• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,,,,  11:00 AM

音声を使ってシンプルで効果的な時間管理を

音声を使ってシンプルで効果的な時間管理を

150818_computers_times.jpg


99uThe Next WebのリポーターであるOwen Williams氏は、ノートパソコンに隠された、極めてシンプルながらとても便利な、生産性を上げる方法を発見しました。それは、Mac OS Xのシステム環境設定『日付と時刻』を使い、1時間ごと、あるいは30分ごとに、音声で時間を知らせてもらうというものです。


実際、私は、1日のうちにどんなことに時間を使ったか、どのくらいの時間を使ったかをしっかり把握できるようになりました。

1日の大半をパソコンの画面をのぞき込んでいる頭脳労働者なら、わかると思いますが、午後5時頃になって、仕事が完了していないことに突然気づくというのはよくあることです。

しかし、パソコンが時間を音声で知らせてくれれば、定期的にタスクを思い出して、対応することができます。この面白い方法で、長い時間集中して執筆できるようになり、無駄な時間が減りました。


時間に責任を持つというのは、 作家のLaura Vanderkam氏の有名な著作『 168 Hours(168時間)』で紹介された概念でもあります。時間に責任をもつようにすると、生産性のない時間を最小化して、仕事に集中できます。しかし、時には仕事の枠を超えて横道にそれることも、創造活動には必須です。そこで、定期的なお知らせがあれば、集中する時間と横道にそれる時間の、ベストなバランスを確実に保つことができます。

ただ、Windowsの場合、設定はできますが、適正なお知らせを出すには少し複雑な設定が必要です。


Use Your Computer's Date/Time Settings to Keep You On Task|99u

Allison Stadd(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.