• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  11:30 AM

メモを見直す習慣をつけ、「発想術」を磨こう

メモを見直す習慣をつけ、「発想術」を磨こう

150828_idea_memo.jpg


99u:私たちが日々の生活で浮かぶアイデアは、メモ帳に書き留めておくことが容易にできます。一度、あなたが書き溜めているメモ書きを見直してみると、自分のアイデアの傾向やテーマなどが見つかります。それらを組み合わせることで、アイデアを洗練させることができます。たとえば、仕事とプライベートの時間では異なる視点のアイデアを結びつけることなどです。このようなことを積み重ねることで、今まで考えもつきそうになかった、素敵なアイデアが浮かんでくるかもしれません。今回は、そのようなアイデアの発想の仕方に関するお話をご紹介します。


ニューヨークでクリエイティブディレクターとして活躍しているKevin Lyons氏は、アパレルブランドのStussyが行ったインタビューで、モンスターのらくがきをよく娘さんに渡していたと語っています。彼の娘が小さい頃、学校のランチが美味しくなかったらしく、それが嫌でランチをまったく食べていなかったそうです。彼は毎日、娘にモンスターが「好き嫌いすると足を折っちゃうぞ」などと言っているイラストのメモを渡していました。ランチが美味しくなった後ですら、らくがきを渡し続けたそうです。すると、娘が卒業したころには、モンスターのコレクションが出来上がっていました。そしてLyons氏は、そのコレクションをアートワークに入れ始めたのです。

一度自分のメモを見直してみると、Lyons氏のようにテーマや傾向があることに気づくでしょう。テキサス州在住のアーティストのAustin Kleon氏の著書『Show Your Work』には、メモを見直すことは自分のアイデアをうまく活用する方法だと書かれています。

自分のアイデアの傾向やパターンを理解すると、それらを集めて上位概念に昇華することができます。たとえば、この『Show Your Work』という本に記載されているアイデアは、当初Twitterへの投稿から始まりました。それがブログになり、その後、本となりました。ちょっとしたアイデアでも、時間をかけると大きなアイデアにすることができます。

まずは常にメモ帳を持ち歩くようにしましょう。アイデアを覚えていなければ、後になってそれらを組み合わせることはできません。次に、1つのメモ帳にすべてのアイデアを集めておきましょう。クリエイティブな人たちのように、それぞれ違うテーマごとに多数のノートを用意するといった誘惑に駆られるかもしれません。しかしそこは自制して、メモを見直す際にたくさんのノートをめくる必要がないようにしましょう。

1つのメモ帳を使うことで、きちんと整理させていない小さなアイデアにも気づくことができます。これらの小さなアイデアは本当に価値のあるものです。Lyons氏は、自分のアイデアの活用の仕方を、次のように語っています。

たとえ自分が何をしたとしても、私はアーティストではありません。自分でもそう言っています。他人が私のことを皮肉が多く、不真面目だと見なしていることを、私は知っています。しかし、実際の私は違います。なぜなら私はいつも、「アート」とみなさんが思うことをしているときでさえも、デザイナーの考え方で物事に取り組んでいるからです。私は雑誌をつくっていますが、内容は電話中に書いたモンスターのメモのようなものがほとんどです。

この他にも、自分のアイデアをオンラインのプラットフォームに公開するという方法もあります。自分のアイデアを公開することで、アイデアの特徴をとらえることができるだけでなく、他人からフィードバックや助言を得ることができます。公開したアイデアの共通な点がわかったら、それらを発展させ、最終的にどのようなアイデアになるのか試してください。無駄なアイデアはありません。ぜひ、あなたの小さなアイデアを生かしてください。


Why You Should Carry a Notebook with You Everywhere|99U

Stephanie Kaptein (訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.