• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,,  10:00 PM

なぜ「兄弟や姉妹」はこんなに違うのか?:研究結果

なぜ「兄弟や姉妹」はこんなに違うのか?:研究結果

150804siblings.jpg


99U:兄弟や姉妹との関係が、あなたがどんな人間になるかを決めたのだと聞かされても、ちょっと信じられないかもしれません。誰もが自分の成功はハードワークや知性、両親の支援、社会的なつながり、個人的な資質のおかげなのだと思います。しかし、実際、最も大きな影響を与えたのは「兄弟や姉妹との関係」なのです。兄弟や姉妹との関係が、私たちの自己感覚、アイデンティティ、スキルセット、果ては人生の決断までをも左右します。もし、違う兄弟や姉妹を持っていたら、あなたは違う人間になっていたでしょう。


同じ環境で育ったマイクとベンの違い


マイク・トンプソンは4歳のときに、同い年のほかの子どもにはできないことができました。補助輪なしで自転車に乗れ、フラつかず、まっすぐ走らせることができました。

片手運転もできたし、ジャンプや、いろいろなトリックもこなせました。つまり、マイクは自転車の天才であり、周囲の人もみなそう思っていました。近所の人たちや家族、郵便配達人でさえも、この少年には素晴らしい才能があると口をそろえました。

マイクが、家の前の芝生で自転車を乗り回しているとき、6歳になる兄のベンは、玄関のステップに座って静かに本を読んでいました。ベンはごく幼いころから読書を始め、物語の本に夢中になっていました。そんなベンですが、自転車には決して乗りたがりませんでした。理由を聞かれると、興味が無いからだと答えました。誰が彼を非難できるでしょうか? ベンが初めて自転車に乗ろうとした日のこと。家族や近所の人が見ている前で、不格好に転んでしまいました。周囲で見ていたのは、弟の才能をよく知る人ばかり。ベンは恥ずかしくなり、自分はダメな奴だと思いました。自転車の乗り方を学ぶことは、あまりにも見返りが少なかったのです。結局、自転車に関する限り、ベンは永遠の2番手のままでした。

ベンとマイクは今では成人しています。予想通り、マイクはスポーツ三昧の生活を送り、アスリート仲間と付き合って、そのカルチャーに染まっていきました。中学、高校、大学においては、アスリートは同学年の仲間たちから高い評価を得ます。こうした体験が、マイクのアイデンティティと自尊心を形作っていきました。そして、社交的で自信に溢れた大人になり、ウォールストリートで成功した重役になりました。また、学生時代のスポーツ人脈も大きく貢献しました。一方、ベンは違ったタイプの子どもたちとつきあっていました。学究肌で、オタクっぽい人たちです。風変わりな仲間と付き合い、風変わりなカルチャーに浸っていました。大人になったベンは、スマートで、好奇心旺盛で、内省的な人間に育ち、今では大学教授として成功しています。

人生のごく初期における才能の表現(と、兄弟との比較のされ方)が、残りの人生を決めたのです。つまり、兄弟関係で体験したことが、のちの成功を形作る中心的な役割を果たしたということです。


統計的にも兄弟や姉妹間の成功には格差が出る


人生でマイクとベンが行ったあらゆる選択は、お互いから影響を受けています。もし、ベンが運動ができない弟と一緒に育ったとしたら、どんな人間になっていたでしょうか? おそらく、自転車に乗り、スポーツに興味を持ち、学問への関心も今ほどではなかったでしょう。兄弟や姉妹との関係が、私たちのアイデンティティや、目標、人間関係、関心などに大きな影響を与え、人生の選択や成功を左右するのです。とはいえ、こうした影響は、広範囲に少しずつ及ぶので、ハッキリとは知覚できません。マイクとベンも、お互いの成功にお互いが影響を与え合ったとは思ってはいないでしょう。

同じ家庭から、高いレベルの成功を収める子どもが、ひとり出るだけでも十分に珍しいことです。ふたり以上出ているとしたら驚くべきことです。家庭経済学者によると(兄弟や姉妹のペアを調べた結果)、経済面、教育面で、兄弟や姉妹が同じレベルの成功を収めているのは、全体の半分のペアに過ぎなかったそうです。また、そのほとんどは、賃金や教育レベルにおいて、最上位に位置する人たちではありませんでした。この研究結果は同時に、半分のペアは兄弟姉妹間に格差があることも示しています。ウィリアムズ姉妹や、ブッシュ兄弟、ジレンホール姉弟などの特殊なケースを除けば、兄弟姉妹のうちひとりだけが成功するか、ひとりも成功しない家庭がほとんどなのです

