• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 AM

生産性を高めるための世界一簡単な方法

生産性を高めるための世界一簡単な方法

150709_greens.jpg


Inc.:休憩を多くとると、驚くほど労働生産性がアップするとは思えないかもしれませんが、多くの調査によると、定期的に休憩を取るほうが仕事の効率が良くなるようです。ある研究では、20分間のヨガで脳機能が飛躍的に改善することが示されました。ほかにも、短時間の昼寝が記憶力を改善した、1時間弱の作業と15分間の休憩が理想的な労働サイクルである、などが発表されました。


しかし、もし40分間の昼寝や、15分のリラックスタイムすら取る時間が無かったら? 自分のことだと思った人も、心配は要りません。殺人的な忙しさに追われるサラリーマンでさえも活用できる代替法を、科学が見つけたのです。オーストラリア発の最近の研究によると、正しく行動を取りさえすれば、たった40秒でも頭のリフレッシュは可能ということです。


驚異的な自然のパワー


では、この魔法の40秒とは何でしょう? それは、椅子から立ち上がることすら必要としない、単純なこと―ただ窓から外の緑を眺めればいいのです。

それは、いわゆる「屋上緑化」―会社の周辺ではなく、ビルの上に設置してある9エーカー(約36000平方メートル)の場所―の効果に着目した研究に基づく洞察です。「緑化された屋上」が見えることによる効果を確かめるために、調査チームは、被験者に一般的なコンクリート製の屋根か、植物で覆われた屋根のどちらかを見せた後に、注意力の鈍る退屈な作業を完成させる能力のテストをしました。

調査チームは、緑豊かな景色を眺めることが、労働生産性に対してハッキリした影響を与えることを発見しました。「この研究は、自然をほんの短時間眺めることが、仕事の成果へ良い影響を与えたことを示しています」と、主任調査員のKate Lee氏は説明しました。「わずかな休憩が本当に大切なんです。私たちの多くが、ストレスを感じたり精神的に疲れた時に、ごく自然に行っていることです。窓から外を眺め緑を探すのには理由があるのです。仕事への集中力を高め、パフォーマンスを助けてくれるのです。」


今行くべきは園芸店?


それは、ストレスを抱え、簡単にリフレッシュする方法を求める会社員にとっては、効果的でシンプルな発見(と同時に多くの過去の考察を茶化すもの)ですが、事業主にとっても簡単に実施可能なものです。隣の会社が屋根の緑化に取りかかってくれたらたしかに理想的でしょうが、そんなことがなくても、社員が何らかの形で簡単に自然を眺められる状況を確保するだけで、効率良く仕事ができるようにすることができます。

オフィスのレイアウトを思い返してみると、視界をさえぎる窓の覆い、壁の芸術作品、あるいは隅に置いてある鉢植えの植物でさえも、チームの生産性をあげるのに十分かもしれません。ペイントされていない木のような天然材料でもおそらく効果があるでしょう。

一度、園芸店に足を運んでみてはいかがでしょうか?


The World's Easiest Way to Be More Productive | Inc.

Jessica Stillman(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.