• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

香川博人  - ,,,,,,,,,,,,  11:00 AM

自分の役割を用意すれば安心。内向的な人が屋外パーティーを楽しく過ごすための処世術

Sponsored

自分の役割を用意すれば安心。内向的な人が屋外パーティーを楽しく過ごすための処世術

150710_bose_top.jpg


内向的な人にとって、人が集まる社交の場への参加はできれば避けたいものです。しかし、行楽シーズンともなれば、パーティーやイベントに誘われる機会が増えますし、仕事の関係や友人とのおつきあいもあって、すべてを断ることはできません。そこで、内向的な人でも安心して楽しみながら参加できる方法を、内向的なビジネスパーソンに特化したコンサルタントを行っている渡瀬謙さんに教えてもらいました。今回の舞台は、会社の同僚との屋外パーティー。さて、どんな方法で乗り切るのでしょうか。


雰囲気を盛り上げる音楽ツールを持参して、裏方に徹する


150710_bose_00.jpg▲Boseの新製品『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』。パール(左)とカーボン(右)の2色がそろう


── 屋外パーティーは、バーベキューをしながら開放感のなかで会話が弾む楽しい空間をイメージしますが、内向的な人が無理なく参加するためには、まず何をすればよいのでしょうか?

渡瀬氏:内向的な人は、大勢の人がいると気持ちが萎縮してしまい、自分から話を切り出すことができません。また、質問されても、「こんなことを言ったら相手に失礼かな」など、考えすぎてすぐに返答できない傾向があります。

そうした場合の対応策として私は、「口で言うのが苦手なら、視線が自分に向かわないように、注目を集めるツールを用意しなさい」とアドバイスしています。

たとえば、ビジネスでの商談の際は、説明しなくても済むような図案化したわかりやすい書類を見せて、商談相手から話してもらう方法を教えています。

同じように、屋外パーティーであれば、雰囲気を盛り上げるために欠かせない音楽ツールを用意して、自分は操作などの裏方に徹することがおすすめです。自分の役割が明確になると、疎外感もなく、その場に馴染めている実感が高まるので安心して楽しむことができるわけです。

そこで今回の屋外パーティーでは、バッグの中に入れて持ち運びがカンタンにできるBoseのBluetoothワイヤレススピーカー『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』を用意しました。内向的な人がこの音楽ツールをどのように活用すればよいのか、引き続き、渡瀬さんに聞いてみました。


手軽に携帯できるコンパクト設計
幅180mm×高さ51mm×奥行59mmと手にひらに収まるコンパクトなワイヤレススピーカー。あらゆる場所で本格的なサウンドを楽しむことができます。


渡瀬 謙(わたせ・けん)
150710_bose_prof.jpg小さいころから極度の人見知りで、学生時代は無口な性格だったが、大学卒業後に営業職として勤めた会社では、異色の無口な営業スタイルで営業達成率全国トップを獲得。その後、独立して内向型で売れずに悩む営業マンの育成を専門に全国でセミナーや講演などを行っている。主な著書に『「しゃべらない営業」の技術』(PHP研究所)、『相手が思わず本音をしゃべり出す「3つの質問」』(日本経済新聞出版)など多数。


幹事と事前に相談。スマホアプリを使ってコミュニケーションのきっかけに


150710_bose_01.jpg▲ラッパー気分とDJプレイが楽しめるスマホアプリ『ラップムシ』を使ってBGMを演出し、笑いを交えて屋外パーティーをスタート!


── 『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』は、スマホやタブレットなどBluetooth対応のデバイスと接続して高音質な音楽を聴くことができます。この音楽ツールを持っていった後はどうすればよいのでしょうか?

渡瀬氏:内向的な人にとって、いきなり持っていくのは主張が強すぎて心配のタネになります。事前に、屋外パーティーの幹事になる同僚に持参することなどを相談しておくと安心ですね。内向的な人は1対1の会話、特に話好きの明るい人が相手であれば会話の主導権を握ってくれるので、問題なく話ができます。そこで、『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』の機能を説明して、屋外パーティーで楽しめそうなスマホアプリを用意するなどプランを考えてもらい、自分の役割も併せて伝えておきましょう。

そして当日は、『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』とスマホをBluetoothで接続して、幹事がアプリを使ってその場の雰囲気を盛り上げたり、コミュニケーションツールとして使ってもらいましょう。


マニュアル不要。音声ガイドで接続・操作がカンタン
Bluetooth対応デバイスとの接続、電話の着信、バッテリー残量などを音声ガイドで教えてくれるので、設定や操作が誰でもカンタンに行うことができます。


SoundLink Mini Bluetooth speaker IIに注目を集め、自分は音楽係を担当


150710_bose_02.jpg▲Bluetooth対応デバイスを2台同時に接続できるので、多彩な音楽を切り替えて楽しめます


── 屋外パーティーを楽しくナビゲートする幹事のサポート役として『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』とスマホの接続や操作する役割を果たすことで、内向的な人でもその場を楽しむことができるわけですね。

渡瀬氏:人は苦手なことではなく、得意なことを伸ばす方が存在感が出て認知されやすい傾向にあります。ですから、無理に会話に入っていくのではなく、注目が集まる幹事や『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』を後方支援する役割でいれば、内向的な人でも無理なくその場を過ごすことができるわけです。特に音楽は嗜好性が高いので、自分で好きな曲を流すことは内向的な人にとってリスクに感じますからね。


