• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

プライバシーを侵害しない?ユーザーを見て学習するSiriが向かう方向性

プライバシーを侵害しない?ユーザーを見て学習するSiriが向かう方向性

150628apple.jpg


Popular Science:Appleの「Siri」が新しく生まれ変わったようです。先月の開発者向けカンファレンス「WWDC 2015」(Worldwide Developers Conference 2015)で同社は、2011年に初登場したデジタルパーソナルアシスタントのSiriを、これまでになく大幅にアップデートしたと発表しました。また、Siriと「Spotlight」の両方から利用できる「Proactive」と呼ばれる新たな機能もお目見えしました。Spotlightは、『iPhone』と『Mac』の画面上部に表示される検索バーで、状況に沿った検索結果を表示してくれます。

Proactiveは、iOSデバイスユーザーの連絡先やカレンダー、Facebookなどのアプリ、それから、サードパーティアプリの情報をもとに、ユーザー自身に関連する情報を、1日のどんな時間帯であっても教えてくれます。例えば、Spotlightが、ランチタイムにオフィスの近くにあるレストランを勧めてくれたり、デバイスにヘッドフォンを差し込んだだけでプレイリストを再生してくれたりします。SpotlightもSiriも、iPhoneやiPadを使っていくうちにどんどん賢くなっていくわけです。

Appleの新しいコンテクスト検索機能は、パーソナルアシスタントツールに人工知能とコンテクストベースの検索結果を導入しようという傾向が強まりつつあることを示しています。中でもMicrosoftとGoogleは、新しくなったAppleのSiriやSpotlightと同じような機能を持つインテリジェントなアプリを開発しています。

モバイルアプリの中でも特に先進的な人工知能を備えた「Google Now」は、Googleサービスで収集した位置情報や検索、メールなどのデータを調べて回り、関連性の高い情報を提供してくれます。Microsoftの「Cortana」も同様に、ユーザーの習慣を学習し、状況に沿った検索結果を出してくれます。

けれどもAppleは、優れたセキュリティとプライバシーをユーザーに提供することで、Google Nowや、MicrosoftのCortanaと差別化を図ろうとしています。Appleでソフトウェアエンジニアリング担当のシニアバイスプレジデントを務めるクレイグ・フェデリギ氏は、次のように述べています。「私たちは(コンテクスト検索を)、皆さんのプライバシーを侵害しない方法で行なっています。私たちは、皆さんの個人的な情報を知りたいとはまったく考えていません。情報は皆さんのデバイスに残され、皆さんの管理下に置かれたままです。皆さんのApple IDやAppleのサービスと関連づけられることはありません」

AppleがProactiveを発表するちょうど1週間前、同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は、プライバシー擁護団体「Electronic Privacy Information Center」(EPIC)が5月に発表した「EPIC Champions of Freedom Awards」の受賞祝賀会において、競合企業を厳しく批判しました。クック氏は、受賞者のひとりとしてビデオスピーチを行ない、次のように述べました

「ここにいる多くの皆さんと同様、私たちAppleも、プライバシーとセキュリティは両立できないという考え方を認めません。私たちは、両方を同じように提供することができますし、提供しなければならないのです。人々はプライバシーに関して基本的な権利を有していると私たちは信じています。米国民がそれを求めています。憲法がそれを求めています。倫理がそれを求めています」

クック氏は、このスピーチのわずか数カ月前にも、アメリカ公共放送PBSのトークショー『Charlie Rose』に出演し、人々のデータを調べ回るクラウド型サービスを揶揄して、次のように発言しています。「私たち(Apple)は、新しいサービスを開発する際に、個人データを収集しないよう努めています。ですから、私たちは皆さんのメールを読んでいません。皆さんのiMessageも読んでいません。政府から皆さんのiMessageの内容を開示するよう召喚状を受け取っても、提出できないのです」

Appleは、同社のパーソナルアシスタントサービスの将来を、プライバシーとセキュリティに賭けています。サードパーティの開発者に差し出した情報について、消費者が本当に気にしているかどうかはまだわかりませんが、今のところ、インテリジェントなパーソナルアシスタントツールを改善する余地はまだかなりあるようです。


APPLE IS MAKING SIRI SMARTER, BUT HOPEFULLY NOT CREEPY|Popular Science

Michael Nunez(原文/訳:遠藤康子、吉武稔夫/ガリレオ)


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.