• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 PM

優秀なチームを作り、維持する方法

優秀なチームを作り、維持する方法

150703_team.jpg


99u:堅実な制作チームに支えられ、大成功したモバイルゲーム「Monument Valley」を開発したustwo社は、効果的にチームを動かすには何が必要かということを、常に考えてきました。この会社は、Spotify、Sony、Google、American Expressなどの幅広い業種のクライアントに対して、常に間違いのない仕事を納めています。

チームを上手く機能させるための基本方針を解明するために、彼らは「作業の振り返り」を実施したそうです。その結果、優秀なチームを作り上げ維持するための7つの方針と、さまざまなマニフェストが判明したといいます。その一部を紹介しましょう。


ストレスに勝る幸福を


スケジュールや成果物の堅牢性と信頼性を好む一方、幸福による総合的な効果を重視する傾向があります。締め切りや制作予定リストよりも、確実で明らかな共通目的があるほうが、強力なモチベーションとなります。ストレスは悪いことではありませんが、幸福がともなわなければ、つらいだけで生産性にはつながりません。


構造より柔軟性


ルールやガイドラインなどの信頼性を好む一方で、自由な想像力や変化をより好む傾向があります。チームの構造(契約、ルールやプロセス)は柔軟であって初めて効果をもたらすため、仕事の発展やチームの成長にともない速やかに変えるべきなのです。


ヒエラルキーより協力を


シンプルでわかりやすい階層型組織を好む一方で、チーム間の信頼をより強く好む傾向があります。地位や権限は信頼を築くための安易な方法として使われますが、各人の専門性によって権限を変えるほうが、より大きなモチベーションを生むようです。本当の意味で協力しあうには、それぞれのメンバーがどんな能力をもっているか理解し、その貢献度によってふさわしい地位を与える必要があります。


成果より方針


全力を尽くした仕事の達成感を大切にしながらも、チーム全体を導く方針をより重要視しています。


どのようなルールを定めても、チームワーク哲学を導入しても、チームの成功には、上記のような方針が必要なのです。


チームにとっては、全体のスキルや経験よりも、価値観の共有や、やる気のほうが重要です。自分たちを反映し、誇れるような成果は、それなくして作り上げることはできません。


好みの戦術や技術で戦えるチームを作るための研究は、世の中には山ほどあります。しかし、皆さんがリーダー、あるいはチームメンバーとしてクリエイティブな仕事をしているのであれば(かなりの確率でそうだと思われますが)、じっくり時間と労力を使って、ガイドラインや方針を設定するといいでしょう。


素晴らしいチームが湧き出す魔法の泉がどこかにあると思いますか? そんなものはありません。

魔法の源は皆さんの頭の中にあるのです。


A Solid Team is Built On a Solid Manifesto|99u

Allison Stadd(訳:コニャック
Photo by pixta.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.