• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

バーテンダーに聞いた「カッコつけたつもりが逆効果」な注文の仕方

バーテンダーに聞いた「カッコつけたつもりが逆効果」な注文の仕方

150801_bartender.jpg


仕事終わりにバーでリラックスした時間を過ごすのがストレス解消法のひとつ、という人は多いのではないでしょうか。雰囲気の良いバーを知っていることには「大人の嗜み」というイメージがありますが、そんな場では自らもスマートに振る舞いたくなるものですよね。

姉妹サイト「cafeglobe」では、ついやってしまいがちな"バーでのちょっとカッコ悪い行為"が紹介されていました。


神楽坂『Ballan Zakc』のオーナーバーテンダーである中井さんによれば、バーテンダーがちょっと困ってしまう注文の仕方には以下のようなものがあるそうです。

・「わたしに似合うカクテルをください」

この言葉、意外に発する人が多いのだとか。バーテンダーは、飲みたい味や強さを伝えることで、好みにぴったりのお酒を作ってくれますが、見た目や雰囲気でその人が好きそうなカクテルを作るなんてことは至難の技。

「わたしの雰囲気ってどんな感じ? わたしってどんな感じに見える?」とバーテンダーを試すのはやめましょう。


・「珍しいウイスキーをちょうだい」

少しウイスキーをかじった人に多いのがこの注文の仕方。どの程度の知識があり、これまでどんなウィスキーを飲んだことがあるかわからないため、バーテンダーを困らせてしまいます。


・「ベースはウォッカで...」

"お酒詳しいアピール"をしたいときにうっかりやってしまいがちな「知っているベースを並べてみたカクテル」注文。中途半端な指定をされるとかえって美味しいカクテルを作りにくくなってしまいます。

例えばフルーツカクテルの場合、そのフルーツの持つ味わいや水気によって美味しさを引き出すベースや飲み方は変わってきます。まずはその日お店においてあるフルーツを聞き、「甘めかドライか」「強めか弱めか」といった自分の好みを伝えることで、本当に美味しいお酒と出会うことができるのです。

「cafeglobe」ではこの他にもバーでのスマートではない振る舞いについて紹介していますので、ご興味のある方は下記のリンク先からどうぞ。


格好つけないが一番。バーテンダーに聞いた、恥ずかしい注文の仕方|cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.