• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  06:00 PM

絶好のチャンスは自ら作り出すもの

絶好のチャンスは自ら作り出すもの

150703best_opportunities.jpg


99u:自分のアイデアやビジネス、キャリアを真の成功に導くには、訪れるチャンスを最大限に生かす能力が必要です。しかし、多くの人が思いこんでいるとは異なり、成功への絶好のチャンスが単なるラッキーで出会えるなどということはないのです。

Twitterの共同設立者で、JellyのCEOでもあるBiz Stone氏は、Harvard Business Reviewの記事で、最高級に絶好のチャンスというのは自分自身で作り出すものであると述べ、次のように説明しています:


チャンスを辞書の定義どおり、つまり何かを可能にする一連の環境、であると考え、チャンスがまるで何もしないで自然にやって来るかのように語る人もいます。『チャンスがどこにあるか目星をつける』、もしくはぶらぶらしながら『遭遇するチャンス』を待つ...私はそうではないと考えます。環境は自分で構築しなければならず、つまりチャンスというのは自分で作るものであって、待っていればやって来るものではないのです。


Stone氏が述べる、チャンスのための『環境を構築する』には、自分自身のチャンスを作るためにいくつか重要な構成要素が必要です:


最小限のリスクくらいは取る


極端な例ですが、私が初めてフルタイムの仕事につくチャンスを作った時のことです」とStone氏は書いています。ある日夜遅く、出版会社で引っ越し業者のパートタイマーとして働いていました。そのとき、Stone氏はデスクの上にブックカバーのプロジェクトが置いてあるのを見て、こっそりデザインを提出しようと決心しました。正式なデザインのトレーニングを受けたことがないのにもかかわらず、です。このリスクを取った結果はどうなったでしょう? その会社はそのデザインを非常に気に入って、Stone氏をフルタイムのデザイナーとして雇用したのです。


自分が一緒にいる人々をよく観察する


これは当たり前のことのように思われます。しかしながら、実際には一歩下がって自分の周りにいる人々に注目する、しかも可能なら誰と一緒に働くかを選ぶ、そんなことをどれほど頻繁に行うでしょうか? 自分の周りにいる人々が、エネルギーを与え、やる気を起こしてくれる、Stone氏が言うところの『賢明かつ面白い人々』でなければ、素晴らしい仕事を行う好機を逃してしまうかもしれません。Stone氏は、本当の意味において知的かつ面白い人々が自分の周りにいて、常にそのかたわらで働けたおかげで、Googleで働くことができたし、さらにはTwitterの共同設立者となり、最新のベンチャーであるJellyを創設できたと言います。


自分のアイデアを展開し続ける


Twitterは、Stoneと共同設立者がある日、短文形式のメッセージの価値と携帯電話のメールの能力について語り合っている際に生まれたアイデアです。Twitterのアイデアは、この2人がStoneのメンター(かつ上司でもある)に持ち込んで発展させただけのもので、これが結果的にTwitterになったのです。彼らはGoogleおよびTwitterで学んだことを生かし、のちにJellyという『頭の中にある全てを検索するためのサーチエンジン』を創設したのです。


必要性を感じている以上に頻繁なコミュニケーションを取る


最後に、Stone氏はコミュニケーションの重要性を強調しており、ときには思う以上に頻繁なコミュニケーションが重要だと述べています。「私たちの会社は現在7人しかいませんし、皆が同じ部屋にいますので、皆が同じ見解を持っているだろうと考えがちです。しかしながら、実際はそうではありません。たとえ自分の時間の50%をコミュニケーションのために費やしたとしても、自分たちが物事をきちんと共有できるよう努めねばなりません。」とStone氏は語っています。

***

自分自身でチャンスを作るためには、進んでリスクを取り、自分より賢明な人々で自分の周りを固め、自分のアイデアを発展させようと努め、コミュニケーションを密にする必要があるのです。これらのガイドラインに従えば、チャンスはきっと姿を現し始めるでしょう。


The Best Opportunities Are the Ones You Create for Yourself|99u

Tanner Christensen(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.