成功にはさまざまな要因が寄与します。また、本人のハードワークを抜きに、成功談は語られないものです。しかし、仕事への献身と忍耐が成功を導くのだとしても、ハードに働く人がすべて成功するとは限りません。ハードワークをせずに、ハイレベルの成功を収めた人もたくさんいます。ハードワークが重要な人もいれば、そうでない人もいるわけです。「ハードワーカー」という特質は、遺伝的な性質、家族からの期待、環境的機会などの要素が組み合わさって形成されるものです。「兄弟姉妹」という視点で見れば、「ハードワーカー」というレッテルは、親から「怠け者」の兄弟や姉妹と比較されることで生まれます。

もうひとつ重要なポイントは、経済的成功がすべてではないということです。キャリアで成功したとしても、それは、結婚や、友人関係、親子関係の成功とは別物です。金銭や学歴における成功を導いた要素が、幸福な結婚や、子育て、友情につながるとは限りません。

では、ある人たちが成功して、ほかの人が成功しないのはなぜでしょうか? 近年、驚くほど多くの研究が、兄弟や姉妹が、両親や同級生に比べてずっと大きな影響を与えることを明らかにしてきました。兄弟や姉妹が個人の成功に直接及ぼす影響を調べた研究は一部に限られますが、さまざまな研究成果から不可避的に導かれる考察もいくつかあります。以下の5つの要素は、兄弟や姉妹が個人の成功にいかに影響するかを示したものです。


1. 遺伝的性質


遺伝子は間違いなく重要ですが、それがすべてを決定するわけではありません。才能や成功が遺伝子のおかげであるなら、同じ家族から何人もの成功者が出るはずです。ウィリアムズ姉妹やマニング兄弟など、例外的な人たちはいるものの、スター選手のほとんどは、兄弟や姉妹にプロのアスリートを持っていません。マイケル・ジョーダンは、歴史に残る偉大なバスケットボールプレイヤーになる遺伝的要素を明らかに持っています。長身、均整のとれた体格など、成功に必要な身体的条件を備えています。しかし、成功が遺伝だけで説明できるなら、ジョーダンの兄弟姉妹に、プロのアスリートがいないのはなぜでしょうか? 数々の研究が、共通する遺伝子を持っていても、兄弟や姉妹はお互いにまったく異なるということを示しています。

実際、共通の遺伝子と生育環境を持っているにもかかわらず、兄弟や姉妹は、性格テストや心理的適応(不安、抑うつなど)のテストにおいて、まったくの他人と同じくらい違う結果を示します。なぜ兄弟や姉妹はこれほど違うのでしょうか? ベンとマイクのケースのように、一緒に成長すること自体が違いを生むようです。それぞれが、遺伝的に与えられたものに沿って、(それぞれ違う分野で)成功を追い求めていきました。もちろん、私たちが努力する気質を持っていなければ、成功するチャンスが減ることは言うまでもありません。


2. 環境


遺伝子と同じく、兄弟や姉妹は生育環境も共有します。同じ家で育ち、同じ学校に通い、同じ文化、家風の中で過ごします。同じ環境は同じレベルの成功をもたらしそうな気がします。兄弟姉妹間の差を生み出す環境的要素とは何でしょうか?

第一に、研究者たちは、兄弟や姉妹が、お互いの違いを積極的に作りだそうとすることを発見しました。とくに歳が近いとそうなります。

第二に、多くの経験的実証により、親は子どもを公平に扱わず、リソース配分も平等ではないことがわかっています。親たち自身は、子どもを平等に扱っていると主張しますが、実際はそうではありません。子どもはそれぞれ個別の必要性、気質、関心を持っています。にもかかわらず、親は子どもを実利的な、感情の投資の問題として取り扱います。こうした不一致はそこかしこで見られます。数々の研究が、親による不平等な扱いが、問題のある子どもや、兄弟や姉妹の不仲に関連することを示してきました。こうした問題は大人になっても続くものです。またある研究によると、リソースが限られた家庭では、親は最もポテンシャルが高そうなひとりの子どもに投資を集中させる傾向があるそうです