── 『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』は、スマホを2台同時に接続できるので、スマホに収録されている音楽はもちろん、話題の音楽配信サービスで提供されている楽曲をどちらからでも自由に切り替えて音楽を再生することができます。しかし、流す音楽を選曲するのは、あくまでも他の人という考え方ですね。

渡瀬氏:その通りです。基本的に自分から積極的に動くのではなく、参加者の好きな音楽を流して楽しみましょうというスタンスでいるから不安を払しょくできるわけです。ですので、選曲係ではなく音を流す音楽係が向いています。


2台のデバイスを同時に接続できるマルチポイント接続に対応
スマホやタブレットを接続しなおすことなく、一方のデバイスで再生停止すれば、すぐにもう一方で再生することができるので、複数の人が集まって音楽を楽しむときに最適です。


電話係を兼務。会話はほかの人たちにお任せ


150710_bose_03.jpg▲かかってきた電話は、『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』に向かって話せば会話ができます


── では、思うように自分から話すことができない内向的な人にとって、電話による会話も得意ではないのでしょうか。というのも、『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』には内蔵マイクとスピーカーフォン機能が搭載されており、スマホと接続している最中に電話がかかってくると、ボタンを押すだけで『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』を介して、その場にいる複数の人が同時に相手とハンズフリーで会話することができるのですが...

渡瀬氏:電話が苦手な内向的な人もいますが、今回の場合は単純に通話を着信するボタンを押すだけで、後は参加者が自由に会話をしてくれるので問題ありません。

逆に、音楽係だけではなく、「遅れてくる人は私に電話してください」と電話係を兼務するのもよいかと思います。かかってきた電話を『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』に接続して参加者に聞こえるようにするだけなので、自分が主人公になることはありませんし、事前に役割がわかっていることは内向的な人にとって安心材料になりますからね。


スピーカーフォン機能でハンズフリー通話が可能
内蔵マイクとスピーカーフォンを搭載。接続しているスマホに電話がかかると音楽が自動停止。『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』から着信音が流れ、ボタン1つで会話ができます。

iPhoneの「Siri」に対応
iPhoneの音声アシスタント機能「Siri」を活用して、音楽の再生を「Siri」に呼びかければ、『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』から指定された音楽が流れ出します。


小さな自己主張として、ネットラジオで都会を異空間に演出


150710_bose_04.jpg▲クリアな中高域と迫力のある低音で、その場を心地良い空間に包み込んでくれます


── ずっと裏方に徹することで安心感が得られることはわかりましたが、一方で、内向的な人が無理なく自然に自分から何かアクションを起こす方法はありませんか。

渡瀬氏:盛り上げるのは無理なのでほかの人に任せて、裏でフォローする方が、内向的な人にとっては居心地がいいと思います。しかし、屋外パーティーも時間が経過していけば、参加者それぞれの役割や立場を認識してきますので、のんびりした雰囲気になったら音楽係として一歩踏み込んで、ハワイアンやさざ波の音など差し障りが少ない環境音楽を自分で流してみるのも1つの方法かもしれません。評価や批判を恐れる内向的な人であっても、一通り楽しんだ後であれば、参加者の選曲に対するこだわりも低くなりますからね。


コンパクトサイズからは想像できない高音質サウンド
Bose独自の技術により、よりクリアな中高域サウンドを再生するとともに、深みのある重低音再生も可能となりました。また、音量レベルに合わせて音色を緻密に再生する技術により、屋外でもデスクでも再現性の高いサウンドが楽しめます。


最後は、夕闇の中でタブレットを使って即席野外シアターを設置


150710_bose_08.jpg▲タブレットと一緒に持ち歩けば、どこでも高音質な動画も楽しめます。夕暮れ時の映画鑑賞で仲間との一体感が深まります


── 『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』は音楽だけではなく、タブレットと接続して動画を再生すれば、映し出される動画とともに臨場感のあるサウンドを体感することができます。では、内向的な人にとって、動画を活用する方法はあるのでしょうか。

渡瀬氏:動画をツールとして活用するメリットは2つあります。1つ目は、見せることで会話が生まれ相手との距離が縮まること。2つ目は、再生されている間は動画に注目が集まるので自分で何かをする必要がないことです。

ビジネスであれば、仕事の話が終わった後で雑談したいときに自分で撮影した面白そうな動画を使うのが有効だと思いますが、屋外パーティーの場合は、幹事との事前の打ち合わせで見せたい映画や動画を配信サイトから選んでもらうように依頼。内向的な人はあくまで裏方として当日のセッティングだけを担当するのがよいと思います。


最大10時間の連続再生。マイクロUSBでの充電も可能
付属の充電クレドールに本体を載せるだけで、再生しながら充電が可能。また、本体にはマイクロUSBポートがあるので、パソコンやスマホの充電器からも充電できます。バッテリーはフル充電で、約10時間(通常音量)の長時間連続再生に対応しています。

150710_bose_06.jpg


渡瀬さんによると、内向的な人は基本的に集団を嫌いますが、紹介したように自分の立ち位置や自他ともに認める役割が明確になると安心でき、自分を出しやすくなるそうです。

携帯性に優れたコンパクトサイズでありながら、空間に豊かな音の広がりを生み出す『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』と一緒に音楽を持ち歩いて、これからの季節を満喫してみたいですね。


SoundLink Mini Bluetooth speaker II|Bose

(文/香川博人、写真/木原基行)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.