• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

朝絶対に起きられる「目覚まし装置」の値段

朝絶対に起きられる「目覚まし装置」の値段

150828yasuragi.jpg


今まで寝坊した朝に、こう思ったことはないでしょうか? 「絶対起きられる機械でもあれば、いくらでもお金を出すのに...」

そんな機械、実はあるんです。睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)」の記事より、詳細をお伝えします。


始発のJR乗務員を起こす秘密兵器


「絶対に起きられる目覚まし装置」が誕生したのは、実は1964年まで遡ります。その名も「自動起床装置 やすらぎ」。布団の下に入れて使い、時間になると空気袋に送風機から空気が送られます。


当時の国鉄では、起床時刻の異なる乗務員が、同じ部屋で仮眠をとっていました。普通の目覚ましを使うと他の乗務員まで起こしてしまうため、"起こし番"と呼ばれる職員が、特定の人を起こしてまわっていたそうです。

そこで、「複数の人が眠っている宿泊所で、起きるべき乗務員だけを起こせる装置を開発してほしい」と依頼を受けて開発に着手。音を出さない「やすらぎ」は、周りを起こさず起床できると、好評を博しました。その後、改良が重ねられ、現在でもJRをはじめとする鉄道各社や消防署などで活用されています。


この装置が生まれて50年以上も経っているものの、まだ現役として使われていて効果は期待できそうです。果たしてお値段は...? 下記のリンクから確認してみてください。


朝弱い人必見! 絶対寝坊できないときに使いたい、超強力目覚ましとは|Fuminners(フミナーズ)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.