• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

マルチタスクに脳は「NO!」 ひとつのタスクに集中しよう

マルチタスクに脳は「NO!」 ひとつのタスクに集中しよう

150804_multitasking.jpg


Inc.:人間の脳はマルチタスクができるようにはできていません。私たちの脳は一度に1つのことを重点的に取り組むようデザインされており、複数の情報を浴びることは、脳の働きを低下させるだけです。

MITの神経科学者Earl Miller氏は、私たちの脳についてこう言及しています。


私たちの脳はマルチタスクとは相性が良くありません。マルチタスクをうまくやっていると思っている人でも、実際にはただ、タスクからタスクへ非常に素早く切り替えているだけなのです。そして、そうするたびに、認知力が低下します


このタスクの切り替えを繰り返すと、脳の悪習慣が助長されます。小さなタスク(メールの送信、テキストメッセージの返信、ツイートの投稿)を完了すると、脳内で、報酬ホルモンであるドーパミンが放出されます。脳はこのドーパミンが大好きなので、簡単に満足感を与えてくれる、些細なタスクを行い続けてしまいます。

これが悪循環で、実際はほとんど何も(もしくは、難しい仕事を)していないのに、私たちに多くを達成したような気分にさせます。実のところ、メールやTwitter、Facebookのチェックですら神経系の中毒だと言う専門家もいるのです。


マルチタスクは仕事の質や効率を低下させる


マルチタスクをしていると、思考の整理や関連性の無い情報を除去することが難しくなり、仕事の効率や質を低下させます。

ロンドン大学の研究は、認知的作業を行っている間にマルチタスクをした被験者は、かなりのIQが低下したということを明らかにしました。実際に、このIQの低下は徹夜をした人や大麻を吸う人に見られる状態とよく似ています。なんともゾッとする話ですね。

また、マルチタスクはストレスホルモンであるコルチゾール生成を増加させることがわかりました。脳のギアを切り替え続けることでストレスが増加して、精神的に疲れ切った気分になります(その日の仕事がまだ始まってもいない時であってもです)

そして、マルチタスクという破壊行為の最大の仕掛け人は、メールの受信ボックスです。

受信ボックスに未読のメールがあることを知るだけで、有効なIQを10ポイントも減少させることを明らかにした研究もあります。新着メールの太字が継続的に与えるスリルに、私たちは絶えず行動を阻害されているのです。それなのに、従業員は1週間のうち労働時間の28%をメールチェックに費やしていると言います。

Eメールには問題が多いですが、テキストメッセージはさらに問題が多いと言います、メールよりも早い返信が求められるからです。結果として、いっそう頻繁にメッセージをチェックせざるを得なくなってしまいます。

マルチタスクによって精神が完全破壊されないように、メールチェックをするスケジュールを確立させましょう。メールチェックは1日に3回だけと決めて(朝仕事を始める時、昼休み、そして、仕事が終わる前といった感じです)、テキストメッセージのお知らせをオフにし、携帯・スマホのチェックも特定の時間を選びましょう。


マルチタスクは男性との相性が最悪


マルチタスクは、男性との相性が最悪です。男性の場合、マルチタスクでIQが15ポイントも減少します。ほぼ、8歳の子の認知力と等しくなってしまうのです。おもちゃを買おうとしている自分に気づいても、驚かないでくださいね。


ダメージは永久に続く可能性が


新たな研究では、マルチタスクに関連する認知力の低下は永久に続く可能性があるということを示唆しています。

サセックス大学 (UK)の研究では、一度に複数のデバイスを使って(テレビ鑑賞時にテキストメッセージを送るなど)時間を過ごした人の、脳のMRIスキャンを実施しました。その結果、マルチタスクを行う被験者は、前帯状皮質における脳の密度がほかより低いということがわかりました。ここは、共感や感情のコントロールをつかさどっている部分です。

補足ですが、この研究では、マルチタスクが脳のダメージの原因となるのか、はたまた、脳のダメージがマルチタスクという習慣を招いているのかということを、特定してはいません。それでも、いくらマルチタスクをこなしても、良いことは無いようです。


教訓


マルチタスクは履歴書に加えるべきスキルではなく、むしろ、やめるべき習慣に入るものです。デスクトップの通知をオフにして、メールチェックを行う固定の時間枠を作り、目の前のタスクに専念しましょう。


Multi-Tasking Is Killing Your Brain | Inc.

Larry Kim(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.