• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  12:00 PM

この夏、訪れると人生が変わるかもしれない6つの都市

この夏、訪れると人生が変わるかもしれない6つの都市

150803travel.jpg


8月に入り、うなだれるような暑い日が続いています。夏休みの計画はもう済んでいるでしょうか? まだなら、ぜひ今まで行ったことのない国を訪れましょう。きっと新しい発見があるはずです。以下は、米メディア「Inc.」が紹介する、海外旅行にオススメの6つの都市です。


1.トルコ、イスタンブール


150802istanbul.jpg


東洋と西洋が交差する街。洋の東西が交わり織りなす食事、文化、ビジネスを体験して世界で今起こりつつあるグローバル化の理解を深めましょう。どんな文化の出身であろうと、イスタンブールは自分が馴染んだ文化とは別の面を見せてくれるでしょう。さあ、イスタンブールを訪れて「国境の無い世界の住人」になりましょう。


2.ベトナム、ハノイ


150803hanoi.jpg


共産主義政権であるにも関わらず、ベトナムという国は、ワクワクする活気に満ちた起業家精神あふれるところで、エネルギーと活力に満ちています。食と住はそれほど高くなく(しかも質が高い)、現金の減り方が随分ゆっくりだと気づくはず。古い物と現代的なものが調和しながら共存し、一味違うフランス風の優雅なスタイルと馴染んでいます。ベトナムにはこのぐらい滞在すれば十分かなと思う日数の2倍は費やしてください。そしてほんの短い間であっても、このユニークな世界に浸ってください。


3.南アフリカ、ケープタウン


150803capetown.jpg


勇気がある人には、ケープタウンがお勧めです。何時間もかかる長旅になっても間違いなくそれだけの価値があります。南アフリカの豊かな文化を体験して、人種問題の歴史の理解を深めましょう。変化と挑戦のさなかで、自分の文化の役割とアイデンティティを問いかけてください。少し自分自身と距離を置くと、自分が何者であるかハッキリと確信できるでしょう。


4.アイスランド、グリンダヴィーク


150803blue.jpg


あらゆる文豪の足跡を辿り、どこか安らかで邪魔の入らない場所にこもりましょう。アメリカの思想家ソローの書いた『ウォールデン-森の生活』と同じように、グリンダヴィークの巨大な「ブルー・ラグーン」は心の天国です。二酸化ケイ素と硫黄を含んだ温泉につかり、毛穴も思考回路もすっきりさせましょう。この方法でリラックスすると、たっぷりと自分の内面を見つめられるかもしれません。そして、今まで知らなかった自分を発見することさえあるかもしれません。


5.カリフォルニア、サンフランシスコ


150803san_fran.jpg


アメリカの中で、特定の文化に囚われない最もボヘミアン度の高い都市かもしれないサンフランシスコは、人間的成長を遂げるにも最適な街かもしれません。最近のPrevention誌の記事で指摘されたように、「大都市の魅力という点で、サンフランシスコは都会が一般に提供できるものは全て備えています。しかし、心に栄養を与えるということとなると、この街はイキイキとした芸術やエンタテインメントやリクリエーションを提供できる点で際立っています」。サンフランシスコで質の高い時を過ごしたことがまだないなら、今すぐ行ってみましょう。


6.レバノン、ベイルート


150803beirut.jpg


中東が情勢不安定である中で、ベイルートは不可侵の平和な静けさを保ち続けています。レバノンにあるこの都市は「中東のパリ」と呼ばれ、文化と光の砦であり続けてきました。かつてこの地を闊歩した古代ローマ人やオスマントルコ人の足跡を辿りましょう。コーニッシュと呼ばれる海に面した4キロにわたる曲がりくねった道に居並ぶ物売りと言葉を交わしてみましょう。それから食事を楽しむこと。この土地の食べ物を食べてみることは絶対に欠かせません。中東に対する先入観を打ち捨てて、今まで見たことも無い美しさを見つけてください。


Visiting These 7 Cities Will Change Your Life | Inc.com

Peter Economy(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Robert Hoetink / Shutterstock.com.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.