• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  12:00 PM

飛行機で隣に人が座る確率が少ない座席

飛行機で隣に人が座る確率が少ない座席

150701airplane.jpg


飛行機が飛び立つときに、隣に誰も座っていなかったらラッキーですよね。旅行サイト「Travel Codex」では、このラッキーな出来事の確率を増やすコツをいくつか披露しています。


この「ルール」は国際線向けですが、国内線に適用することも可能です。例えば、座席を選ぶときは空席がたくさんあったとしても、出発前までには埋まってしまう可能性は高いわけです。そこで、できるだけ後方の座席を選ぶことで、誰も隣に座らない確率は上がります(多くの人々は他人をまたいで通路に出なければならない座席を好まないので、通路側を選べばさらに確率はあがります)。


多くの乗客は事前に座席を選んでいません。これらの乗客がチェックインまで座席を選ばないとしたら、ゲートにいる従業員が代わりに選ぶことになります。従業員は乗客を分散して配置するようある程度の努力はしますが、満席となると通常前から後ろに向かって埋めてゆきます。もし搭乗機が満席になって隣の空席が埋まってしまう心配があるようでしたら、後方の座席を選んでおけば、他のどの座席よりも隣が埋まりづらいのです。


この記事ではさらに機内の座席の配置についても言及しています。2-3-2または2-4-2の座席配置は3-3-3と比べて「真ん中」の座席が少ないため、可能であれば前者のいずれかの座席配置の航空機を選ぶといいとのことです。もし中央付近の列の座席しか残っていない場合は、隣に2つ並びの空席がある座席ではなく、1つだけしか空いていない席を選ぶといいです。大抵の人は他の席を探すでしょうから。

以上のヒントは必ずしも隣に空席を保障してくれるものではありませんが、試す価値は大いにあります。


How to Pick a Seat in Coach for International Travel|Travel Codex

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.