• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

料理の味を左右する、塩の種類と食材の組み合わせ

料理の味を左右する、塩の種類と食材の組み合わせ

150729rocksalt.jpg


料理にこだわり出したら気になってくるのが「塩」。同じ塩でも、産地や製造方法が変わるだけで、料理に大きな違いをもたらすこともあります。今回はそんな知られざる塩についての知識を食専門メディア「FOODIE(フーディー)」の記事よりご紹介します。


塩は大きく分けて3種類


塩専門店を営み、ソルトソムリエでもある片野晃さんによると、塩は「海水塩」、「岩塩」、「湖塩」の3種類に分けられるそうです。


海水を原料につくられる『海水塩』は、塩全体の生産量の3割。特徴はミネラルが豊富なことです。干してつくる天日塩と煮詰めてつくるせんごう塩があり、日本産の塩はこのどちらかが主となります(例外もあり)。

『岩塩』は、ヒマラヤ山脈やアンデス山脈が産地として有名です。かつては海だった土地に地殻変動によって海水が閉じ込められ、濃縮されてナトリウムの層となったのが岩塩です。鉄分を含むためピンク色のものが多く、海水塩に比べしょっぱいのが特徴。塩全体の生産量の6割を占めます。

そして最も少ないのが湖塩。生産量は全体の1割程度で、産地としてはウユニ塩湖が有名ですね。湖塩はかつて海だった土地がナトリウム層に変わる途中経過なんですよ。


覚えておきたいのは、どんな塩がどんな味になるのかということ。塩に含まれるミネラル成分によって味は変わってくるので、成分表を見て塩選びに役立てましょう。


中でもカルシウムが多いものは甘味が、マグネシウムが多いものは苦味が、カリウムが多いものは酸味が強く感じられる傾向にあります。また、塩化ナトリウムを凝縮してつくられた食卓塩は、味として感じるのは『しょっぱ味』がほとんどです。


では、塩の成分と実際の食材の組み合わせは何がベストなのでしょうか? 下のリンクでは、塩と食材の組み合わせ表が公開されていますので参考にしてみてください。


知れば料理が変わる! 調味料の基本「塩」のこと|FOODIE(フーディー)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.