• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

田中宏和

田中宏和

 - ,,,,,,,,,  01:00 PM

リスナータイプ別。Apple Music/AWA/LINE Musicのどれを選ぶべきか

リスナータイプ別。Apple Music/AWA/LINE Musicのどれを選ぶべきか

150809_streaming_top.jpg


過去にもいくつかあった「定額音楽配信サービス」ですが、日本では今ひとつ根付くことがありませんでした。世界的には「Spotify」が成功を収めている中、日本では2015年の夏に「Apple Music」「AWA」「LINE Music」の3つのサービスが登場しました。

新しい音楽習慣をもたらすかも知れない3つのサービスのうち、どれを選ぶべきか迷っている方のために、分かりやすく比較してみました。


定額音楽配信サービス比較表(2015/08/25 現在)

Apple Music AWA Line Music
無料期間 3カ月間 90日間 なし
※30日分で60日間使えるキャンペーン中
金額 【個人利用】980円/月額
【家族での利用】1480円/月額
※本人含め6名まで
【Standardプラン】960円/30日間
【Liteプラン】360円/30日間
※機能制限あり
【Freeプラン】無料
※機能&時間制限あり
【標準プラン】1000円/30日間
【20時間制限付】500円/30日間
【学割】600円/30日間
【学割・20時間制限】300円/30日間
オフライン
再生
音質 256kbps
※回線を自動判別し、音質を落とす機能あり
320kbps
※Wi-Fi接続時のみ
128kbps
96kbps
64kbps
320kbps
192kbps
64kbps
レコメンド
(学習機能)
×
共有機能 曲をもらった人もサービスに加入していれば再生可 曲をもらった人もサービスに加入していれば再生可 iPhone版Lineのみ、非加入でも30秒の視聴が可能
おもな特徴 PCとの連携が協力 軽快&オシャレ 邦楽に強い
対応
デバイス
iOS
Windows
Mac OS X
Android(2015秋予定)
iOS
Android
PCアプリは準備中
iOS
Android
Windows
Mac OS X
※ただしSafariは対象外

上の表を見れば、まずは大まかな比較ができると思います。


どのような人が、どのサービスに向いているのか


それでは、具体的にどのサービスを選べばいいのか、タイプ別に見ていきましょう。


1. 邦楽がメインという場合

「AWA」「LINE Music」のいずれかが向いています。双方とも、日本発のサービスということで、邦楽の充実度は高めです。一方、日本版の「Apple Music」には、4大レーベルの一つ「ソニー・ミュージックエンターテインメント」が参加していないこともあり、邦楽のトレンドを追いかけようとすると、抜けが散見される状態になっています。


2. 洋楽がメインで、インディーズなどの発掘にも使いたいという場合

一方、ジャンルを問わず海外のレーベルを追いかける場合は「Apple Music」が向いています。気に入った曲に出会ったら、ハートマークの「ラブ」を積極的にタップし、好みの曲が集まってくるように育てていきましょう。


3. 部屋での作業中やパーティーなどのBGMとして使いたい場合

スマートフォンで利用していると、電話の着信や通知音などによって、曲が中断してしまいます。このような場合には、パソコンからの再生にも対応できる「Apple Music」「LINE Music」が向いています。

以上の点を押さえておけば、大きく外すことなく各々のサービスを楽しめると思います。


楽曲数では選べない


どのサービスも、楽曲数は数百万曲と言われていますが、オルゴールによるインストルメンタル曲など、カウントに値しないと思われる楽曲なども含まれているため、それぞれの数値はハリボテだと考えておく方がいいでしょう。

むしろ、自分にとって好みに合う曲が多いか少ないかの方が問題となりますが、いずれのサービスにおいても、アーティストや曲目のリストは明らかにされていません。
したがって、無料期間も用意されていることですから、好きなアーティストが曲を提供しているかどうか、使って検索してみる必要があります(「LINE Music」の無料期間は終了してしまいましたが)。

