• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  09:00 PM

夏に飲みたい「泡盛」。カジュアルな3つの飲み方はこれ

夏に飲みたい「泡盛」。カジュアルな3つの飲み方はこれ

150715awamori.jpg


沖縄のお酒「泡盛」。名前は聞いたことがあっても、実際に飲む機会は少ないかもしれません。度数が25度前後もあるので「強い酒」というイメージがありますが、沖縄では好みの濃さにするために割って飲むことが多く、意外とカジュアルに飲まれているお酒なのだとか。今回は、食メディア「FOODIE(フーディー)」より、泡盛のおいしい飲み方をご紹介します。


1. 食中酒としてピッタリの「水割り」


タイ米と水、黒麹だけで作られる泡盛。もっともポピュラーなのは水割りで、食事と一緒にスッキリ飲めるのが特徴です。三越伊勢丹の和洋酒アシスタントバイヤー針替孝之さんによると、泡盛より先に氷と水をグラスに入れるのがポイントなのだそうです。


グラスは真っ直ぐな円柱型を選び、泡盛より先に氷と水を入れることがポイント。アルコールは水よりも重いため、後で注ぐことでより均一に割ることができます。


冬はお湯割りもオススメ。濃さは好みで調節してみましょう。


2. 深いコクや味わいを楽しめるストレート・ロック


味わいを楽しむなら、ストレートやロックがおすすめ。水割りほどたくさんは飲めないですが、その分泡盛独特の香りを楽しめます。


ゆっくり、じっくり、泡盛の味をダイレクトに感じたい人におすすめです。オンザロックの場合は、ロックグラスを選ぶと柔らかな飲み口を感じやすいですね。氷は溶けにくい市販のロックアイスがいいですね。


3つ目の飲み方は肉料理にも合う意外な飲み方です。以下のリンクより読んでみてください。


夏に飲みたい沖縄のお酒。はじめての「泡盛」入門|FOODIE(フーディー)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,, - By 香川博人LIKE

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    Sponsored

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    「あぁ、気持ちいい」と、お風呂で過ごす時間は、心身ともにリフレッシュできますが、実は、あなたの印象を大きく変える「身だしなみ」を整えるタイミングでもあります。 ビジネスマンにとっての身だしなみは、最低限のマナーであり、見えない部分にまで気を配ることで、安心感と自信を与えてくれます。 そこで、この春から実践したい「お風呂だからこそできる、男を磨く3つの身だしなみ」をご紹介します。  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.