第三に、兄弟や姉妹はリソースを獲得するために戦略を駆使します。どんな戦略をとるかは、何番目に生まれたかによります。兄弟や姉妹たちは、直接的な競争を避けながら、親からの投資を増やすように「ニッチ」な戦略をとる、という研究があります。長男や長女は、ルールによく従い、学問に集中する傾向があります(とくに長女)、一方で、後から生まれた子どもは、より多くリスクをとる傾向があります。ベンとマイクのように、お互いを目立たせ、戦わずして親からの投資を獲得するために、それぞれ異なる分野の専門性を選びます。

第四に、親はニッチに異なる価値付けをします。例えば、たいていの親は、子どもが芸術ではなくスポーツに関心を示すほうが喜びます。ニッチの可用性に関する研究は存在しませんが、ニッチの可能性を制限する親(うちの子は全員フットボールをやらないとダメ)を持つ子どもは、お互いに競争し、同じように努力し、同じように成功する傾向があります(あるいは完全にドロップアプトする子どもが出る)。一方、幅広い関心を支援する親の子どもは、さまざまに異なる分野で成功する可能性があります

第五に、家族が住んでいる環境が、成功を促進したり妨害したりするということです。ゴルフコースの近くで育った子どもは、都心で育った子どもよりもスポーツが得意になるでしょう。また、文化、宗教、ジェンダーに関する周囲の価値観も、子どもの成功をサポートしたり制限したりします。文化は子どもの課外活動への参加にも影響を与えます。また、マルコム・グラッドウェル氏が著書「Outliers(邦題:天才! 成功する人々の法則)」で主張しているとおり、どんな場所にどんな時代に生まれたのかも、成功のチャンスを左右します。景気がいいときに大学を卒業して就職活動をした子どもは、景気が悪い時に社会人になった兄弟や姉妹よりも、経済的に有利な企業に就職しやすいと言えます。

最後に、社会的地位があり、生まれつきの特権を子どもたちに提供できる家族からは、成功した子どもが何人も出ることがあります。つまり、裕福で、白人で、教育レベルが高く、仲のよい家庭で育つほど、成功しやすくなるということです。もちろん、いくら環境が大事とはいえ、環境ですべての説明がつくわけではありません。


3. 競争


兄弟姉妹間の競争は、子どものスキルを増やし、それぞれの成功を後押しします。人は競争がないと向上しないものであり、兄弟や姉妹の関係とは、人生の初期から始まり、長期に渡る、濃厚な競争関係の代表たるものです。

競争は、自分の限界や、挫折と復活、逆境のなかでやりぬくこと、創造的になること、勝つこと敗けることを教えてくれます。競争は、ハードルを設定し、相手に勝つために新しいテクニックを試す機会を提供します。とはいえ、競争は利益だけでなく損害を与える可能性もあります。

同じだけ努力したなら同じだけの結果が得られるべきであり、そのためには、競争が、相手を心理的に傷つける意図なく、善意にもとづいて行なわれなければなりません。面白いことに、同性同士のほうが競争が激しくなり、異性同士だと競争は穏やかなものになります。最近の研究によると、姉がいる弟は競争的ではなくなるそうです。一方、同性のきょうだいと一緒に育つと、より競争が増え、成功もしやすくなります。


4. 比較


兄弟や姉妹ほど、お互いが比較される関係はありません。親はよく、兄弟や姉妹を正反対の言葉で表現します。そして、その表現はかなり誇張されることが多いのです。

親による比較は、2番めの子どもがこの世に誕生する前から始まります。妊娠した母親は、赤ちゃんがお腹を蹴るたびに、「新しい命は最初の命より元気があるぞ!」と言っているように感じます。つまり、母親は、兄弟や姉妹の性格をすでに比較し始めているのです。そして兄弟や姉妹は、お互いを見て、自分の成功度合いを測ろうとします。ある研究によると、同じ兄弟や姉妹よりもお金を稼いでいると思っている人は、人生に満足する傾向があるそうです。専門家たちは、親が子どもをあからさまに比較するのは問題だと提言してきました。特に、ひとりの子だけを非難するのはよくないことです。たとえば、兄弟や姉妹のうちのひとりを「悪い子」とレッテル貼りするようなことです。最近の研究によると、親により、兄弟や姉妹と過剰に比較されてきた子どもは、大人になってから、経済的成功に不安を持つことがわかりました。比較は勝者と敗者を生み出します。片方はやる気が増し、他方はやる気をなくしてしまいます。

