• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,,,,,  09:00 PM

Appleにまつわる、ちょっと驚く21の事実

Appleにまつわる、ちょっと驚く21の事実

150802apple_21fact.jpg


Inc.:AppleはiPhoneやiPadを生んだ企業として有名ですが、このテクノロジーの巨人には、それ以外にも面白い逸話がたくさんあります。

あなたも、この、世界でももっとも成功し、もっとも評価が分かれるブランドAppleの内幕を知れば、きっと驚かざるをえないでしょう。

Appleが1976年4月1日に創設されたとき、スティーブ・ジョブズもスティーブ・ウォズニアックも、ロナルド・ウェインも、現在のような成功は想像していなかったはずです。

今では、超がつくブランド企業になっており、その歴史も伝説に満ちています。以下に、Appleにまつわる驚くべき21の事実を紹介します。


  1. 2015年のはじめ、Appleは史上初の700億ドル企業になった。また、今年、AppleはGoogleを抑えて世界で最も価値あるブランドに返り咲いた。
  2. AppleとSamsungは熾烈な競争をしているように見えるが、実際はそうではない。Samsungは、iPadのRetinaディスプレイと、iPhone 6で使われるメモリーチップの一部を製造している。
  3. 2014年6月、Appleは1株を7分の1に株式分割した。これにより、645ドルだったApple株が94ドルになった。
  4. Appleが販売した最初のコンピューターのひとつが、2013年に38万7千ドルで落札された。
  5. Appleの新規株式公開(IPO)は1980年12月12日に行なわれ、一株22ドルが460万株ぶん公開された。
  6. Appleは株式公開で得た資本を、マッキントッシュとLisaの開発に使った。
  7. iPhoneは別の名前になる可能性もあった。Mobi、Telepod、Tripodなどが候補に挙がっていた。「iPad」も、当初はスマートフォンの名前の候補だった。
  8. 中国は現在、Appleにとって、米国に次ぐ2番めに大きなマーケットだ。中国での収益は、2015年の第二四半期で170億ドルあまりに達した。
  9. Appleの創設者であるにもかかわらず、スティーブ・ジョブズは1985年、弱冠30歳のときに、同社を解雇された。
  10. Appleは1983年にフォーチュン500社に選ばれ、それ以来ずっと選ばれ続けている。
  11. Appleは秘密主義である。ダミーのプロジェクトをつくって、社員や管理職に取り組ませるという噂がある。情報を漏らせば即アウト。Appleは誰が犯人か正確に突き止めるだろう。
  12. Appleの最初のコンピューターの製造コストは、666.66ドルだった。陰謀論がささやかれているが、同社の中で悪魔の儀式が執り行われているのを見た人は誰もいない。
  13. 中国各地で、偽のAppleストア次々とがオープンしては閉鎖されている。例えば、昆明(コンメイ)にオープンしたストアは、あまりに本物そっくりで、従業員さえ騙されていた。
  14. AppleのCEOティム・クック氏は、2014年に900万ドルを稼いだ。たしかに巨大な額だが、Appleが世界でもっとも価値ある企業であることを考えると、それほど突飛な話ではない。
  15. オリジナルのAppleロゴは、共同創設者のロナルド・ウェイン(スティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックと一緒に、アタリ社で働いていた)によってデザインされたもので、現在のロゴとは異なっている。
  16. ある時まで、AppleはブラジルでiPhoneを売ることができなかった。別の企業がiPhoneの商標を持っていたからである。ブラジルの裁判所でAppleが商標を勝ち取るまで、IGM Electronics社が眼の上のたんこぶだった。
  17. ロナルド・ウェイン(Appleの忘れられた共同創設者)は、1977年に保有していたApple株を800ドルで売ってしまったと話している。当時、彼はApple株の10パーセントを保有しており、現在で考えれば100億ドルに相当する。ウェインはこの決断を後悔していないと話している。
  18. 2014年末における、Appleの有価証券および現金保有高は1780億ドルにのぼった。とはいえ、CEOのティム・クックは、Appleは現金を蓄えようとしているわけではないと語っている。
  19. Appleの収益は、キューバ、リビア、イラクなどを含む多くの国(100カ国以上)のGDPよりも大きい。
  20. Appleが手にするiPhone 6 Plus一台あたりの利益は、iPhone 6のそれより85ドルあまり多い。
  21. 2005年時点で、世界に116のAppleストアがあった(米国が最多)。2010年の総店舗数は317に、2014年には437に達した。Appleストアの数は2005年から毎年増え続けている。Appleストアで働きたい? がんばって! ハーバード大学に入るよりはチャンスがあるから。


21 Surprising-to-Bizarre Facts About Apple|Inc.

Larry Kim(訳:伊藤貴之)
Lester Balajadia / Shutterstock.com

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.