• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,  08:00 PM

厳しい現実を見せて、わが子の生きる力を育てよう

厳しい現実を見せて、わが子の生きる力を育てよう

150724_kids_survive.jpg


子どものことを「うらやましい」と思っている大人は多いかもしれません。気苦労はないし、夏休みはあるし。「あーあ、子どものころに戻りたいな」なんて声が聞こえてきそうです。でも、忘れていませんか? あなたにだって、成長の過程にはたくさんの苦しみがあったはずです。子どもを持つ親は、あの頃の記憶を思い出し、以下のことに注意してください。



あなたはそんなにスゴくない


子どもは生来、自己中心的でナルシストです。これはおそらく、脳が未発達だからでしょう。それに、親や周囲の大人が大げさに褒めるので、自分には才能やスキルがあると思ってしまいます。しかし、サッカーでMVPを取っても、成績でオールAを取ってもいつかは、上には上がいることを知ることになります。小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学へと進学するたびに、自分は周囲から言われていたほど特別じゃなかったことがわかります。


対策

小さい頃から、能力ではなく努力を褒めましょう。そうしていれば、学力テストの順位や100メートル走のタイムのような、自分ではコントロールできないことと、自分の価値は無関係であると思えるようになります。勝ち負けではなく、努力と経験こそが報酬であることを強調してください。「君のプレー(勉強している姿でも何でも)を見るのが楽しい」という言い方がベスト。

でも、それは言うほど簡単ではありません。わが子が試験でいい点を取って帰ってきたら、その成績を褒めてしまいがちです。それでも、物事に真剣に取り組むことの重要性と意義を教えるには、努力を褒める(=努力しないときは褒めない)しかありません。そうすることで、どんな困難にも立ち向かえる、生きる力を持つ人間が育つのです。

自分が宇宙の中心でないことに気づいた子どもは、新たな美徳を身につけます。それが、謙遜です。自信を持ちつつも謙遜できる人間に育てるには、チャリティ活動を一緒にする、失敗を受け入れさせる、親自身が共感力の模範となるなどの方法が良いでしょう。


人生は不公平だ


「そんなのズルい!」という言葉を聞いたことがない親はいないでしょう。不満の原因は、きょうだい間の争いだったり、「不公平な」家族のルール(たとえば、「○○ちゃんは夜9時まで起きていていいのに、どうしてうちは8時に寝ないといけないの!」)だったり。実際のところ、人生は不公平なのです。現実世界で生きていくためには、その事実を受け入れる必要があります。厳しいけれど、どんなに努力しても、必ず勝てるわけではないのだと。


対策

自覚していないかもしれませんが、あなた自身が「ズルい」と口を滑らせていませんか? 子育ての専門家であるBetsy Brown Braunさんは、まずは親が、その手の言葉を慎むべきだと言います。さらに、子ども全員を同じように扱おうとするのはやめるべきです。


子どもが公平性を求める原因は、親にあります。子どもが複数いる家庭では、親は子どもたちを同じように扱おうとします。すると、子どもは「公平=同一」だと思うようになります。姉妹がいる家庭で、姉と一緒に靴を買いに行き、妹の分も買って帰ったとします。親は「おねえちゃんだけズルい!」という妹の叫びを避けるために、先制して2人分の靴を買ったのでしょう。しかしこれでは、1人が何かを買ってもらったらもう1人も買ってもらえるという考えを植え付けているようなものです。

「公平」は、「同一」とは異なります。公平とは、誰にでも同じことをするのではなく、その子にとって、そのときに必要な行動をとることなのです。なので、妹への対応は、「今の靴がきつくなったら、新しいのを買おうね」と言うのが正解です。あとは、妹の抗議を耐えるのみです。


もちろん、人種差別男女差別など、この世界は深刻な不公平であふれています。それらについては、親の口からわが子に伝え、一緒に考えるべきでしょう。「子どもと人種について語ろう」という記事でも書いたように、身の回りで起きていることを話し合い、外国を旅することで異文化を体験させ、公平な世の中を作ろうと努力する人の話をすることで、問題への理解を深めるのです。

これらの話題へのアプローチは子どもの発達に応じて変えるべきですが、少なくとも上記の動画にある教訓は理解させるべきです。「隣の人の皿を見ていいのは、中身がその人に足りているどうか確認するときだけだ。決して、自分と比べるために見てはいけない」のだと。

「自分だけアイスが少ない!」といった主張に対しては、我慢を教えなければなりません。ないものをねたむのではなく、あるものに感謝すべきだと。感謝の気持ちを教えるのに、早すぎることはありません。子どもたちには、早いうちから現実を経験させましょう。人生は不公平なのですから。


親は普通の人間であり、欠点もある


正直、父親としては、娘に「世界で最高の人」と言われなくなる日を想像すると悲しいです。でも、私たち親だって人間です。それに気づくのは、サンタクロースがいないことに気づくのと同じことなのでしょう。いえ、それまでもっとも信頼していた人に10年近くだまされていたと知るのは、もっとショックな出来事かもしれません。そういう意味では、どの親も詐欺師と言えます。

とはいえ、これは避けて通ることのできない道です。子どもたちは、「パパ・ママは何でも知っている」という幻想に、自ら疑問を投げかけなければならないのです。それを経て初めて、自立した人間として、自らの選択で生きていけるようになるのです。子どもたちは、「親も人間なんだ」と思うことで、逆に「親がいなくても生きていける」と実感できるようになるのでしょう。


対策

これは、子どもにとっての試練というよりは、親にとっての試練かもしれません。10代の子を持つ親へのアドバイスは、子どもが巣立った親へのアドバイスと同じで、つまり、子どもをもっと自立させ、1人の人間として扱おうというものです。でも、親が絶対的な存在でいるうちに、生きるのに必要な力をつけさせてあげてください。親子の関係は、時とともに変わっていくものですが、その過程で、親も人間であると知ることで、関係は深まるでしょう。何でもできるフリをする必要はありません。ただ、親子の関係が移りゆく中でも変わらない、親のつとめについて常に意識しておいてください。それは、子どものためにそばにいることです。


友情は永遠ではない


友情は遠ざかっていくものです。人と人との関係は、自分でコントロールできません。子どもの頃は、そういう人間関係の亀裂に心を痛めたものです。あの頃は、友情について学んでいる途中であり、身の周りの数人が、世界のすべてでした。思春期になると、異性との関係が重要になってきます。そうした中で、子どもたちは、友情は永遠ではないこと、少しずつ遠ざかることもあれば、急に終わることもあるのだと学んでいくのです。


対策

家族やペットの死など、関係が不意に終わるという厳しい現実に直面する子どももいます。そんなときの対応は、発達段階によって変わります。恋人や友人との別れに関しては、それは失敗ではなく、成長につながることを教えてやるのがいいと、児童・思春期セラピストであるSigne Whitsonさんは言っています。それでも、悲しむことは必要です。親としては、苦しむわが子の痛みや悲しみを取り除いてやりたくなってしまいますが、そこは気持ちをぐっとこらえて。Pixarの映画『インサイド・ヘッド』でも強調されているように、子どもの成長には、悲しみだって必要なのです。そんな時こそ、真の友情や愛について、語り合う機会なのかもしれません。

最後に。どんなときでも、最善の子育て法は、子どもの声に耳を傾けることです。厳しい現実を生き抜く中で、それを実践するのは簡単ではありませんが、このシンプルなアドバイスを、常に意識してください。


Melanie Pinola(原文/訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.