。


松尾:今後の展開については、いかがですか?

猪塚:これからは、富裕層や海外のお客を獲得するために、高級ゴルフリゾートをつくってブランディングを確立しようと思っています。この層のお客様とは、別荘を購入いただくことで、そのお金が大学の運営費にまわるような仕組みを作っていきたいですね。

松尾:先日、東京でプロジェクト発表のためのカンファレンスを行われましたが、日本の投資家たちはこのプロジェクトに対してどのような関わり方ができると思いますか?

猪塚:不動産に興味のある方は別荘の購入を、雇用に興味のある方は大学の運営費のサポートをと、いくつかのレイヤーで考えることができると思います。学生には4年間、こちらの投資企業で働くというルールを設けているので、奨学金を負担していただくことで採用コストをゼロにすることもできます。プロジェクトの発展とともに社会が発展していくような事例をつくれれば嬉しいですね。また、プロジェクト自体への投資家については、活動の方向性を理解していただける方を探したいと思っています。


150831_cambodia_12.jpg

赤坂で行われたカンファレンスの様子。イベントには駐日カンボジア参事官も登壇。




猪塚さんがアジア進出をした背景には、「これからの日本の未来に危機感を抱いている」ことがあるそうです。リーマンショック、震災を経て、その先の日本の経済はどうなっていくのか。もしも今後、日本の経済が崩れることがあっても、アジアに拠点があれば、日本とカンボジアの企業が協力することで生き残ることができる。そんな想いとともに、「リゾート学園都市vKirirom」のプロジェクトは始まったそうです。将来的にはキリロムの卒業生が日本の企業で働いたり、日本の企業がキリロムの卒業生と一緒にアジアでビジネスをする可能性も多いにあるのではないでしょうか。

カンボジアのリゾート学園都市は、実は、カンボジアだけでなく、日本の未来にとっても大切なプロジェクト。大きな志を持って政治家のような活動を続ける彼が手がけるプロジェクトの、今後の展開が楽しみです。


(聞き手/松尾仁 文/宗円明子)

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.