なお、邦楽、洋楽のそれぞれについて、いくつかのアーティストをピックアップして確認してみました。

※平成27年8月15日現在。邦楽のリストは、オリコンUSENDAMカラオケランキングなどを、洋楽のリストについては、ビルボードを参考にしました。

私がピックアップしきれていないアーティストについては、お手数ですが、各自で検索してみていただければ。(残念ながら「LINE Music」の無料期間は終了してしまいましたが)


プレイリストとレコメンド(学習機能)


いずれのサービスも、プレイリストは充実しています。聴いたことのなかったアーティストにも出会えると思いますし、ぜひ積極的に活用してほしいところ。

ただし、レコメンド(学習機能)については、もう少しかゆい所に手が届けばいいのに、と思わされますし、「LINE Music」にはそもそもこの機能はありません。
ユーザーの嗜好に合った楽曲が次々に紹介されるようなサービスができれば、そのサービスの独壇場となりそうですが、今はいずれにも、そこまでの切れ味はありません。

今回、どのように「レコメンド」が機能するのか、「Apple Music」と「AWA」とで実験してみています。
双方で、同じ曲にハートマーク(星マーク)を付けていき、どのようにレコメンドされるのか、結果を見るという方法です。

以下のリストに従って、曲を最後まで再生し、「いいね!」していきます。

テイラー・スウィフト|Red/Sparks Fly/22
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ|Universally Speaking/Cabron/Scar Tissue
アヴリル・ラヴィーン|Fly/Rock N Roll/When You're Gone
絢香|三日月/melody/タユタ
エミネム|Love the Way You Lie/When I'm Gone/Lose Yourself
Superfly|愛を込めて花束を/No Bandage/Alright!!
ドリーム・シアター|The Enemy Inside/Metropolis, Pt. 1/Panic Attack
鬼束ちひろ|流星群/螺旋/月光

結果は、こちら。


150816_streaming_am.jpg


「Apple Music」は、上のように。


150816_streaming_awa.jpg


そして、「AWA」は上の状態。

いずれも、いま流行っている曲の中から、ざっくりとジャンル分けし、紹介されているだけというのが、お分かりいただけるでしょうか。「Apple Music」がAvril Lavigneを引っ張ってきた以外、「おお、それ持ってきたか!」という感想にはならないのですね、個人的に。

もっとも私の趣味はかなり偏っていますから、あくまで個人的な感想に過ぎないということは言えます。もっと時間をかければ、さらに精度が上がってくる可能性もあるでしょうし、新たな曲との出会いを提供してくれる場であることには、変わりはありません。


4G/3G通信での利用で、どの程度データ量を消費するのか


150809_streaming_02.jpg


上の図は、ある日の私のデータ通信量を計測したものです。この日、友人とバーベキューを楽しんだのですが、午前11時から午後3時までの4時間、「AWA」の「Normal音質(96kbps)」で曲をかけっぱなしにしていました。

再生中、モバイルデータ通信量がグングン上がっていますが、1カ月のデータ利用量上限7GBを日割りにした231MBには届いていないのがお分かりでしょうか。およそ1時間で50MB程度となりますので、上限が毎月3GBの格安プランでも、月に60時間くらいは聴ける計算となります。

また、「Apple Music」「LINE Music」ならオフライン再生にも対応できますし、自宅などでWi-Fiを活用すれば、モバイルデータは消費せずに済みます。
ほぼ毎月、データ通信量が上限に近いというヘビーユーザーでなければ、使用データ量についてはそれほど神経質にならなくても良さそうです。


まとめ


細かい違いはありますが、もう少し頑張って欲しいポイントはありますが、基本的にはいずれも、音楽好きなら契約して損はないサービスだと言えます。

上で述べたポイントに気をつけていただければ、「何となく流行っている曲くらいはチェックしておきたい」というライトなファン層から、「特定のアーティストにしか興味がないし、結局はコレクションとして新盤CDを買ってしまう」ヘビーなファン層、果ては「CD屋さんに入ったら、好きなジャンルの棚全部を買ってしまいたくなる」というコア層まで、あらゆる層をカバーできるサービスだと思います。

ぜひ、これらのサービスを使って、新たな音楽との出会いを楽しんでください。


(田中宏和)
Photo by GATAG.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.