• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

「夏キャンプ」の眠りを改善する2つのアイデア

「夏キャンプ」の眠りを改善する2つのアイデア

150811camping.jpg


夏といえばキャンプ。この夏に初めて計画する、という人も多いのではないでしょうか? ただ、準備をするにも、見落としやすいポイントがあります。それはキャンプで快適に眠るための準備です。

意外と忘れがちですが、眠るための準備を怠ると睡眠が不足していると翌日に疲れが残ってしまったり、体調を崩してしまったりする原因になります。今回は、睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)」の記事より、キャンプで快適な睡眠をとる2つのアイデアをお伝えします。


最大の敵は「暑さ」


暑い日が続く今年の夏に必要なのが「暑さ対策」です。キャンプ&アクティビティマガジン『ガルヴィ』の國吉晋平編集長によると、「重要なのは、寝室となるテントとテント内のアイテム選び」とのこと。


テントは「ベンチレーター」と呼ばれる換気窓がついているかをチェック。換気窓がないと内部の熱がこもったままとなり、サウナ状態に! 現地では昼の間、窓を開けて換気をしておきましょう。


そして、暑さでもう1点気をつけておきたいのが、地熱です。


暑さに拍車をかけるのが地熱。テントの薄い布だけを挟んで、じわっと熱い地面に接している状態なので、とにかくテント内が暑く、サウナのような状態となってしまうんです。

(中略)

地熱から少しでも離れ、地面の硬さや不均衡さに影響されないために役立つのが、テント内に敷く「マット」。1人用からテント内全体に敷きつめるタイプまでさまざまなものがあるので、用途やテントのサイズに合わせて選ぼう。最近の主流は空気を入れて膨らませる「エアベッド」。空気を抜けば持ち運びも便利で、さらにクッション性にも優れており、ベッドのような快適な寝心地に。


下のリンクからは、虫対策やキャンプ設営地選びのコツも紹介しています。ぜひ確認してみてください。


事前準備が命! キャンプ初心者でも快適に寝るための3つの対策|Fuminners(フミナーズ)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.