• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

水分摂取にまつわる「4つの神話」、科学で検証すると?

水分摂取にまつわる「4つの神話」、科学で検証すると?

150702water.jpg


コメディ映画『ズーランダー』の主人公のおバカなファッションモデルも言っていました。水分は生命の核心です。水を飲むのが好きでも嫌いでも、水分は体重の60%を占め、体の機能を正常にはたらかせるのに、きわめて重要な役割を果たしています。しかし、水分の摂取については、科学的根拠を持たない「神話」も根強く存在しています。


神話その1:1日にコップ8杯の水を飲む必要がある


きわめてよく知られた、ザックリとした目安です。ばかばかしいほど大ざっぱなルールなのに、由来もわからないほどの昔から、私たちの頭に叩き込まれてきました。医師でダートマス大学教授のHeinz Valtin氏が、「よく知られたこの公式には科学的根拠が乏しい」と主張するために、米国生理学会の雑誌に論文を発表したほどです。

実のところ、実際に必要な摂取量は、コップ8杯以上かもしれませんし、8杯未満かもしれません。「マジックナンバー」は存在しません。必要量は毎日変化します。それを決めるのは、体の大きさ、体重、気温、その日の活動量、そして何より重要なのは、食事の内容です。

では、必要な摂取量はどうすればわかるのでしょうか? 科学が発達する前、人々は、きわめて感度の高い信頼できるメカニズムで、自分が十分な水分を摂取しているかを確認してきました。それは「のどの渇き」です。あなたも聞いたことがあるでしょう? 渇きが癒されるまで水分を摂取すれば、それで十分なのです。


神話その2:のどの渇きを感じた時は、すでに脱水状態にある


厳密に言うと、これは事実です。のどの渇きは通常、体内の水分量の減少が引き金になって起こるものです。しかし、それは一般的にイメージされるほど恐ろしい事態ではありません。

通常レベルののどの渇きは、体内の水分量が2~4%減少すると起こります。腎臓に問題のある人を除けば、これは一般的には耐えられるレベルの水分量の減少です。むしろ「そろそろコップ1杯の水を飲む必要がありますよ」と教えてくれる指針として、完璧に正しく機能します。

脱水状態が問題になるのは、体内の水分量が5~8%以上減少した時です。この段階になると、ちょっと口が渇く程度の症状では済みません。めまいや疲労感など、はるかに深刻な症状を自覚するはずです。

「のどが渇いたら水を飲めば十分」というルールは、運動中にも当てはまります。それでも、気がついたら水分補給を忘れていたとか、のどがカラカラだとかいう時は、米国運動協議会(the American Council on Exercise)のガイドラインに従いましょう。10~20分間のハードな運動に対して、だいたい200~280ml(おおよそグラス1杯)の水を飲めば十分だそうです。


神話その3:運動のあとはスポーツドリンクが一番


これは場合によります。スポーツドリンクは電解質(塩など、水に溶けた時にイオンに電離する物質)をたくさん含んでいるので、汗をかいて体から失われた電解質を補うのに役立ちます。そして、電解質は重要です。神経の機能に欠かせないほか、血液のpH値を維持するなど、さまざまな役割があります。でも、スポーツドリンクにこだわる必要はありません。うまい宣伝にまんまとダマされている人もいるかもしれませんが、こうした飲み物が本当に必要になるのは、炎天下での長距離走や長時間のハイキングなど、長時間ハードな運動をした場合だけです。

そんなわけで、普通のワークアウトなら、どんなに頑張った場合でも、ただの水以外は飲まないでおくのが良さそうです。


神話その4:水は体から毒素を洗い流してくれる


これは、そうとも言えません。大量の水を飲めば、内臓にたまった週末の放蕩の罪が魔法のように洗い流される、という認識がまかり通っていますが、誤りです。

適切な量の水を飲めば、体の新陳代謝が正しく機能します。その中にはたしかに、肝臓や腎臓のはたらきによる、自然の解毒作用も含まれます。しかし、十分な水分を摂取すれば肝臓と腎臓は正しく機能しますが、必要以上の水分を摂取してもムダです。それどころか、水を飲みすぎると、体の解毒作用をむしろ阻害してしまいます。水分の取りすぎは、体内の塩分濃度を低下させて、腎臓や肝臓の機能を損ない、正常な機能を妨げてしまうおそれがあるのです。


Dick Talens(原文/訳:松田貴美子/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.