• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  08:00 PM

ピンチをチャンスに。上司が会社を辞めるとき、あなたがとるべき4つの行動

ピンチをチャンスに。上司が会社を辞めるとき、あなたがとるべき4つの行動

150722_boss.jpg


最近は日本でも、ひとつの会社で社会人人生をまっとうする人は少なくなってきました。どんな職場でも人が変わることはほぼ間違いなくあるとわかっていながら、自分の上司がいなくなるとは思っていない人が多いです。

誰かが会社を辞めるとそれなりにダメージがありますが、それが自分の上司であればなおさらです。どんな上司であれ、同じ部署やチームで一緒にやってきた人です。

私は14年間上司がいる環境で働いていましたが、多くの人がさらに良い環境を求めて移っていくのを見ました。万が一、上司が会社を辞めることになったときのために、いくつかの注意事項を紹介しておきましょう。


動揺しない


自分の上司が初めて会社を辞めて、独立したときのことは一生忘れないと思います(当時は、私たちは誰かが起業する時は「卒業」と呼んでました)。上司や同僚が辞めて起業するのを何度も経験し、今はそれくらいでは何とも思いませんが、当時はひどく動揺しました。会社に何か悪いところがあり、上司がいなくなるのは問題が起こりそうだからかと思っていました。それで、自分の仕事も危ういのではないかとか、売上が減るのではないかとか、会社の評判が悪くなるのではないかと勘ぐりました。

主戦力だった人が辞めるときに、あらゆることを懸念するのは当然ですし、賢いことだと思いますが、そんなことはあまり気にせず自分のベストを尽くすようにしましょう。上司だって人間です。自分のキャリアにとって良いチャンスにめぐり合ったら、それを追いかけたくなるのはまったくもって普通のことです。自分ではどうしようもないことに動揺していると、前に進めなくなります。


探りを入れる時は慎重に


ベテランが辞めるとき、平和だった場所に波乱が起こることがあります。たとえば、10年以上も一緒に会社を共に育ててきた、創立時からのパートナーが突然"卒業"したときは、急に世界中を航海することに興味をもったのかもしれないと疑わずにはいられませんでした。

したがって、こっそりと探りを入れておけば、情報も手に入るし、心の準備もできます。可能な限り、情報元に直接聞くようにしましょう。つまり、うわさではなく上司から話を聞いてみるということです。上司に直接聞けなかったり、話を聞くもっともらしい理由がなかったりする場合は、少し周辺調査をしなければなりません。

社内で聞き回る時は、できるだけ尊敬できる上司と同じくらいの立場の人にだけ聞くようにしましょう。上司が去るのが残念だと伝えつつも、旅立ちを祝福します。それから、上司が次に何をするのか知っているかを軽く聞いてみます。相手の答えで、上司が次に何をするかだけでなく、それに対してどう思っているかもわかります。

本人以外に聞いた二次情報が事実かどうかはわかりませんが、上司が会社を辞めるのが何かしらのトラブルのせいなのか(だったらあなたも気をつけた方がいいです)、それとも周囲が心から祝福するような理由なのか、ヒントのようなものが得られるはずです。


個人的に受け取らない


数年前、大好きだった上司が会社を辞めたとき、個人的な感情で受け取ってしまいました。何年もかけてすばらしい関係を築き、上司は私にとってかけがえのないメンター(精神的な支え)になっていました。その上司が会社を辞めることがわかったとき、私は心が折れてしまいました。しかも、身勝手なことに「どうして私に対してそんなことができるんだろう?」とさえ思っていたのです。

上司が会社を辞めるときに、落ち込んだり、見捨てられたと思ったりするのは当然かもしれませんが、会社を辞めるという決断は、おそらく複雑で個人的な理由があり、軽い気持ちではないということを忘れないようにしましょう。上司も、自分が辞めることで部下やチームに迷惑をかけるだろうということは考えたはずです。それでも結局、そうしなければならなかったのです。上司には辞めるまでに手伝えることはないかを聞き、新しい門出を応援し、これからも連絡を取り合えるようにしましょう。上司のリーダーシップに感謝する気持ちを見せ、最後に良い印象を与えることで、今後それぞれがどこに行っても、引き続き良い関係を築けます。


ステップアップのチャンスにする


上司を失うと大変なことになるかもしれませんが(仕事的にも精神的にも)、希望はあります。会社に勤めていれば、部署やチームの顔ぶれが変わることはあります。そんな時こそ、自分をステップアップさせるチャンスです。

可能であれば、次の上司になる人とお茶でもして、今後チームに何が必要だと思っているのかを聞いてみましょう。自分の仕事に対する意見も聞けば、上司のニーズを満たすために自分に何ができるのかが見えてきます。(私の経験では、この先の会社人生が長くなさそうな人の方が、仕事に対して率直な意見を言ってくれます)

また、自分の考えを伝え、将来この会社にどのように貢献したいかを提案してみましょう。そうすれば、今度の上司が、自分の仕事の一部をあなたに委任したり、もしくはもっとほかの仕事を頼むようになるかもしれません。

上司が会社を辞めることになっても、落ち着いて仕事を続け、信頼できる情報筋から事実を確認し、個人的には受け止めず、その状況をステップアップするチャンスとして利用しましょう。冷静さと敬意と労働倫理をもって対処すれば、あなたはできる人間だと思われ、新しい上司に変わっても大丈夫だと思われます。(それに、もしかしたら新しい上司はあなたかもしれませんよ!)


How to Deal When Your Boss Resigns | The Muse

Jennifer Winter(原文/訳:的野裕子)
Image by SEVG and Nbenbow (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.