• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  09:00 PM

手のひらで感じる、焼き網の適切な温度

手のひらで感じる、焼き網の適切な温度

150628_grill.jpg


焼き網で食べ物を調理するタイミングを知らないと、たとえば、肉を生焼けにしてしまったり、黒焦げにしてしまったり、というような事態を引き起こします。そこで、適切な状態を簡単に知る方法を紹介します。


生活系サイトの「Good Housekeeping Test Kitchen」や網焼きの専門家によると、焼き網の4インチ(約10.16 センチメートル)ほど上に手のひらをかざし、数を数えるだけで良いそうです。熱さで手をよけたくなるまでの時間で、大体の温度がわかります。


手をかざしたら、手をよけたくなるまでに何秒かかるかを数え、その秒数を、火の強さを判断する材料にしてください。

  • 2秒=高温
  • 3~4秒=中高温
  • 5~6秒=中温
  • 7~8秒=中低温
  • 手をよけたいとは思わない=低温


繊細なたんぱく質を持つ食品や野菜を焼く場合、低温を保ちたい場合、ステーキを焼き始めは低温で、最後は高温で仕上げたい場合などに役立ちます。しかし、熱に対して鈍感だったり、異常に敏感な場合は、焼く場所を複数設けるほうが良いでしょう。


This One Tip Is the Key to Perfect Grilling | Good Housekeeping via Popular Mechanics

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック
Photo by Instant Vantage.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.