• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  06:00 PM

Macのセッティングが楽チンに!『Homebrew Cask』でソフトを簡単インストール

Macのセッティングが楽チンに!『Homebrew Cask』でソフトを簡単インストール

150823_homebrew_cask.jpg


Macをお使いの方に朗報があります。

買ったばかりの新しいMacのセッティングで1番面倒なのは、今まで使っていたソフトウェアをすべて探し出してダウンロードする、一連の作業ではないでしょうか。時間はかかるし、退屈だし、時間のムダとしか思えないことがほとんどでしょう。しかし、ありがたいことに、『Homebrew』『Homebrew Cask』という2つのユーティリティを使えば、ちょっとした設定だけで、このプロセスをすべて自動化できるのです。これなら、自力でいちいちソフトを探してくる手間ともおさらばできますよ!


『Homebrew』って何?

Homebrew 』は、コマンドラインユーティリティで、マシンにインストールするアプリのほとんどを、自動ダウンロードしてくれます。基本的には、それぞれのソフトについて、Macの『ターミナル』にコマンドを1行打ち込むだけで、ダウンロードとインストールが完了します。ブラウザでお目当てのソフトを検索し、ダウンロードし、インストーラーを起動する、といった面倒な作業は要りません。『Chrome』や『aText』など、多くのソフトが『Homebrew』経由のインストールに対応しています。

一度、『Homebrew』をセットアップしてしまえば、インストール用のスクリプトを保存しておけるので、新しくしたMacのセットアップもあっという間です。基本的には、『Homebrew』はソフトウェアのダウンロードとコンパイルを簡略化するユーティリティだと言えるでしょう。多くは、「GitHub」のようなサイトからソースコードをダウンロードすることで、自動化を実現しています。

加えて必要になるのが『Homebrew Cask』です。これを使えば、よく使っているプログラムを『Homebrew』経由で一括ダウンロードできます。『Homebrew』がどちらかと言うと開発者向けツールのインストールをメインにしているのに対し、『Homebrew Cask』では、『Chrome』や『Spotify』など、より一般的に使われているソフトウェアのインストールが可能です。ということで、『Homebrew』と『Homebrew Cask』の両方をインストールしましょう。


ステップ1:『Homebrew』と『Homebrew Cask』をインストールしよう


最初に必要な作業は、『Homebrew』のインストールです。では、『ターミナル』を開きましょう(「アプリケーション」フォルダから「ユーティリティ」へと進むと見つかります)。そして、以下のコマンドを入力してください:

この作業が終わったら、次に『Homebrew Cask』をインストールして『Homebrew』と連携します。以下の2行のコマンドを『ターミナル』に入力してください:

brew tap caskroom/cask
brew install caskroom/cask/brew-cask

これでインストールは完了です! あなたのMacには『Homebrew』と『Homebrew Cask』がインストールされました。


ステップ2:『Homebrew Cask』の機能を知ろう


ステップ1で『Homebrew』と『Homebrew Cask』をインストールしたら、次は『Homebrew Cask』のさまざまな機能を知る番です。新しいマシンにソフトをインストールするスクリプトの作成だけが目的なら、このステップを飛ばしてステップ3に進んでも問題ありません。しかし、実際の作業に入る前にこのユーリティティに関する知識を身につけておけば、何かと役に立つはずです。

『Homebrew Cask』には、覚えておくと便利な基本コマンドがいくつかあります。なかでも使用頻度が高いのが、「検索」「インストール」「アンインストール」「クリーンアップ」の4つです。

インストールには、以下のコマンドを打ち込んでください:

brew cask install [アプリ名]

アンインストールならこちらです:

brew cask uninstall [アプリ名]

『Homebrew Cask』では、それぞれのアプリに対応する名前がついていますが、これは普段使われているアプリ名と必ずしも一致しません。ですから、使いたいアプリの『Cask』内での名前がわからない時は、以下のコマンドで検索するといいでしょう:

brew cask search [アプリ名]

また、『Homebrew Cask』でインストール可能なアプリすべてを一覧表示させたい時は、以下のコマンドを入力してください:

brew cask search

ソフトウェアをインストールしたあとに、以下のコマンドで『Cask』のクリーンアップ機能を使えば、不要になったダウンロード済みファイルをまとめて消去できます:

brew cask cleanup

通常使うコマンドはこれくらいですが、『Homebrew Cask』にはほかにも数多くのコマンドがあります。すべてのコマンドを一覧で表示したいなら、以下のように入力してください:

brew cask

この一覧を見ると、『Homebrew』と『Homebrew Cask』でできること、できないことがかなりはっきりと把握できるはずです。


ステップ3:インストール用スクリプトを作成しよう


では、インストール用スクリプトに入れたいプログラムをすべてリストアップしてみましょう。そのためには、必要なアプリが『Homebrew Cask』に対応しているかの確認が必要です。1つずつ検索してみましょう。たとえば、『Chrome』をリストに入れたいなら、まず以下のコマンドで探してみます:

brew cask search chrome

すると、次のような検索結果が表示されるはずです:

==> Partial matches 
chrome-remote-desktop-host google-chrome chromecast

これを見れば、「google-chrome」が必要なプログラム名だと見当がつきます。では、テキストエディタを使い、この情報を含めたスクリプトを作成しましょう。

いつも使っているテキストエディタを開き、新しくスクリプトを作ります。最初に、これがスクリプトだと知らせる必要がありますから、1行目に#!/bin/shと記入します。続けて、それぞれのソフトについてインストールコマンドを書き込んでいきます。

以下にスクリプトの一例を示しますが、これは米Lifehacker Pack for Mac 2013と拡張パックに掲載されている、すべてのソフト(ただし『Wunderlist』を除きます)をインストールするためのリストです。

#!/bin/sh 
brew cask install quicksilver
brew cask install notational-velocity
brew cask install evernote
brew cask install atext
brew cask install google-chrome
brew cask install sparrow
brew cask install adium
brew cask install skype
brew cask install reeder
brew cask install vlc
brew cask install handbrake
brew cask install plex-media-server
brew cask install picasa
brew cask install spotify
brew cask install dropbox
brew cask install utorrent
brew cask install skitch
brew cask install growlnotify
brew cask install crashplan
brew cask install the-unarchiver

リストの入力が終わったら、ファイルに「caskconfig.sh」という名前をつけて保存しましょう。このスクリプトは新しいマシンでの実行を想定して作ったものなので、『Dropbox』のようなクラウドストレージサービスや、USBメモリなどの外付けドライブに保存しておくと良いでしょう。保存を済ませたら、スクリプトを実行可能にしましょう。『ターミナル』に戻り、スクリプトファイルが保存されているディレクトリに移動し、こう入力します:

chmod a+x caskconfig.sh

さて、それでは、新しいマシンにステップ1で説明したやりかたで『Homebrew』と『Homebrew cask』をインストールしましょう。次に、先ほど保存しておいた「caskconfig.sh」ファイルを新しいMacのホームディレクトリに移し、以下のコマンドを『ターミナル』に打ち込めば、リストに入っているアプリがすべてインストールされます:

./caskconfig.sh

これで完了です! このように、いつも使っているソフトを入れたインストールパッケージをあらかじめ作っておけば、新しいMacにアプリをインストールする作業がぐっと楽になるというわけです。


Thorin Klosowski(原文/訳:長谷睦/ガリレオ)


Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.