子どもも大人も、比較されたり、レッテルを貼られることには非常に敏感です。「良い子」「悪い子」、「感情的になりやすい子」「ストイックな子」などのレッテルは、気づかないうちに性格の違いを強化してしまいます。例えば、ふたりの兄弟や姉妹がいて、親から、片方は「真面目な子」もう片方は「愚かな子」と言われて育つとします。すると、愚かと言われた子はより愚かな振る舞いをするようになり、真面目と言われた子はより真面目な振る舞いをするようになるでしょう。こうしたレッテルは強力であり、人生の選択に大きな影響を及ぼします。

すべての子どもに成功を期待するなら、親は、子どもを比較するのをやめなければなりません。そして、お互いに支え合いながら、自らの成功に向かって努力することを教えるべきです。親が子どもを比較をしなければ、ひとつの家庭から、成功する子どもが複数出るチャンスも増えます。


5. 兄弟姉妹の親密さ


研究により、兄弟(姉妹)同士のサポートが、非常に有益であることがわかっています。兄弟(姉妹)のサポートは、離婚やドメスティック・バイオレンス、薬物濫用などの有害な環境において、子どもたちを守る働きをします。親密な兄弟(姉妹)の関係は、励みとなり、成功を後押しします。関係が肯定的なものであれば、競争は友好的で絆を強めるものになります。否定的な兄弟(姉妹)関係は、競争を対立的で、相手を打ち負かす手段にします。最近の研究によると、幸せな人は、経済的に成功する可能性も高くなるそうです。お金で幸せが買えるとも言えますが、逆に、幸せでお金が買えることも意味します。兄弟(姉妹)の仲が良いと、人生の満足度も高まる傾向にあり、経済的成功にも大きく貢献します。

兄弟(姉妹)関係が自分にどんな影響を与えたかを理解するほど、成功につながる良い意思決定ができるようになります。自分のことを「できない子」と感じているわけは、兄弟(姉妹)の「できる子」と比較されてきたせいであることがわかれば、自分の本当の能力を再評価することが可能となります。例えば、ダーリーン(4人きょうだいの末っ子)は、世界トップクラスの教育機関ジョンホプキンズ大学を卒業しています。しかし、彼女には兄が3人おり、その全員がハーバード大学に進学していました。そして、いじわるなことに、口もきけなくなるほど彼女をばかにしたのです。ダーリーンはこのレッテルと自己感覚を内面化し、仕事について話すのを避けるようになりました。いつも、自分はその仕事をこなせるほど頭が良くないのだと思っていました。明らかにそうではないにもかかわらずです。ダーリーンは、兄弟関係を振り返り、自分に知性がないと感じてしまうのは、兄弟と一緒にいるときだけであり、本当は自分が思っているより高い能力を持っていることを理解しました。このことがわかった現在では、難易度が高いが報酬も高い仕事に就き、製薬会社の生化学者として、またたくまに昇進していきました。

要するに、ポジティブな兄弟(姉妹)関係は、身体的、精神的、人間関係的な健康を含め、さまざまな面に恩恵をもたらすということです。ポジティブな関係があるところでは、競争も健全で、成功をサポートするものになります。あなたも時間を割いて、自身の兄弟(姉妹)関係、子どもたちの兄弟(姉妹)関係がポジティブなものになるよう、働きかけてください。比較をせず、リソースの配分と公平性についてオープンに話し合い、競争とは相手を打ち負かすことではないことを確認してください。兄弟(姉妹)がより仲良くなり、支え合えるような機会をつくってあげてください。努力をしてこそ、生まれながらの特質を活かすことができるのだと話してあげてください。

あなたはどうですか?

あなたの兄弟(姉妹)は、あなたの成功にどのような影響を与えていますか?


How Your Siblings Affect Your Success According to Science|99U

Jonathan Caspi(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.